Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Channel Description:

美しい影絵の世界をご紹介しています。 少々マニアックなブログではありますが、お楽しみいただければ幸いです。

older | 1 | .... | 13 | 14 | (Page 15) | 16 | 17 | .... | 79 | newer

    0 0

    先週日曜、大阪展会場でサイン会が開かれました。
     
     
    イメージ 1
     
     
     
    しーんとした入口をくぐって行くと・・・
    イメージ 2
     
     
     
    そこは熱気あふれるサイン会場!
    イメージ 3
     
     
     
    まずは亜季さんのスピーチから。
    お二人のオレンジ色とレンガ色の服装が、とても秋らしいですね。
    イメージ 4
     
     
     
    黙々とサインをし続ける藤城先生。
    亜季さんがアンケートに書かれたメッセージを読み上げています。
    イメージ 5
     
    イメージ 13
     
     
     
    小さなお客様にも、真摯にサインを綴る先生。
    真剣な表情が印象的です。
    イメージ 6
     
     
     
    なにやら談笑中のお二人。
    イメージ 7
     
     
     
    先生の手元では猫が着々と描き上げられ、
    イメージ 8
     
     
     
    その様子は背後の大型スクリーンに映し出されていました。
    順番を待つ人たちに退屈させないようにとの工夫だそうです。
    ちなみにこの日のサインは200人分。
    猫の数も200匹!
    イメージ 9
     
     
     
    今回のお足元はというと・・・
    どうも黒地に赤の水玉だったようです♪
    (あるいは紺色の地だったかも?)
    イメージ 10
     
     
     
    サイン会終了後、帰り際にファンの方とハイタッチ!
    ・・・って、こんな先生 前代未聞!(@_@)
    イメージ 11
     
     
     
    最後までファンサービスをしながら、
    みなさんに見守られて会場を後になさいました(^_^)
    イメージ 12
     
     
     
    ・・・藤城先生、今回もどうもお疲れ様です。
    今回は少々お疲れ気味のご様子だったというお話も漏れ伝わってまいりました。
    大作制作に日々お忙しい中、
    どうかくれぐれもお大事になさってくださいませ。
     
     
     
    末筆ながらこれらの画像は、
    わくわく玉さん、Cassieさん、ファンクラブのお友だちからいただきました。
    お三方とも、いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m
     
     
     
    ◆わくわく玉
     
    ◆Cassie's Diary
    :本日のサイン会
     
    ◆関西テレビ放送 藤城清治世界展 お知らせ
    :本日のサイン会の様子
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
     
    まだネット上には発表されていませんが・・・
     
     
    明日21日(火)から、
    北海道展の図録が販売されます
    24時間テレビの大作、
    「小さなキセキ 大きなキセキ 愛は地球を救う」も、
    もちろん載っています!!
     
     
     

    0 0

    土曜に続いて翌19日の日曜も、連続でサイン会が開かれました。
     
     
    この日も真摯にサインとイラストを描く藤城先生。
    イメージ 1
     
     
     
    このときの絵柄は、猫ちゃんのようです(^_^)
    イメージ 6
     
     
     
    そしてこの日の靴下は・・・あれ? 黒??
    イメージ 2
     
     
     
    でも画像を明るくして目を凝らしてみると、
    ぼんやりとではありますが、なんだか模様が見えてきました。
    紺色の地に黒の水玉でしょうか?
    イメージ 3
     
     
     
    色を落としてモノトーンに変えてみると、
    もちろん色は分からなくなりますが、模様の有りかと形が見えました。
    一番分かりやすいのは、手前の足のくるぶしあたり。
    もしかしたら、水玉ではなく菱形なのかも!?
    みなさんの目にはどう見えるでしょうか??
    イメージ 4
     
     
     
    サイン会終了後、なにやら打ち合わせ中。
    「日本一大阪人パノラマ」の影絵が完成したあとの、
    下絵を飾る場所についてあれこれ話し合っていらっしゃったようです。
    このコンクリートの壁に飾られるとの噂も??
    イメージ 5
     
     
     
    さらにそのあと、
    グッズ売り場にふらりと現れた藤城先生。 
    一部の人は気が付いて驚いていたそうですが、
    全く気付かない方々も・・・
    イメージ 8
     
     
     
    こんなにポスターとそっくりな方が、すぐ傍にいらっしゃったのに(^_^;)
    イメージ 7
     
     
     
    ・・・きのう先生は東京のアトリエに戻り、
    「日本一大阪パノラマ」の制作を再開されたそうです。
    完成までは、1ヶ月を切っているはず?!
     
