Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Channel Description:

美しい影絵の世界をご紹介しています。 少々マニアックなブログではありますが、お楽しみいただければ幸いです。

older | 1 | .... | 11 | 12 | (Page 13) | 14 | 15 | .... | 79 | newer

    0 0

     
     
    9月20日(土)深夜26:30から
    関西テレビ「ピーチケ+」で
    藤城先生が紹介されます♪
     
     
     
    次々とテレビで放送されますね!
    なお放送は、正確には9月21日(日)のAM2:30からです。
    日にちをお間違えないように(^_-)-☆
    イメージ 1
     
     
     
    ・・・できれば全国放送でも、また先生を紹介していただきたいですね(^_^) 
     
    なおこの情報は、ファンクラブのCassieさんから教えていただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m
     
     
     
    ◆関西テレビ 藤城清治世界展 お知らせ
    :オンエア情報 「ピーチケ+」
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
    9月18日の教文館トークショーで、
    「風の又三郎」DVDとBDが
    1日限りの限定先行販売されます♪
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
    ・・・トークショーにいらっしゃる方は、
    一粒で二度おいしい一日になるんですね(^_-)-☆
     
     
     
    ◆藤城事務所ブログ
    :【お知らせ】「風の又三郎」DVD・ブルーレイ発売【9月22日】
     
    ◆過去記事
    :特報! 9月22日 DVD版「風の又三郎」発売 正式発表!!
    :特報! DVD版「風の又三郎」発売決定!! 
    :教文館でトークパーティー♪
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
     
    9月26日(金)15:00からの大阪展開会式と、
    それに続く内覧会に出席できます。
    締め切り間近!
    善は急げです!!
    (でも早い者勝ちではありません、抽選!)
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
    ・・・応募される方がみごと当選しますよう、お祈りしております(^_^)v
     
    末筆ながら、
    この情報も総小判さんから頂きました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m
     
     
     
    ◆募集『光と影の芸術人 藤城清治世界展』 開会式・特別内覧会へご招待
     
    ◆クラブカンテーレ(応募先です!)
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

    今年は秋が早いせいか、もうちらほら赤とんぼが飛び始めていますね。
    そんな初秋にちなんで、今回は赤とんぼの作品紹介です。
     
     
    1961年上映の映画「夕やけ小やけの赤とんぼ」。
    イメージ 1
     
     
     
    「赤とんぼ」の作曲者、山田耕筰氏が音楽総指揮に加え出演までしたというだけでも、
    充分びっくりな映画なのですが、
    さらに驚きなのはそのタイトルバック(※)が、ナント藤城先生!(@_@)
    イメージ 2
     
    でも残念ながらこの映画のDVDはもちろん、
    ビデオテープでさえもまだ見つかっていません(涙)
    先生の作ったタイトルバックは、
    きっと赤とんぼをモチーフにした叙情あふれるものだったのでしょうね。
    (いきなり画像のない”幻の作品”の話でスミマセン^_^;)
     
     
     
    ご参考までに、ストーリーはこのような実にほのぼのとしたもの。
    いかにも「赤とんぼ」にふさわしい内容です。
    イメージ 3
     
     
     
    ◆赤とんぼ(1971年)
    この作品は映画から10年後に作られました。
    「赤とんぼ」の歌詞の内容がそのまま描かれていて、
    もしかしたら映画のイメージがとても強かったのかもしれませんね。
    イメージ 4
     
     
     
    ◆赤とんぼ(1979年)
    さらに8年後にも、先生は再びこのモチーフを描いています。
    これぞまさしく日本の秋!という美しさです(^_^)
    イメージ 5
     
     
     
    上の作品は、実は「日本の歌」初日カバーコレクションのために作られたうちの1枚。
    そこには、先ほどの作曲者 山田耕筰氏のお名前も明記されています。
    イメージ 6
     
     
     
    赤とんぼの登場する作品は思いのほか多く作られていて、
    真っ赤な夕焼けとの組み合わせに、思わず郷愁をそそられてしまいます。
     
    ◆夕焼けの赤トンボ
    イメージ 7
     
     
     
    ◆夕日とすすき
    イメージ 8
     
     
     
    ◆夕日の樹
    イメージ 9
     
    秋の夕暮れの野原に、木とススキと赤とんぼ。
    同じモチーフを用いながらも、それぞれ異なる味わいの作品に仕上げられていて、
    藤城先生のイマジネーションの豊かさを感じずにはいられません。
     
