Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Articles on this Page

(showing articles 261 to 280 of 1579)
(showing articles 261 to 280 of 1579)

Channel Description:

美しい影絵の世界をご紹介しています。 少々マニアックなブログではありますが、お楽しみいただければ幸いです。

older | 1 | .... | 12 | 13 | (Page 14) | 15 | 16 | .... | 79 | newer

    0 0

     9月29日、藤城先生がNHK「ぐるっと関西おひるまえ」にナマ出演しました♪
     
     
    イメージ 1
     
     
     
    でもいきなり登場したのは、
    ケロヨン!(@@)
    イメージ 2
     
    イメージ 3
     
    イメージ 4
     
     
     
    今日のゲストはケロヨン!?
    イメージ 5
     
     
     
    かと思ったら、
    ケロヨンにうながされ・・・
    イメージ 6
     
     
     
    登場した藤城先生はケロヨンとハグ!
    イメージ 7
     
     
     
    後押しされながら中央へ。
    イメージ 8
     
     
     
    民放生まれのケロヨンが、まさかのNHK出演。
    なんだか見慣れない光景です(^_^;)
    イメージ 9
     
     
     
    ケロヨンと一緒で、先生は終始ご機嫌♪
    まさに目の中に入れても痛くないって感じですね~。
    イメージ 10
     
    イメージ 11
     
    イメージ 12
     
     
     
    場面は変わって、
    宮沢賢治賞受賞の話題から・・・
    イメージ 13
     
    イメージ 14
     
     
     
    その受賞の主な理由となった画本「風の又三郎」の紹介へ。
    イメージ 15
     
    イメージ 16
     
     
     
    熱く「又三郎」を語る藤城先生です。
    イメージ 17
     
    イメージ 18
     
    イメージ 19
     
     
     
    画本の次は、DVD「風の又三郎」紹介。
    そっか! これはNHKからの発売でしたっけ!!
    なるほど、ウマイ流れになってます(^o^)v
    イメージ 20
     
     
     
    DVDの中から、
    バックライトを当てる前と後のコントラスト場面。
    この落差には、いつものことながら感動してしまいます。
    イメージ 21
     
     
     
    今度は天保山展の紹介。
    イメージ 22
     
     
     
    先生の横に見えるのは・・・
    イメージ 23
     
     
     
    天保山展の目玉、タテ・ヨコ3m×6mの大作のための下絵です!
    心斎橋やNHKの建物なども描かれているそうです。
    右上の丘の上には、これは太陽の塔でしょうか?!
    大作の完成が待ち遠しいですね(*^o^*)
    イメージ 24
     
     
     
    関西テレビ主催の影絵展がNHKで紹介されるのも、
    「風の又三郎」DVDが同局から発売されたおかげですね(^_-)-☆
    イメージ 25
     
     
     
    フィナーレは、再び先生とケロヨンの2ショット♪
    イメージ 26
     
     
     
    ちょっぴりテレ気味の先生です(^_^)
    イメージ 27
     
     
     
    オマケはこの場面。
    ケロヨンがNHKのななみちゃんを抱っこなんて、
    なんだかフシギ~(@_@)
    イメージ 28
     
     
     
    末筆ながら、
    今回の画像は、総小判さんとわくわく玉さんのお二人からいただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m
    (わくわく玉さんはスタジオで生放送を観覧できたそうです。うらやまし~♪)
     
     
     
    ◆わくわく玉さんブログ
    :NHKぐるかん♡観覧してきました( ´ ▽ ` )ノ ―
     
    ◆過去記事
    :特報! 9月22日 DVD版「風の又三郎」発売 正式発表!! 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
     
    正式名「ありがとう いつまでも忘れないでね」の、
    下絵を頂戴いたしました。
    藤城先生、亜季さん、
    今回も大変貴重なものをいただきまして、
    本当にどうもありがとうございます。
     
     
     
    完成作品と見比べてみると、
    猫が帽子をかぶっていたり、両手を広げていたり、
    はたまたこびとには、なんと一旦鼻が描かれて消された跡があったりと、
    興味深い部分がいくつもあります。
    そういえば書かれたメッセージも、ずいぶん異なっていますね。
    イメージ 1
     
     
     