     
     
    末筆ながら、
    これらの画像は、なおママさんからいただきました。
    今回も本当にどうもありがとうございますm(_ _)m
     
     
     
    ◆過去記事
    :10月18日大阪サイン会の藤城先生
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

    教文館で行なわれたサイン会の模様です。
    まずは13日月曜から。
     
     
    北海道から会場に直行した藤城先生は、移動の時の服装のまま。
    久しぶりにラフなスタイルの先生にお目に掛かりました。
    この日も300人ほどの方々にサインを書かれたとかで、
    相変わらずお元気でいらっしゃいます♪
    イメージ 3
     
    イメージ 1
     
     
     
    で、お約束の足元は、
    白っぽい地に黒の水玉模様!
    お~っ、原点回帰ですね(^o^)/
    イメージ 2
     
     
    ・・・この日、教文館は朝10時開店だったのですが、
    7時から列を作っているファンの方もいらっしゃったとか(@@)
    案の定、用意されてた200枚のサイン会整理券は1時間足らずで配布完了。
    その後100枚ほど追加されたそうですが、即終了。
    もちろん、整理券を求めるファンでグッズ売り場のレジには長蛇の列。
    サインを待つ列も、言うまでもなく長蛇!
    ・・・信じられません。
    なにせこの日は、大型台風が東京に迫ってたんですから!!
    藤城先生もファンの方々も、タフ過ぎでしょう(@_@;)
     
     
     
     
    そして2日目 14日。
    この日は、白のタートルネック・セーターにオレンジのジャケットといういでたち。
    亜季さんの白のワンピースとシンクロして、
    華やかで温かみのある雰囲気をかもしています。
    イメージ 4
     
     
    こびとのイラストや、
    イメージ 10
     
     
     
    猫のイラストも。
    イメージ 11
     
     
     
    連日のサイン会にもかかわらず、
    この日も先生は一枚一枚ていねいに描いていらっしゃいました。
    イメージ 12
     
    イメージ 13
     
     
     
    2日目のお足元は、グレー地に淡いピンクの水玉の靴下。
    でもよく見ると途中 足首あたりは水玉がなくて、
    ひねりが入ってます(@@)
    そして靴は、ジャケットとお揃いですね♪
    イメージ 5
     
     
     
    オレンジジュースでひと息中。
    おや? 視線がバッチリ合ってカメラ目線??
    カメラマンさんは心臓バクバクだったのでは?!(^m^)
    イメージ 6
     
     
     
    亜季さんと談笑中でしょうか。
    先生の素顔が印象的です。
    イメージ 7
     
     
     
    ジュースが終わったあと、藤城先生の手を拭く亜季さん。
    表情は見えなくとも、いつくしむ思いが伝わってきます。
    イメージ 8
     
     
     
    サイン会が無事終わり、
    にこやかに教文館をあとにする先生。
    これは、1階のエレベーターホールのあたりでしょう。
    なかなか撮影できない珍しいショットです。
    イメージ 9
     
     
    ・・・2日目は平日だったので、サイン会は200名で終了。
    でも一番乗りした方は8時半着だったそうです(^^;)
    いつものことながら、ファンの心は熱い!!
     
     
     
    末筆ながら、
    1日目の1枚目画像はCassieさんから、
    それ以外のコピーライト記載の無い画像と全ての会場情報は、
    ファンクラブのお友だちからいただきました。
    お二人ともに、いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m
     
     
     
    ◆藤城事務所ブログ
    :★教文館サイン会レポート★
     
    ◆Cassie's Diary
    :本日のサイン会
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

    ナント、藤城先生が再び札幌に!
     