     
     
    ◆秋がとぶ
    この作品は心象風景そのもの。
    少年は、幼い頃の先生ご自身でしょうか。
    過ぎ去ったものへの喪失感のようなものが感じられ、
    見ていると胸がキュッとしめつけられます。
    イメージ 10
     
     
     
    ◆秋のうた
    「秋がとぶ」はその後に新しいバージョンが作られ、
    少年はこびとに変わりました。
    こちらは、先のものよりもずっとやわらかな印象を受けます。
    イメージ 11
     
     
     
    ◆秋がゆく
    遠ざかる蒸気機関車の汽笛は、ノスタルジーそのもの。
    といっても、僕の年代以上の人にしかピンと来ないかもしれませんが(笑)
    イメージ 12
     
     
     
    ◆白樺湖の四季<秋>
    白樺湖にある影絵美術館の、360度パノラマ壁画。
    この作品は何度見ても心を奪われる、いつまでも眺めていたくなる大作です。
    イメージ 13
     
     
     
    ◆コスモスと少女
    ここまでの作品はほとんどが夕暮れのもので、紅葉が描かれていましたが、
    これは珍しく背景が青空でコスモスのみ。
    純和風の世界から少し離れ、モダンで爽快な感じに仕上げられています。
    イメージ 14
     
     
     
    ◆秋の少女
    少女の描かれた“赤とんぼ作品”をもう1枚。
    四季をテーマとしたカルピスの限定ボトルの1つです。
    2002年に発売されました。
    服装が黄色の地に紫の水玉という大胆な色使いですが、
    周りの秋の彩りに見事に調和していて、
    先生の色彩センスの高さが垣間見えます。
    イメージ 15
     
     
     
    ・・・藤城先生の作品には、どちらかというと青のイメージがありますが、
    赤の世界にも、心にしみるような美しさがありますね(^_^)
     
     
     
    タイトルバックとは、映画やテレビドラマなどの映像作品において、オープニングやエンディングなどで、タイトルの題字やスタッフクレジットが入っている部分のこと。 特に、テーマ音楽とともに作品の世界観をイントロダクションとして表現したり、エピローグとして作品の印象を残したりするパート。
    ・・・だそうです(ウィキペディアより抜粋)
     

     
    ◆大映映画を見たか
    :1961年度分
     
    ◆過去記事
    :一本の木 その1
    :一本の木 その3
    :竹ひごヒコーキ 大空へ
    :「光と影の奇蹟」
    :日本の唱歌・叙情歌CD
    :SLのある風景(中編)
    :コスモスの花々
    :わたしのベスト10
    :カルピス・シスターズ
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

    イメージ 1
     
     
    きのうのNHK「ひるまえ ほっと」の画像を、
    はーちゃんがアップしてくれましたので、
    その一部を転載させていただきました。
    はーちゃん、本当にどうもありがとうございますm(_ _)m
     
     
     
    まずは、
    教文館の影絵展会場でインタビューに答える、藤城先生のショットから。
    イメージ 2
     
     
     
    会場内の新作です。              
    こちらは「こびとのドレミ音楽隊」。
    イメージ 3
     
    イメージ 4
     
    イメージ 6
     
    イメージ 5
     
    イメージ 7
     
     
     
    「ケロヨンのドライブ」。
    イメージ 8
     
    イメージ 9
     
     
     
    場面は変わって、アトリエでの制作風景。
    せっかくくつろいでいるラビではありますが、ちょっと移動してもらい・・・(笑)
    イメージ 10
     
     
     
    下敷きになっていたこびと部分の切り出しが始まりました。
    イメージ 11
     
    イメージ 12
     
    イメージ 13
     
    イメージ 14
     
     
     
    作業に集中する藤城先生。
    こびとのすぐ隣りには、ケロヨンもいますね。
    イメージ 15
     
     
     
    帽子の部分のあと、今度はこびとの胴体。
    イメージ 16
     
     
     
    そしていよいよ、カラーフィルムの貼り付け。
    鮮やかな色彩がまぶしいです。
    イメージ 17
     
    イメージ 18
     
     
     
    完成!
    すぐ横の猫、こびと以上に切り抜き方がとても複雑そう(@@)
    イメージ 19
     
     
     
    お次はケロヨンに取り掛かっていらっしゃいます。
    イメージ 20
     
    イメージ 21
     
     
     
    すべてが出来上がると・・・
    今回の教文館展の、ポスター用の新作でした♪
    (これは番組内の画像ではありません)
    イメージ 26
     
     
     