    こちらが完成作品。
    大阪展に、今年も展示されているとのことです。
    イメージ 2
     
     
     
    去年放送された制作の様子です。
    なんでも大阪入りしたのちに描かれたとか。
    そんな即興で描き上げられたかのように思える作品でも、
    実は事前にキチンと下絵が描かれていたんですね。
    いかにも几帳面で真摯な藤城先生らしいエピソードだと思います。
    イメージ 3
     
    イメージ 4
     
    イメージ 5
     
     
     
    これも去年のキャプチャ画像。
    展示されたときの様子です。
    今年もすでにたくさんの人たちが手に触れ、
    きっとみなさん、あたたかな想いを抱いてお帰りになっているのでしょうね。
    イメージ 6
     
     
     
    飾られたばかりの作品を前にして。
    タッチの一番手は、どうも藤城先生だったようです(^o^)
    イメージ 7
     
     
     
    先生の満面の笑み、最高です♪
    イメージ 8
     
     
     
    ・・・この作品は大阪展出口近くにある、会場で唯一タッチできる作品とのことですが、
    残念ながら、僕はまだ見ることもさわることもできていません(涙)
    で、代わりに下絵の方にタッチしてみようかと思ったんですが、
    もったいなくて・・・(^^;)
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
     
    10月5日放送される、
    「藤城清治世界展 特別番組」の
    詳細が分かりました
    (関西地方限定です)
     
     
     
    アートに造詣の深いお二人とのこと。
    どんなコメントが飛び出すのか、とても楽しみですね(^o^)
    イメージ 1
     
     
     
    なお、この番組に出演する押切もえさんが、
    ブログで感想を綴っていらっしゃいます。
    読んでみると、ますます放送が楽しみになってきます♪
    イメージ 2
     
     
    ・・・前回も申し上げましたが、早朝4:55からの放送です。
    夕方ではありませんので、どうかお間違いのないように(^_-)-☆
     
     
     
    末筆ながら、
    この情報ははーちゃんから教えていただきました。
    今回も、本当にどうもありがとうございますm(_ _)m
     
     
     
    ◆関西テレビ 藤城清治世界展 お知らせ
    :オンエア情報 特別番組 放送決定! 
     
    ◆moe mode(押切もえさんオフィシャルブログ)
    :美術館とコソコソ話。
     
    ◆過去記事
    :10月5日 関西テレビで 「光と影の芸術家 藤城清治世界展」放送!
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

    イメージ 1
     
     
     
    本日放送された藤城清治世界展 特別番組、
    「心に響く!光と影と奇跡のことば」です。
    現在 開催中の大阪展会場内を映した初めての番組であり、
    しかも貴重な大阪万博のケロヨン映像から、
    宮沢賢治賞受賞式の様子、
    そして大阪をテーマにした大作の制作風景まで紹介されています。
    ファン必見!!
     
     
     
     
     
    中でもハイライトである大作「日本一大阪人パノラマ」下絵の一部をお見せすると・・・
     
    ビリケンさん。
    彼は去年の大阪展でも作品になってましたね。
    イメージ 2
     
     
     
    グリコ。
    あれ?もしかしてこれは女性??
    ・・・そうなんです。
    今は綾瀬はるかさんがグリコのランナーになっているそうで、
    偶然にも、藤城先生が描く有名人のお一人になったわけです。
    たぶんお二人とも、そのことに気が付いていらっしゃらないんでしょうね(^_^)
    イメージ 3
     
     
     
    ビルの谷間には、大阪城。
    イメージ 4
     
     
     
    そしてはるか向こうに、太陽の塔が見えてます。
    先生の作品の中に、岡本太郎氏の作品。
    特別な意味を込めない限り、
    アーティストはほかのアーティストの作品を描かないことが多いのですが、
    藤城先生はそのようなことにはとらわれないんですね♪
    イメージ 5
     
     
     
    ・・・単に大阪の風景を描くだけでなく、
    そこに住む人たちのざわめきや息づかいまで感じてしまうような、
    生き生きとした大パノラマ!
    影絵の完成が本当に楽しみです(♡_♡)
     
     
     
    末筆ながら、
    動画は、今回も総小判さんからいただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m
     
     
     