    これは前回ご紹介した12日の様子ではありません。
    今日、15日。
    13日と14日の銀座教文館サイン会をこなしたあと、
    先生はこの作品を完成させるだけのために、本日また札幌を訪れたのです。
    どれだけタフでいらっしゃるのでしょう!!
    ものすごい創作意欲!!!
    この分だと、あっと言う間にできあがってしまいそうですね(@_@)
     
     
    イメージ 1
     
     
     
    テレビ塔には、すでに色が塗られ始めています。
    おや? その時計の数字は・・・2015年1月18日。
    なるほど、これは札幌展 最終日の日付というわけです(^_^)
    イメージ 2
     
     
     
    ちなみにこの日の靴下は、ブルーの地に水色の水玉(^o^)
    イメージ 3
     
     
     
    ・・・おっと、作品名を書き忘れるところでした(^^;)
    「札幌ファンタジー」です♪
     
     
     
    ◆札幌芸術の森美術館facebook
    :タイムラインの写真 10月15日
     
    ◆過去記事
    :札幌展会場で作品制作が進行中!(画像追加しました)
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

    先日は現在進行形で出品されているオークションの絵をご紹介しましたが、
    今回は、以前に著作権無視で販売されていたアヤシイ影絵グッズです。
     
     
    イメージ 1
    イメージ 2
     
     
     
    パッと見には、藤城先生の「海の見える遊園地」のようにも思えますが・・・
    イメージ 3
     
     
     
    けれどこの右上のこびと、なんだかヘンです!
    イメージ 4
     
     
     
    ズームアップしてみると、このとおり。
    目が泳いでてあさっての方向を見てます(+_+;)
    イメージ 5
     
     
     
    この服を見つけたファンの方が藤城事務所に指摘したところ、
    商品のページはこんなふうに変わりました。
    この前の油彩画のときの画面と似て、画像が削除され「販売終了」になっています。
    でも違っているのは右上の文面。
    藤城先生と関係者の方への謝罪が載っています。
    イメージ 6
     
     
    藤城事務所からの抗議に対して非を認め謝罪文を載せるだけ、
    まだこのショップは、この前の油彩画の出品者よりもましかもしれません。
    でも著作権を無視した点では、やはり変わりありませんね。
     
     
     
    ちなみに、こちらが正真正銘の「海の見える遊園地」。
    先の絵柄を見たあとだけに、その美しさがいっそう際立ちます。
    イメージ 7
     
     
     
    こびとの部分を比べてみましょう。
    目のほかにも、帽子などありとあらゆるところが違っていて、
    あらためてア然としてしまいます。
    (画像の右下をクリックして、ぜひ拡大して見てみてください)
    イメージ 8
     
     
     
    なお「海の見える遊園地」の原画は、
    慶應義塾大学病院 中央棟1階 リハビリテーション科外来の待合室に飾られていて、
    どなたでも見ることができます。
    (タイトルは「メルヘンの国」となっていて、現在とは異なっています)
    イメージ 9
     
     
     
    ・・・「24時間テレビ」以降、先生への注目度は急上昇中。
    それだけに、これまで以上に偽物が出回るのではないかと気掛かりでなりません。
    みなさんも、どうかくれぐれもお気を付けになってください。
     
     
     
    末筆ではありますが、
    今回のワンピース画像とオークション情報は、総小判さんからいただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m
     
     
     
    ◆藤城事務所ブログ
    :みなさまへのお願い
     
    ◆過去記事
    :慶應義塾大学病院 待合室
    :誰の絵でしょう? その5
    :「誰の絵でしょう? その5」の続き(後日談)
    :誰の絵でしょう? その2
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
     
    10/15放送のピーチケパーチケで、
    「日本一大阪人パノラマ」の
    制作風景が紹介されました♪
     
     
     
    「誰も僕以外にはできないだろうという、
    自分でもできないだろうと思うようなことを、挑戦してみたい」
    と語る藤城先生。
    熱いです!
    イメージ 1
     
     
     