    盛りだくさんの「ひるまえ ほっと」の中でも、
    ハイライトシーンがこちら。
    大阪展のための新作の下絵です!!
    イメージ 22
     
    イメージ 23
     
    イメージ 24
     
    イメージ 25
     
    これが出来上がると影絵になるのか、はたまた切り絵になるのか、
    まだはっきりとはしませんが、
    でも大阪展に向けて順調に制作が続いていることだけは間違いありません(^o^)v
    どんな作品になるのか、本当に楽しみですね♪♪♪
     
     
     
    <追記(2014.9.19)>
    きのうのトークパーティーでの先生のお話から、
    大阪展の下絵は、影絵のためのものと判明!
    しかも24時間テレビのものに匹敵する大作とのこと!!
    ますます楽しみです(*^o^*)/
     
     
     
    より詳しい番組内容については、
    是非はーちゃんご自身のブログをご覧になってみてください 。
    ものすごい力作で、ファン必見です(^_-)-☆
    ↓↓↓
     
    ◆はーちゃんブログ
    :藤城清治先生・NHKひるまえほっと①
    :藤城清治先生・NHKひるまえほっと②
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

    きのうの教文館トークパーティーの藤城先生です♪
     
    イメージ 1
     
    イメージ 5
     
    イメージ 6
     
     
     
    トークの合間のご様子でしょうか。
    くつろいだ雰囲気の先生です。
    イメージ 2 
     
     
     
    その足元の靴下は、ピンク地に赤の水玉!!
    ジャケットや靴の色と共に、白のシャツやズボンとのコントラストが
    めちゃくちゃカッコイイ(^o^)/
    このように華やかな色使いなのに、
    それでもダンディを感じさせる着こなし、脱帽ですm(_ _)m
    イメージ 4
     
     
     
    こちらは、本邦初公開の「風の又三郎」DVDナマ写真♪
    イメージ 7
     
     
     
    サイン&ニャンコ、なんともうらやましい限り!!
    イメージ 3
     
     
     
    今回の撮りたてホヤホヤ画像は、
    ファンクラブのお友だちとCassieさんからいただきました。
    お二人ともに、いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m
     
    僕も行きたかったな~~~。
     
     
     
    ◆Cassie's Diary
    :トークパーティー
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
     
    詳しい内容が分かってきました♪
     
     
     
    イメージ 1
    イメージ 2
     
     
     
    朗読DVDはこれまでにもありました。
    制作ドキュメンタリーDVDもやはりありました。
     
    でもその両方が一緒になって、
    朗読を聴きながら作品を味わい、
    味わった作品の制作過程をつぶさに見られるものは、
    これが初めて!!
     
    しかも猫たちの映像とミニ冊子付き(^_-)-☆
     
    濃厚な内容のDVD&BD、発売が本当に楽しみです(*^o^*)/
     
     
     
     
    ◆教文館
    :藤城清治先生最新のDVD「風の又三郎」が発売になります!
     
    ◆藤城事務所ブログ
    :【お知らせ】「風の又三郎」DVD・ブルーレイ発売【9月22日】
     
    ◆過去記事
    :特報! 9月22日 DVD版「風の又三郎」発売 正式発表!!
    :特報! DVD版「風の又三郎」発売決定!! 
    :教文館でトークパーティー♪
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
     
    3回だけ発表されていた北海道展サイン会が、
    イッキに8回に増えました♪
     
     
     
    今のところ8回。
    でも1月18日の最終日にも、もしかしたらもう1回追加されるのでは!?
    あくまでもこれは僕の勝手な想像(妄想?)ですが、
    でも過去にも何度かそんな前例はありました。
    イメージ 1
     
     
     
    ・・・晩秋の北海道と銀世界の北海道、どちらにしようか迷ってしまいますね(^o^;)
     
    なおこの情報は、ファンクラブのお友だちから教えていただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございます♪
     
     
     
    ◆STV札幌テレビ放送
    :藤城清治の世界展 イベント
     
    ◆札幌芸術の森美術館
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
    映画「夕やけ小やけの赤とんぼ」の
    タイトルバックが、
    突然見つかりました(^o^)/
     
     
     
    先日お話していた幻のタイトルバック。
    それが、この2作品。
    やはり赤とんぼが飛んでいたんてすね。
    子ども達のいない遊園地が、秋の憂いを感じさせます。
    (画像の右下をクリックすると拡大できますので、是非!)
     