    ◆過去記事
    :<詳細>10/5 関西テレビで 「藤城清治世界展 特別番組」放送! 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
     
    大阪展のために作られた影絵の、
    切り取った紙片を頂戴しました。
    藤城先生、亜季さん、
    今回も貴重なものを頂きまして、
    本当にどうもありがとうございます。
     
     
     
    1つはこのブーツ。
    はてさて、こちらはどこの誰のもの?
    イメージ 1
     
     
     
    ヒント。
    その持ち主は、こんなポーズを取ってました。
    ・・・って、そんなんじゃ分かりっこありませんよね(^m^;)
    イメージ 2
     
     
     
    正解は、猫ちゃん!
    亜季さんの説明によれば、大作「日本一大阪人パノラマ」の一部とのこと。
    あの大きな作品のいったいどこに描かれるのでしょう??
    イメージ 3
     
     
     
    こうやって並べてみると、
    右側に透明ニャンコが見えてきませんか?(^_^)
    イメージ 4
     
     
     
     
     
    頂戴したもう1つはこれ。
    こっちは何が何だかサッパリ??(汗)
    イメージ 5
     
     
     
    でも関西テレビの「特別番組」を見ていて、
    ピーンと来ました!
    イメージ 6
     
     
     
    お地蔵さんだったんですね♪
    イメージ 7
     
     
     
    けど6体の中の、どの方なのでしょう???
    みんな似ているような、誰にも似てないような・・・(^^;)
    イメージ 8
     
     
     
    ・・・このナゾを解くためには、やはり大阪へ足を伸ばすしかありませんね(^_-)-☆
    ああ~、でもフトコロに秋風が~~~(T_T)
     
     
     
     
     
    <追記(2014.10.8 22:00)>
    切り抜きがどのお地蔵さんなのか、判りました!
     
    これは「お母さんが読んで聞かせるお話A」の中の「笠をかぶったお地蔵さん」。
    今回 藤城先生が大阪展のために新作をリメイクする前の、オリジナル作品です。
    イメージ 9
     
     
     
    その中の”右から2番目”のお地蔵さんと切り抜きを比べてみると・・・
    左下の足元にある丸いものも含め、まるで同じ(^o^)/
    イメージ 10
     
    ・・・この正解情報も、総小判さんからいただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m
    おかげさまで、今夜からはぐっすり熟睡できます♪
     
     
     
    ◆過去記事
    :<動画!>10/5 関西テレビ 「藤城清治世界展 特別番組」 
    :「ねずみの海賊船」制作風景 その3
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

    今、あるオークションに、
    「藤城清治★ 額装 油彩★肉筆★!」というタイトルで、
    この絵が出品されています。
     
     
    イメージ 1
     
     
    「マニア垂涎のレア物か!?」と興奮しながらも、
    よ~く見ると・・・アヤシイ!!
     
    まず、天使の目が怒ってます(フルート奏者もですが)。
    それから花嫁さんの目がヘン。
    と思ってよく見れば、ハープとコントラバス奏者の目もなんか違う。
    これではまるで、爬虫類。
    僕はジュラシックパークを思い出しました(^^;)
    イメージ 2
     
     
     
    この2つの部分のねずみさん達も、トカゲ風の目つきです。
    イメージ 3
     
    イメージ 4
     
     
    ・・・そもそも藤城先生が、
    一度 影絵として仕上げた作品をわざわざ油彩で再度 描くでしょうか??
     
    ちなみにこちらは先生の影絵「ねずみの吉夢」。
    全体に淡いピンクとパープルがあしらわれ、
    とても華やいだ雰囲気に包まれています。
    なによりも、ねずみさん達の目がまん丸でキュート♪
    イメージ 5
     
     
     
    「ねずみの吉夢」は1996年子年のために、池田銀行が先生に制作依頼したもの。
    ということは、オークションの油彩画はそれ以降に描かれたことになります。
    でもお若い頃のものを除いて、藤城先生の油彩画を見かけたことはありません。
    だから出品の絵は超・レア??
    それとも・・・
    イメージ 6
     
     
     