    その制作は、大阪全体を見渡すスケッチから始まり、
    イメージ 2
     
     
     
    出来上がった下絵がこちら。
    単なる”見渡しただけ”の作品ではなく、
    さまざまな大阪の名所がクローズアップされて描かれています。
    イメージ 3
     
    イメージ 4
     
    イメージ 5
     
    イメージ 6
     
     
     
    通天閣を訪れた先生が描くと・・・
    イメージ 7
     
     
     
    こんな感じ。
    イメージ 8
     
     
     
    ビリケンさんは・・・
    イメージ 9
     
     
     
    こんなふう。
    (よ~く見ると、右の方で猫も顔をのぞかせています♪)
    イメージ 10
     
     
     
    モノクロの大阪城ももちろん・・・
    イメージ 11
     
     
     
    色が塗られました。
    イメージ 12
     
     
     
    ここからは、
    中之島公会堂をスケッチし始め、完成するまでの様子。
    イメージ 13
     
     
     
    淀みなく描かれてゆき・・・
    イメージ 14
     
     
     
    あっと言う間に完成!
    イメージ 15
     
     
     
    とても45分で仕上げたとは思えない出来栄えです(@_@)
    イメージ 16
     
     
     
    そしてこちらが、スケッチを元に「日本一大阪人~」に描かれた公会堂。
    イメージ 17
     
     
     
     
    藤城先生のコーナーはわずか7分あまりですが、中身は濃厚。
    どうかじっくりご覧になってみてください。
     
     
     
    ・・・影絵もまもなく完成とのこと。
    6m×3mの大作、本当に楽しみです!!
    関西のみなさんも、きっと首を長くして待っていらっしゃることでしょうね(^o^)
     
     
     
    なお末筆ながら、
    今回の動画も総小判さんからいただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
     
    ついに大阪店図録が発売されました!!
    「日本一大阪パノラマ」の
    下絵も載っています(^o^)/
     
     
     
    今日のサイン会でこの図録にサイン、ぴったりですね♪
    イメージ 1
     
     
     
    ◆関西テレビ放送 藤城清治世界展 お知らせ
    :本展の図録が到着しました
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0



    11月23日、24日に
    サイン会が追加されました(^o^)/


    ↓↓↓
     
    イメージ 1



    ・・・もしかして、
    このときに「日本一大阪人パノラマ」の影絵が御披露目されるのでしょうか!?

     

    ◆関西テレビ放送 藤城清治世
    界展 お知らせ
    :サイン会の日程が追加されました!
    http://ktv.typepad.jp/fujishiro/2014/10/post-a1f5.html










    0 0

    イメージ 2
     
     
     
    10月20日~27日、
    「作品に光が灯る瞬間を見よう!」が
    再び行われます!
     
     
     
    よほど評判がよかったんですね♪
    味わえそうでいてなかなか味わえない瞬間、
    どうかぜひお楽しみになってみてください(^_-)-☆
    イメージ 1
     
     
     
    ・・・それにしても、きのう今日とうれしいニュースの連続(@_@)
    大阪展が熱く燃えてますね!
     
     
     
    ◆テレビ放送 藤城清治世界展
    :作品に光が灯る瞬間を見よう!
    :★★★ 緊急特別企画が再び開催 ★★★
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

    先週土曜、大阪展会場でサイン会が開かれました。
     
     
    イメージ 1
     
     
     
    しーんとした入口をくぐって行くと・・・
    イメージ 2
     
     
     
    そこは熱気あふれるサイン会場!
    イメージ 3
     
     
     
    まずは亜季さんのスピーチから。
    お二人のオレンジ色とレンガ色の服装が、とても秋らしいですね。
    イメージ 4
     
     
     
    黙々とサインをし続ける藤城先生。
    亜季さんがアンケートに書かれたメッセージを読み上げています。
    イメージ 5
     
    イメージ 13
     
     
     
    小さなお客様にも、真摯にサインを綴る先生。
    真剣な表情が印象的です。
    イメージ 6
     
     
     
    なにやら談笑中のお二人。
    イメージ 7
     
     
     