    「夕暮れのブランコ」。
    イメージ 1
     
     
     
    「ジェット・コースター」。
    イメージ 2
     
    これらの画像は、1977年発売の「藤城清治画集」に載っていたもの。
    灯台元暗しでした(^^;)
    というか、勉強不足!!(汗)
     
     
     
    ちなみに画集巻末の「作品解説」にも、
    このようにはっきりと書いてありました。
    イメージ 3
     
     
     
    ズームアップ!
    ↓↓↓
    イメージ 4
     
     
    ところでこの2作品、タイトルバックの時もモノクロだったのでしょうか?
    映画は「総天然色」。
    とすると、これらもほんとはカラーなのかも!?
    ・・・ 一難去ってまた一難。
    新たな謎がまた頭の中に浮かび上がってくるのでした(^^;)
     
     
     
    末筆ながら、
    この情報は、匿名のファンクラブの方から藤城事務所を通して教えて頂きました。
    匿名の方ならびに藤城事務所スタッフの方、
    本当にどうもありがとうございます。
    おかげさまで10年近く謎だった作品に、ついに出会うことができましたm(_ _)m
     
     
     
    ◆過去記事
    :夕やけ小やけの赤とんぼ
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
     
    明日、藤城清治美術館に
    ケロヨンがやって来ます!!
    急なお知らせで申し訳ありません(汗)
     
     
    イメージ 1
     
     
    ・・・明日那須へいらっしゃる方は、めちゃくちゃラッキーですね(^o^)
     
     
     
    ちなみにこれは、「24時間テレビ」の初公開ショット。
    ケロヨン、頑張ってましたね♪
    イメージ 2
     
     
     
     
    ◆藤城清治美術館ブログ
    :9月23日(火・祝) ケロヨン登場!!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

    矢継ぎ早のお知らせで恐縮ですが・・・
     
     
    9月24日25:30からの
    「 ピーコ&兵藤のピーチケ♡パーチケ」で、
    大阪展にまつわる内容が放送されます♪
    (関西地方限定です)
     
     
    藤城先生のファンである、女優兼演出家わかぎゑふさんがゲストなので、
    一味違ったお話が聞けそうです(^_^)
    イメージ 1
     
     
     
    ・・・もし見逃しても、27日に再放送があるので安心ですね(^o^)v
     
     
     
    末筆ながら、
    この情報ははーちゃんのブログで知ることができました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m
     
     
     
    ◆はーちゃん・スピマス光臨
    :オンエア情報「ピーコ&兵藤のピーチケ♡パーチケ」藤城清治先生特集
     
    ◆関西テレビ
    :藤城清治世界展 お知らせ
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
     
    本日9月22日、藤城先生への宮沢賢治賞 授与が取り行われました。
    あらためまして、本当にどうもおめでとうございます。
    先生の受賞は、
    僕たちファンにとってこの上ない慶びであり、大きな誇りです。
     
     
     
    宮沢賢治の写真を背にした藤城先生のお姿。
    それだけでもう感無量です。
    イメージ 1
     
     
     
    上の記事の受賞理由は省略してありますが、
    正式な内容を読むと、
    「風の又三郎」だけでにとどまらず、
    これまでの藤城先生の長年に渡る宮沢賢治作品全てに対する高い評価が、
    その理由であることが分かります。
    イメージ 2
     
     
     
    それでは受賞の瞬間を、どうぞ!
    イメージ 3
     
    イメージ 4
     
    イメージ 5
     
     
     
    受賞後にスピーチを行なう藤城先生。
    その内容に再び感動!!
    イメージ 6
     
    イメージ 7
     
     
     
    一連の様子は、こちらのニュース映像に納められています。
     
     
     
     
    末筆ながら、
    この授賞式の情報全ては総小判さんから教えていただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございます。
     
     
     
    <追記(2014.9.23)>
    岩手県の地方版NHKニュースでも、藤城先生の授賞式の様子が紹介されました。
    こちらの方が録画時間は長いですが、
    NHKの動画は見られなくなるのが早いので、お早めにどうぞ(^_-)-☆
     
    ◆NHK NEWS Web 岩手県のニュース
    :宮沢賢治賞に影絵作家の藤城氏
     
    消えた時のための転ばぬ先の杖として、キャプチャ画像をアップしておきます。
    イメージ 8
     
    イメージ 9
     
    イメージ 10
     
    イメージ 11
     
    なおこの情報も、総小判さんからいただいたものです。
    重ねがさね、本当にどうもありがとうございますm(_ _)m
     
     
     