    こっちは、油彩画の裏に記された藤城先生のサインとのこと。
    「Seiji」と書くべきなのに、「Seoji」としか読めません(>_<)
    先生の苗字部分は欠けてしまってますが、
    「Fujishi」あたりまで見えているはずが、これも「FujiSho」になってしまってます。
    おまけに「Seoji」と「Fujisho」の中の「」という文字、
    このような筆跡の藤城先生のサインはいまだかつて見たことがありません。
    これも超・レア???
    イメージ 7
     
     
     
    こちらが、藤城先生から直接書いていただいたサイン。
    一目瞭然とは、まさにこのことですね♪
    イメージ 8
     
     
     
    なおこの油彩画の出品者は、本物か?という質問に対して、
    ハッキリとした答えを返していません。
    なのに出品タイトルには「藤城清治」とか「肉筆」の記載。
    「うそ、大げさ、まぎらわしい」の類なのでは?!
    イメージ 9
     
     
     
    実は、今回の油彩画については、
    藤城清治美術館館長の藤城亜季さんにすでに鑑定していただいていて、
    次のようにコメントをいただきました。
    ・絵は偽物
    ・サインも偽物
    ・油彩画は戦後まもない頃までは描いたが、それ以降は1枚も描いていない
    ・「暮しの手帖」表紙画も、油彩ではなくアクリル絵の具を使っている
    ・真贋の判定を出品者が避けていても、真贋の明確でないものの出品タイトルに
      「藤城清治」の名を使うことは、違法である可能性が高い
     
    ・・・オークションには魔物が住んでいます。
    掘り出し物がある一方で偽物もその何倍もあり、
    残念なことに、それは藤城先生に関する出品でも例外ではありません。
    みなさん、ゆめゆめアヤシイものに手を出しませんよう、
    どうかお気を付けになってください。
    (僕も以前に、まんまとしてやられた経験が何度かありますT_T)
     
     
     
    <追記(2014.10.9 13:00)>
    藤城事務所ブログに、次のような「お願い」の記事が載りました。
    今回の油彩画をきっかけに書かれたものと思われます。
    ↓↓↓
    イメージ 10
     
     
     
     
    ◆藤城事務所ブログ
    :みなさまへのお願い
     
    ◆過去記事
    :誰の絵でしょう? その2
    :続・前祝いのお酒づくし^o^/
    :干支めぐり - 池田銀行にちなんで -
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
     
    大阪展で新しい企画が実施されます!
    このアイディア、今まで有りそうで無かったもの。
    まさに早起きは三文のトクです!!
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
    詳しくはこちら♪
    ↓↓↓
    イメージ 2
     
     
     
    ・・・どうせなら、影絵展の開催中ずっとしてくれるともっとうれしいのですが(^人^)
     
     
     
    なおこの情報は、総小判さんとはーちゃんのお二人からいただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m
     
     
     
    ◆関西テレビ放送 藤城清治世界展 お知らせ
    :★★ 緊急特別企画 ★★
    :作品に光が灯る瞬間を見よう!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
     
    サイン会に行けなくても、
    サイン入り図録が入手できるかも?!
    大阪展も札幌展もそれぞれ10冊のみですが、
    発売が楽しみです
     
     
     
    イメージ 1
     
     
    ・・・発売と同時に完売必至!
    はてさて、いったいいつ発売されるのでしょう??(^^;)
     
     
     
    ◆藤城事務所ブログ
    :みなさまへのお願い
     
    ◆紀伊国屋書店:
    藤城清治 影絵の世界
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
     
    あの油彩画のオークションが、取り消しされました。
     
     
    当初、10月12日に終了するはずで、
    すでに入札額が高騰した状態だったのですが・・・
    イメージ 2
     
     
     
     
    きのう10月9日の午前中に、
    「開始時の価格、入札件数0、落札者なし」の状態(=取り消し)になりました。
    イメージ 1
     
     
     
    ・・・どうして突然取り消しされたのかは不明ですが、
    落札されずに済んで、本当に良かったです。
    (画像が削除されているので、やはり意図的な贋作出品だった匂いがします)
     
     
      
    ◆過去記事
    :誰の絵でしょう? その5
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

    イメージ 8
     
     
     
    札幌影絵展、
    ついに始まりました(^o^)/
     
     
     
    テープが切られ、まさに開幕の瞬間!
    イメージ 1
     
     
     
    1枚目は、もちろん藤城先生のお手元。
    イメージ 2
     
     
     
    芸術の森美術館を歩く、先生と亜季さんです。
    イメージ 3
     
     
     
    ものすごく楽しそう♪
    イメージ 4
     
     
     
    「24時間テレビ」大作、初お目見え。
    こちらをお目当てに来場される方も、きっとたくさんいらっしゃるでしょう。
    イメージ 5
     
     
     
    人の姿と比べると、その大きさがよく分かりますね(@@)
    イメージ 6
     
     
     
    会場内は、さながら影絵の迷宮。
    一度入ったら出て来られない・・・いえ、出て来たくない!(^o^)
    イメージ 7
     
     
     
    キャプチャ画像の元になった映像はこちら。
    ↓↓↓
    (いつ消えてしまうか分からないので、どうかお早めに(^_-)-☆)
     
     
     
    そして、今日10月11日は、さっそくサイン会も開かれます。
    イメージ 9
     
     
    ・・・冬に向かっているはずの北の大地が、熱く燃え始めてます!!
    僕も燃えて、3週間後には北海道(^o^)v
     
     
    なお末筆ながら、
    この動画情報ははーちゃんからいただきました。
    今回も本当にどうもありがとうございますm(_ _)m
     
     
     
    ◆藤城事務所ブログ
    :サイン会のお知らせ
     
    ◆札幌テレビ
    :藤城清治の世界展
     
    ◆札幌芸術の森美術館
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

    イメージ 1
     
     
     
    BS日テレの「ぶらぶら美術・博物館」で、
    藤城清治美術館が紹介されました!
     
     
     
    案内役は、同館館長の藤城亜季さん。
    イメージ 2
     
    イメージ 3
     
     
     
    番組内では、藤城先生が使っている片刃のカミソリや、
    イメージ 4
     
    イメージ 5
     
     
     
    それを使ってきた先生の右手の写真、
    イメージ 6
     
     
     
    また地券纸という、影絵制作に使われている纸の実物まで紹介されました。
    イメージ 7
     
     
     
    しかも地券纸の例として出されてきたのは、
    先生の下絵そのもの。
    貴重なものがさりげなく現われ、みなさんびっくりしていらっしゃいました。
    イメージ 8
     
     
     
    こちらのカラーフィルターも、実は先生が切り抜いたもの(@@)
    イメージ 9
     
     
     
    そして、亜季さんが案内役というだけでも驚きなのに、
    ナント、藤城先生ご本人までもが登場!
    ものすごく贅沢な番組になりました。
    イメージ 10
     
    イメージ 11
     
    イメージ 12
     
    イメージ 13
     
     
    印象的だったのは山田五郎さんの気配りと博識。
    事前に念入りに下調べをしてあり、
    番組が実にスムーズかつ内容の濃いものに仕上がっています。
     
    「ぶらぶら美術・博物館」は藤城清治美術館を紹介するテレビ番組の中でも、
    指折りの内容!
    ファンの方々、必見です(^_-)-☆
    (美術館の紹介は5分55秒の所から始まります)
     
     
     
    なお、「ぶらぶら美術・博物館」での放送にちなんで、
    藤城清治美術館からのプレゼントがあります。
    締切は10月16日
    もう日にちがありませんので、ご希望の方はどうかお急ぎを。
    イメージ 14
     
     
     
    末筆ながら、
    今回の動画やプレゼントの情報も、総小判さんからいただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m
     
     
     
    ◆藤城清治美術館
     
    ◆ぶらぶら美術・博物館
    :藤城清治美術館からのプレゼント
     
    ◆過去記事
    :BS日テレ「ぶらぶら美術・博物館」で藤城清治美術館 紹介!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

    札幌芸術の森美術館で、新しい作品の制作が進んでいます♪
    なんと、壁紙に直接!!
     