    ◆はなめいと
    :賢治&イーハトーブ賞
     
    ◆第24回 宮沢賢治賞 イーハトーブ賞
     
    ◆過去記事
    :宮沢賢治賞 受賞!! 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

    藤城清治美術館ブログに授賞式の画像が載りました。
    前回にご紹介したものとは異なる貴重な場面もありましたので、転載します。
     
     
    今年 受賞された方々。
    もちろん、左から2番目が藤城先生です。
    イメージ 1
     
     
     
    そしていよいよ、受賞の決定的瞬間!
    何度見ても、こちらまでが晴れがましい気持ちになります。
    イメージ 2
     
     
     
    受賞記念のスピーチを行なう先生。
    藤城先生と宮沢賢治の対比、実に素晴らしいです(^o^)/
    イメージ 9
     
    イメージ 3
     
    イメージ 4
     
     
     
    授賞式会場には去年の花巻展の会場に描かれた、
    「月夜の電信柱」が展示されていたそうです。
    先生の偉業の一端を紹介するという、花巻市のきめ細やかな配慮です♪
    イメージ 5
     
     
     
    式を終わっての藤城先生と娘の亜季さん。
    お二人そろってのピースサインが最高!!
    先生は教文館で初めてピースをして以来、
    このポーズをお気に召されたのかも?!(*^o^*)
    イメージ 6
     
     
     
    帰りの新幹線を待つあいだ、ホームでジョギングをする先生です。
    乗車後は、前夜の徹夜と授賞式の疲れから、ぐっすりだったとのこと。
    イメージ 7
     
     
     
    少しさかのぼって、
    こちらは記念スピーチの抜粋。
    宮沢賢治への熱い思いと、制作への情熱にあふれています。
    イメージ 8
     
     
    ・・・今後、藤城先生はどのような賢治作品に挑まれるのでしょうか。
    これからも先生から目が離せません。
     
     
     
    ◆藤城清治美術館ブログ
    :藤城先生が宮沢賢治賞を受賞されました!
     
    ◆過去記事
    :<動画!>宮沢賢治賞 授賞式模様(追記あり) 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

    イメージ 1
     
     
     
    9月18日に教文館で行われた、藤城先生トークパーティーの録音です。
    「24時間テレビ」の制作エピソードをはじめ、
    制作真っ最中の、大阪展のための大作影絵のお話、
    はたまたご自身の健康のこと、
    などなど、
    盛りだくさんの内容でたっぷり楽しめます(^o^)/
     
     
     
     
     
    ・・・お話を聞いていたら、
    大阪展の大作も、北海道に展示される「24時間テレビ」大作も、
    両方とも見てみたくなってしまいました♪
    けど、先立つものがぁ~(^^;)
     
     
     
    なおこの録音は、ファンクラブのXさんからいただきました。
    また画像は、ファンクラブのお友だち、Cassieさん、はーちゃんから頂戴しました。
    みなさん、いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m
     
     
     
    ◆藤城事務所ブログ
    :【9月18日開催】トークパーティ【報告】
     
    ◆過去記事
    :速報! トークパーティーの藤城先生
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

    イメージ 1
     
     
     
    9月17日に放送された「ひるまえ ほっと」の動画です♪
    関東地方限定の番組で、
    先生の特集コーナーは20分ほどしかないにもかかわらず、
    内容はかなり濃く、”今”の藤城先生をていねいに描き出しています。
    今年の大阪展のための大作の下絵映像もあり、必見です(^_-)-☆
     
     
    動画はこちら!
    ↓↓↓
     
     
     
    なおこの動画は、ファンクラブのお友だちからいただきました。
    今回も本当にどうもありがとうございますm(_ _)m
     
     
     
    ◆過去記事
    :NHK「ひるまえ ほっと」(はーちゃんブログより)(大阪展についての追記あり)
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0
  • 09/25/14--12:00: 9/23ケロヨン登場! 
  •  
     
    お~っ、その後ろ姿は、
    まぎれもなくケロヨン!!
     