     
    イメージ 1
     
     
     
    北海道にお住まいの方にとっては「何をいまさら」かもしれませんが(^^;)、
    モチーフは札幌大通公園にある「泉の像」。
    これは、ニッカウヰスキーの当時の会長 竹鶴政孝氏の希望で作られたものとか。
    竹鶴政孝氏・・・つまりNHKの連続テレビ小説「マッサン」の主人公です(^_^)
    イメージ 2
     
    イメージ 3
     
     
     
    「泉の像」は、
    マンホールのフタや、
    イメージ 4
     
     
     
    市内の駅のスタンプなど、
    あちこちに描かれていて、とても有名なもののようです。
    イメージ 5
     
     
     
    ・・・なおこの壁紙作品は、先生がサイン会に来るたびに完成させていくとのこと。
    リピートできる方はその制作過程が手に取るように分かり、
    訪れるごとに楽しめそうですね♪
    ところで、描かれるのは「泉の像」だけでしょうか?
    きっと、札幌や北海道のいろんなモチーフが追加されていき、
    最後には見事な藤城ワールドができあがるのでは?!(^_-)-☆
     
     
    末筆ながら、
    今回の情報は、総小判さんとファンクラブのお友だちから教えていただきました。
    お二人とも、いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m
     
     
      
    ◆札幌芸術の森美術館facebook
     
    ◆本郷新記念 札幌彫刻美術館
    :札幌大通公園の踊り子、「泉の像」
     
    ◆過去記事
    :<速報>札幌展オープン!(画像追加あり)
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
     
    10月15日のピーチケ・パーチケで、
    「日本一大阪人パノラマ」の
    制作風景が紹介されます(^o^)/
    深夜1時45分から
    (正確には16日早朝1時45分から)
    関西テレビのみで放送。
     
     
     
    現在展示中の下絵を元に、6m×3mの大作が制作される様子です♪
    関西のみならず、全国のファンのみなさんが、
    今一番楽しみにしている作品なのでは?!
    イメージ 1
     
     
     
    気になる部分をズームアップ!
    イメージ 2
     
     
     
    ・・・展示中の下絵が、どのようにしてどんな影絵になってゆくのでしょう??
    興味津々々!!!
    関西のみなさん、明日は目一杯 夜更かししてくださいね(^_-)-☆
    (10月18日には再放送もありますが^_^v)
     
     
    なおこの情報も、総小判さんからいただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございます。
     
     
     
    ◆関西テレビ放送
    :ピーチケ・パーチケ
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

    教文館でのサイン会模様。
    まずは13日月曜から。
     
     
    北海道から会場に直行した藤城先生は、移動の時の服装のまま。
    久しぶりにラフなスタイルの先生にお目に掛かりました。
    この日も300人ほどの方々にサインを書かれたとかで、
    相変わらずお元気でいらっしゃいます♪
    イメージ 3
     
    イメージ 1
     
     
     
    で、お約束の足元は、
    白っぽい地に黒の水玉模様!
    お~っ、原点回帰ですね(^o^)/
    イメージ 2
     
     
    ・・・この日、教文館は朝10時開店だったのですが、
    7時から列を作っているファンの方もいらっしゃったとか(@@)
    案の定、用意されてた200枚のサイン会整理券は1時間足らずで配布完了。
    その後100枚ほど追加されたそうですが、即終了。
    もちろん、整理券を求めるファンでグッズ売り場のレジには長蛇の列。
    サインを待つ列も、言うまでもなく長蛇!
    ・・・信じられません。
    なにせこの日は、大型台風が東京に迫ってたんですから!!
    藤城先生もファンの方々も、タフ過ぎでしょう(@_@;)
     
     
     
     
    そして2日目 14日。
    この日は、白のタートルネック・セーターにオレンジのジャケットといういでたち。
    亜季さんの白のワンピースとシンクロして、
    華やかで温かみのある雰囲気をかもしています。
    イメージ 4
     
     
    こびとのイラストや、
    イメージ 10
     
     
     
    猫のイラストも。
    イメージ 11
     
     
     
    連日のサイン会にもかかわらず、
    この日も先生は一枚一枚ていねいに描いていらっしゃいました。
    イメージ 12
     
    イメージ 13
     
     
     
    2日目のお足元は、グレー地に淡いピンクの水玉の靴下。
    でもよく見ると途中 足首あたりは水玉がなくて、
    ひねりが入ってます(@@)
    そして靴は、ジャケットとお揃いですね♪
    イメージ 5
     
     
     
    オレンジジュースでひと息中。
    おや? 視線がバッチリ合ってカメラ目線??
    カメラマンさんは心臓バクバクだったのでは?!(^m^)
    イメージ 6
     