     
     
    これは9月23日 藤城清治美術館内のケロヨングリーティングの様子。
    こんなふうに後ろから突然ケロヨンに肩を叩かれたら、
    さぞかしビックリ!
    そして胸キュン!!だったでしょうね~♪
    イメージ 1
     
     
     
    ここでも!
    イメージ 2
     
     
     
    こっちでも!!
    窓の外のお客様たちも、きっと驚いたことでしょう(^_^)
    イメージ 3
     
     
     
    ここらでようやくお顔拝見(♡_♡)
    イメージ 4
     
     
     
    ご年配の方も、
    イメージ 5
     
    イメージ 6
     
     
     
    お若い方も、
    イメージ 7
     
    イメージ 8
     
     
     
    もっとお若い方も、
    イメージ 9
     
     
     
    さらにお若い方も、
    イメージ 10
     
     
     
    超・お若い方まで、
    みなさんケロヨンに出会えてとてもハッピーな様子(*^o^*)
    イメージ 11
     
     
     
    ・・・藤城清治美術館ブログによれば、
    昔のケロヨンを知る方々のほか、
    新たに、「24時間テレビ」で初めてケロヨンを知った方たもいらっしゃったとか。
    ケロヨンを懐かしんだり、新鮮に感じたり、
    ふれあい方も様々だったようです(^_^)
     
     
     
    ◆藤城清治美術館ブログ
    :9月23日 ケロヨングリーティングを開催!!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
     
    札幌の影絵展と
    生田原のコロポックル影絵美術館へ
    行ってまいります
     
     
     
    あまりにも遠くて、かなわぬ夢と思っていたコロポックル影絵美術館。
    札幌で開かれる影絵展をはずみにして、
    重かった腰をついに上げることにしました。
    一世一代の豪華影絵ツアー。
    まさしく清水の舞台から飛び降りる心持ちです(^^;)
    イメージ 1
     
    1日目
    :平日の静かな札幌芸術の森美術館で影絵鑑賞。
     「24時間テレビ」の大作との対面も、大きな楽しみの1つです。
    2日目
    :生田原のコロポックル影絵美術館まで日帰り。
     道東まで片道4時間を往復という、老骨ムチ打ちスケジュールです(笑)
    3日目、4日目
    :札幌芸術の森美術館に戻って、今度は2日連続でサイン会の列に並びます。
    5日目
    :もう一度 芸術の森美術館へ!と思ったのですが、なんと休館日(>_<)
     
     
     
    こちらが、札幌芸術の森美術館。
    自然との一体感に満ちた、すばらしい建物です。
    先生の影絵展にぴったりですね。
    イメージ 2
     
    イメージ 3
     
     
     
    3年前、藤城先生は札幌で時計台をスケッチしたこともありました。
    北海道展の開催予定が遠まわしに公表されたのも、ちょうどこの頃。
    道内のファンのみなさんは、
    きっと今回の影絵展を首を長くして待っていらっしゃったんでしょうね。
    イメージ 4
     
    イメージ 5
     
     
     
    このデッサンも、北海道をモチーフとした新作の一部になるのかもしれません。
    イメージ 6
     
    北海道の凛として澄み切った空気感や色温度は、
    先生の影絵の世界ととても似通っていて、
    この地をテーマにした新作が本当に楽しみです。
     
     
     
    場所は変わって、
    今度は生田原のコロポックル影絵美術館。
    イメージ 14
     
     
     
    この美術館の「光彩陸離」こそは、
    10年以上も前から夢にまで見て来た世界最大の影絵。
    その大きさは高さ9m×幅18mと、
    たとえば「24時間テレビ」大作の3m×6mの、タテ・ヨコともに3倍!
    面積にすれば、実に9倍という巨大なものです!!
     
    さっそく、作品のほぼ真ん中に位置する夕日の場面を中心にして、
    徐々にズームアウトしながら見てみましょう。
    イメージ 10
     
    イメージ 12
     
    イメージ 7
     
    イメージ 8
     
     
     
    これが全景。
    ぜひ、画像右下をクリックして拡大してみてください。
    イメージ 9
     
     
     
    この画像をご覧いただければ、
    その巨大性が伝わるでしょうか。
    まるで影絵の世界に迷い込んでしまったような錯覚にとらわれてしまいます。
    イメージ 13
     
     
     
    「光彩陸離」の中でも僕が一番見てみたいのが、冬の情景。
    きりりと引き締まった冬の大気が、目に見えるかのよう!
    イメージ 15
     
    イメージ 11
     
    イメージ 16
     
     
     
    赤い星の輝く所が、生田原。
    あまりに遠く、
    難行苦行の末にようやくたどり着ける、
    我々ファンにとってあたかも”聖地”のような場所です(^^;)
    (もちろん”聖地”は那須や東京目黒など、あちこちにもあるのですが・笑)
    イメージ 17
     
     
     
    ・・・ちょっと大げさですが、
    藤城先生のファンにとって、人生は2つあるそうです。
    1つは生田原へ行く前の人生。
    もう1つは、生田原へ行ったあとの人生。
     
    そんな、人生を変える(?)かもしれない北海道旅行、
    心して余すところなく楽しんで来ようと思います(^_^)v
     
     
     
    ◆STV札幌テレビ放送
    :藤城清治の世界展 イベント
     
    ◆札幌芸術の森美術館
     
    ◆ちゃちゃワールド
    :コロポックル影絵美術館
     
    ◆過去記事
    :北海道展サイン会、一挙5回追加!
    :札幌で来年、影絵展!(時計台デッサン追加しました)
    :札幌の藤城先生
    :光彩陸離 その1
    :光彩陸離 その2
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0
  • 09/26/14--23:39: 大阪展 開会式!! 
  • イメージ 1
     
     
     
    開会式の様子が、
    伝わってきました(^o^)/
     
     
     
    いよいよテープカット!
    あれ? なんだか見たことのある姿が?!(笑)
    イメージ 20
     
    イメージ 2
     
    イメージ 3
     
     
     
    いつもながらのヤンチャぶりです(^o^)
    イメージ 4
     
     
     
    先生のスーツは、ケロヨンのセーターとのコラボでしょうか?!
    イメージ 5
     
    イメージ 21
     
     
     
    テープカットが無事済んで、
    藤城先生のご挨拶。
    イメージ 6
     
    イメージ 22
     
     
     
    で、こっちはケロヨンのご挨拶♪
    イメージ 7
     
    イメージ 8
     
     
     
     
     
    開会式に至るまでの、
    先生の活動も詳しく分かりました!
     
     
     
    華やいだ開会式のその前の夜。
    先生は会場内でメッセージを書き込んだりと、
    地道な準備に余念がありませんでした。
    イメージ 9
     
     
     
    余年が無さすぎて、開会式1時間前になってもさらにメッセージを記載中(@@)
    ちなみに左側にちらっと見えているのは、大阪をテーマにした大作影絵の下絵。
    残念ながら影絵の完成は約1ヶ月後になりましたが、
    今回の下絵は色が塗られ、フルカラー!
    タイトルは、
     
    「なんでもありの日本一 ほんまに大きな大阪!」
     
    あべのハルカス、通天閣、新世界、道頓堀、大阪城、
    京セラドーム、天保山、水都大阪、などなど、
    大阪の名所が全て詰め込まれた大パノラマ作品です(^o^)
    イメージ 10
     
     
     
    この作品はとあるホテルの、
    ガラス張りで大阪全体が見渡せるトイレの中から描かれたとのこと(@_@)
    なりふり構わぬ、いかにも先生らしい熱意が伝わってきます。
    イメージ 19
     
     
     
    それだけでなく、
    大阪の街を見て歩いたり、
    イメージ 11
     
     
     
    あべのハルカスに登ったり、
    イメージ 12
     
     
     
    夜の街でデッサンを描いたりもしました。
    イメージ 14
     
    イメージ 15
     
    イメージ 13
     
     
     
    これらは、そうやってできあがったデッサンの数々。
    イメージ 16
     
    イメージ 17
     
    イメージ 18
     
     
     
    ・・・およそ1ヶ月後の、大作の完成が本当に待ち遠しいですね♪
    それに加え、コンピューター制御したミニ影絵芝居や、
    新しいプロジェクション・マッピング、宮沢賢治賞の表彰状など、
    今年は大幅パワーアップ!!
    見どころ満載の内容です(^_-)-☆
     
     
     
    なお末筆ながら、
    わくわく玉さんからは開会式画像と大作下絵の詳細情報、宮沢賢治賞の表彰状情報を、
    総小判さんからは開会式画像の一部の情報、前日および当日朝の画像の情報、大阪府内でのキャプチャ画像を、
    はーちゃんからは前日および当日朝の画像の情報と完成したデッサンの画像を、
    ファンクラブのお友だちからは前日および当日朝の画像の情報を、
    それぞれ頂戴いたしました。
    みなさん、いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m
    おかげさまで、開会式とそこに至るまでの様子を、
    詳しくアップすることができました♪
     
     
     
    ◆関西テレビ 藤城清治世界展 お知らせ
    :作業は深夜、そして直前まで続く・・・
    :いよいよ、明日から開幕します。
     
    ◆藤城事務所ブログ
    :大阪文化館・天保山「藤城清治の世界展」は明日開幕です!
     