     
     
    亜季さんと談笑中でしょうか。
    先生の素顔が印象的です。
    イメージ 7
     
     
     
    ジュースが終わったあと、藤城先生の手を拭く亜季さん。
    表情は見えなくとも、いつくしむ思いが伝わってきます。
    イメージ 8
     
     
     
    サイン会が無事終わり、
    にこやかに教文館をあとにする先生。
    これは、1階のエレベーターホールのあたりでしょう。
    なかなか撮影できない珍しいショットです。
    イメージ 9
     
     
    ・・・2日目は平日だったので、サイン会は200名で終了。
    でも一番乗りした方は8時半着だったそうです(^^;)
    いつものことながら、ファンの心は熱い!!
     
     
     
    末筆ながら、
    1日目の1枚目画像はCassieさんから、
    それ以外のコピーライト記載の無い画像と全ての会場情報は、
    ファンクラブのお友だちからいただきました。
    お二人ともに、いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m
     
     
     
    ◆藤城事務所ブログ
    :★教文館サイン会レポート★
     
    ◆Cassie's Diary
    :本日のサイン会
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

    ナント、藤城先生が再び札幌に!
     
    これは前回ご紹介した12日の様子ではありません。
    今日、15日。
    13日と14日の銀座教文館サイン会をこなしたあと、
    先生はこの作品を完成させるだけのために、本日また札幌を訪れたのです。
    どれだけタフでいらっしゃるのでしょう!!
    ものすごい創作意欲!!!
    この分だと、あっと言う間にできあがってしまいそうですね(@_@)
     
     
    イメージ 1
     
     
     
    テレビ塔には、すでに色が塗られ始めています。
    おや? その時計の数字は・・・2015年1月18日。
    なるほど、これは札幌展 最終日の日付というわけです(^_^)
    イメージ 2
     
     
     
    ちなみにこの日の靴下は、ブルーの地に水色の水玉(^o^)
    イメージ 3
     
     
     
    ・・・おっと、作品名を書き忘れるところでした(^^;)
    「札幌ファンタジー」です♪
     
     
     
    ◆札幌芸術の森美術館facebook
    :タイムラインの写真 10月15日
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

    先日は現在進行形で出品されているオークションの絵をご紹介しましたが、
    今回は、以前に著作権無視で販売されていたアヤシイ影絵グッズです。
     
     
    イメージ 1
    イメージ 2
     
     
     
    パッと見には、藤城先生の「海の見える遊園地」のようにも思えますが・・・
    イメージ 3
     
     
     
    けれどこの右上のこびと、なんだかヘンです!
    イメージ 4
     
     
     
    ズームアップしてみると、このとおり。
    目が泳いでてあさっての方向を見てます(+_+;)
    イメージ 5
     
     
     
    この服を見つけたファンの方が藤城事務所に指摘したところ、
    商品のページはこんなふうに変わりました。
    この前の油彩画のときの画面と似て、画像が削除され「販売終了」になっています。
    でも違っているのは右上の文面。
    藤城先生と関係者の方への謝罪が載っています。
    イメージ 6
     
     
    藤城事務所からの抗議に対して非を認め謝罪文を載せるだけ、
    まだこのショップは、この前の油彩画の出品者よりもましかもしれませんが、
    著作権を無視した点では変わりありません。
     
     
     
    ちなみに、こちらが正真正銘の「海の見える遊園地」。
    先の絵柄を見たあとだけに、その美しさがいっそう際立ちます。
    イメージ 7
     
     
     
    こびとの部分を比べてみましょう。
    目のほかにも、帽子などありとあらゆるところが違っていて、
    あらためてア然としてしまいます。
    (画像の右下をクリックして、ぜひ拡大して見てみてください)
    イメージ 8
     
     
     
    なお「海の見える遊園地」の原画は、
    慶應義塾大学病院 中央棟1階 リハビリテーション科外来の待合室に飾られていて、
    どなたでも見ることができます。
    (タイトルは「メルヘンの国」となっていて、現在とは異なっています)
    イメージ 9
     
     
     
    ・・・「24時間テレビ」以降、先生への注目度は急上昇中。
    それだけに、これまで以上に偽物が出回るのではないかと気掛かりでなりません。
    みなさんも、どうかくれぐれもお気を付けになってください。
     
     
     
    末筆ではありますが、
    今回のワンピース画像とオークション情報は、総小判さんからいただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m
     
     
     
    ◆藤城事務所ブログ
    :みなさまへのお願い
     
    ◆過去記事
    :慶應義塾大学病院 待合室
    :誰の絵でしょう? その5
    :「誰の絵でしょう? その5」の続き(後日談)
    :誰の絵でしょう? その2
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

    10月15日深夜に放送された「ピーチケ・パーチケ」で、
    「日本一大阪人パノラマ」の制作風景が紹介されました。
     
     
    「誰も僕以外にはできないだろうという、
    自分でもできないだろうと思うようなことを、挑戦してみたい」
    と語る藤城先生。
    熱いです!
    イメージ 1
     
     
     
    その制作は、大阪全体を見渡すスケッチから始まり、
    イメージ 2
     
     
     
    出来上がった下絵がこちら。
    単なる”見渡しただけ”の作品ではなく、
    さまざまな大阪の名所がクローズアップされて描かれています。
    イメージ 3
     
    イメージ 4
     
    イメージ 5
     
    イメージ 6
     
     
     
    通天閣を訪れた先生が描くと・・・
    イメージ 7
     
     
     
    こんな感じ。
    イメージ 8
     
     
     
    ビリケンさんは・・・
    イメージ 9
     
     
     
    こんなふう。
    (よ~く見ると、右の方で猫も顔をのぞかせています♪)
    イメージ 10
     
     
     
    モノクロの大阪城ももちろん・・・
    イメージ 11
     
     
     
    色が塗られました。
    イメージ 12
     
     
     
    ここからは、
    中之島公会堂をスケッチし始め、完成するまでの様子。
    イメージ 13
     
     
     
    淀みなく描かれてゆき・・・
    イメージ 14
     
     
     
    あっと言う間に完成!
    イメージ 15
     
     
     
    とても45分で仕上げたとは思えない出来栄えです(@_@)
    イメージ 16
     
     
     
    そしてこちらが、スケッチを元に「日本一大阪人~」に描かれた公会堂。
    イメージ 17
     
     
     
     
    藤城先生の紹介はわずか7分あまりですが、中身は濃厚。
    どうかじっくりご覧になってみてください。
     
     
     
    ・・・影絵もまもなく完成とのこと。
    6m×3mの大作、本当に楽しみです!!
    関西のみなさんも、きっと首を長くして待っていらっしゃることでしょうね(^o^)
     
     
     
    なお末筆ながら、
    今回の動画も総小判さんからいただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
     
    ついに大阪店図録が発売されました!!
    「日本一大阪パノラマ」の
    下絵も載っています(^o^)/
     
     
     
    今日のサイン会でこの図録にサイン、ぴったりですね♪
    イメージ 1
     
     
     
    ◆関西テレビ放送 藤城清治世界展 お知らせ
    :本展の図録が到着しました
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0



    11月23日、24日に
    サイン会が追加されました(^o^)/


    ↓↓↓
     
    イメージ 1



    ・・・もしかして、
    このときに「日本一大阪人パノラマ」の影絵が御披露目されるのでしょうか!?

     

    ◆関西テレビ放送 藤城清治世
    界展 お知らせ
    :サイン会の日程が追加されました!
    http://ktv.typepad.jp/fujishiro/2014/10/post-a1f5.html










    0 0

    イメージ 2
     
     
     
    10月20日~27日、
    「作品に光が灯る瞬間を見よう!」が
    再び行われます!
     
     
     
    よほど評判がよかったんですね♪
    味わえそうでいてなかなか味わえない瞬間、
    どうかぜひお楽しみになってみてください(^_-)-☆
    イメージ 1
     
     
     
    ・・・それにしても、きのう今日とうれしいニュースの連続(@_@)
    大阪展が熱く燃えてますね!
     
     
     
    ◆テレビ放送 藤城清治世界展
    :作品に光が灯る瞬間を見よう!
    :★★★ 緊急特別企画が再び開催 ★★★
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

older | 1 | .... | 12 | 13 | (Page 14) | 15 | 16 | .... | 79 | newer