    ◆過去記事
    :NHK「ひるまえ ほっと」(はーちゃんブログより)(大阪展についての追記あり)
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
     
    9月29日11時30分から、
    NHK「ぐるっと関西おひるまえ」に
    藤城先生が生出演します
    (関西地方のみの番組です)
     
     
     
    関西地方では、関テレで次々と先生の紹介番組が放送されていますが、
    ついに関西のNHKには、ご本人が出演します!(^o^)/
    イメージ 1
     
     
     
    先生についての部分をズームアップ!
    ↓↓↓
    イメージ 2
     
     
     
    ・・・関西にお住まいのファンの方は、
    めくるめく先生の番組の連続に、
    さぞかしうれしい悲鳴を上げていらっしゃるのでは?!(^m^)
     
     
     
    末筆ながら、
    この情報はわくわく玉さんと総小判さんのお二人から頂戴しました。
    今回も本当にどうもありがとうございますm(_ _)m
     
     
     
    ◆NHK総合テレビ 関西地域向け
    :ぐるっと関西おひるまえ
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

    先週末27日、28日に行われた、藤城先生のサイン会の様子です。
     
     
    まずは27日。
    いつもながらの長蛇の列です(^^;)
    イメージ 11
     
     
     
    この日の先生は、ぐっと落ち着いた紺色のスーツ。
    今回も、亜季さんの読み上げるファンの方からのメッセージを聞きながら、
    丁寧にペンを走らせていらっしゃいます。
    イメージ 1
     
     
     
    よく見ると、ストライプの入ったベロアのような生地ですね。
    いつもながら、ダンディそのもの!
    イメージ 2
     
     
     
    先生の手元はプロジェクターでズームアップ。
    ちなみに、サインに使うペンは何でもいいというわけではなく、
    藤城先生のお気に召しているものが決まっているとのことです。
    イメージ 3
     
     
     
    サインのあと、一人ひとりのファンと握手をする先生。
    これもいつも見かける光景でありながら、
    ファンに対する先生の真摯な思いがにじみ出ているひとコマです。
    イメージ 4
     
     
     
    サインの合間に一休み。
    このシャッターチャンスは素晴らしい!
    そばでそっと見守る亜季さんの眼差しが、言葉にできないくらい印象的。
    あふれんばかりの想いが伝わって来ます。
    イメージ 5
     
     
     
    そしてこの日の靴下は・・・
    なんと赤と黒の市松模様!
    今まで見たことのない、新バージョンです(@@)
    イメージ 6
     
     
     
     
     
    サイン会2日目。
    この日もずいぶん列が長かったようです。
    イメージ 7
     
     
     
     
    前日、先生と亜季さんはブルーの濃淡で統一されてましたが、
    今度はレンガ色とオレンジでコーディネート。
    イメージ 8
     
     
     
    疲れた素振りを見せることなく、2日目も順調にサインを続けていらっしゃいました。
    背筋がピンと伸びて、座っていても姿勢が素晴らしいですね。
    イメージ 9
     
     
     
    こちらのお母さんは赤ちゃんを抱っこしたまま、
    2時間近く順番を待っていたようです(@@)
    イメージ 10
     
     
     
    ・・・あれ? 2日目の靴下は??と思われた方、
    申し訳ありません、この日の画像はないんです(^^;)
    でも情報によれば、白地に濃紺か黒の大きな水玉模様のソックスとのこと。
    みなさん、藤城先生の靴下に興味津々なんですね(*^o^*)
     
     
     
    なお末筆ながら、
    1日目の画像のうち、休憩中の藤城先生や、先生の靴下などの多数は、
    はーちゃんのブログから転載させていただきました。
    また、2日目の靴下についての情報は、
    なおママさんから教えていただきました。
    お二人とも、本当にどうもありがとうございますm(_ _)m
     
     
     
    ◆関西テレビ 藤城清治世界展 お知らせ
    :本日のサイン会の様子
    :会期二回目のサイン会
     
    ◆はーちゃん・スピマス光臨
    :藤城清治先生・世界展・大阪天保山サイン会
     
    ◆過去記事
    :●○●水玉ソックス大特集●○●
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

older | 1 | .... | 11 | 12 | (Page 13) | 14 | 15 | .... | 79 | newer