    先生の手元では猫が着々と描き上げられ、
    イメージ 8
     
     
     
    その様子は背後の大型スクリーンに映し出されていました。
    順番を待つ人たちに退屈させないようにとの工夫だそうです。
    ちなみにこの日のサインは200人分。
    猫の数も200匹!
    イメージ 9
     
     
     
    今回のお足元はというと・・・
    どうも黒地に赤の水玉だったようです♪
    (あるいは紺色の地だったかも?)
    イメージ 10
     
     
     
    サイン会終了後、帰り際にファンの方とハイタッチ!
    ・・・って、こんな先生 前代未聞!(@_@)
    イメージ 11
     
     
     
    最後までファンサービスをしながら、
    みなさんに見守られて会場を後になさいました(^_^)
    イメージ 12
     
     
     
    ・・・藤城先生、今回もどうもお疲れ様です。
    今回は少々お疲れ気味のご様子だったというお話も漏れ伝わってまいりました。
    大作制作に日々お忙しい中、
    どうかくれぐれもお大事になさってくださいませ。
     
     
     
    末筆ながらこれらの画像は、
    わくわく玉さん、Cassieさん、ファンクラブのお友だちからいただきました。
    お三方とも、いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m
     
     
     
    ◆わくわく玉
     
    ◆Cassie's Diary
    :本日のサイン会
     
    ◆関西テレビ放送 藤城清治世界展 お知らせ
    :本日のサイン会の様子
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
     
    まだネット上には発表されていませんが・・・
     
     
    明日21日(火)から、
    北海道展の図録が販売されます
    24時間テレビの大作、
    「小さなキセキ 大きなキセキ 愛は地球を救う」も、
    もちろん載っています!!
     
     
     
     
    <追記(2014.10.22)>
    昨日付けの札幌芸術の森美術館フェイスブックに、図録発売の一文が載りました♪
    イメージ 1
     
     
     
    ◆札幌芸術の森美術館フェイスブック
    :【藤城清治展 来場者数1万人突破】
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

    土曜に続いて翌19日の日曜も、連続でサイン会が開かれました。
     
     
    この日も真摯にサインとイラストを描く藤城先生。
    イメージ 1
     
     
     
    このときの絵柄は、猫ちゃんのようです(^_^)
    イメージ 6
     
     
     
    そしてこの日の靴下は・・・あれ? 黒??
    イメージ 2
     
     
     
    でも画像を明るくして目を凝らしてみると、
    ぼんやりとではありますが、なんだか模様が見えてきました。
    紺色の地に黒の水玉でしょうか?
    イメージ 3
     
     
     
    色を落としてモノトーンに変えてみると、
    もちろん色は分からなくなりますが、模様の有りかと形が見えました。
    一番分かりやすいのは、手前の足のくるぶしあたり。
    もしかしたら、水玉ではなく菱形なのかも!?
    みなさんの目にはどう見えるでしょうか??
    イメージ 4
     
     
     
    サイン会終了後、なにやら打ち合わせ中。
    「日本一大阪人パノラマ」の影絵が完成したあとの、
    下絵を飾る場所についてあれこれ話し合っていらっしゃったようです。
    このコンクリートの壁に飾られるとの噂も??
    イメージ 5
     
     
     
    さらにそのあと、
    グッズ売り場にふらりと現れた藤城先生。 
    一部の人は気が付いて驚いていたそうですが、
    全く気付かない方々も・・・
    イメージ 8
     
     
     
    こんなにポスターとそっくりな方が、すぐ傍にいらっしゃったのに(^_^;)
    イメージ 7
     
     
     
    ・・・きのう先生は東京のアトリエに戻り、
    「日本一大阪パノラマ」の制作を再開されたそうです。
    完成までは、1ヶ月を切っているはず?!
     
     
     
    末筆ながら、
    これらの画像は、なおママさんからいただきました。
    今回も本当にどうもありがとうございますm(_ _)m
     
     
     
    ◆過去記事
    :10月18日大阪サイン会の藤城先生
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

    こちらは藤城先生の最新マイカー、”トヨタ86”です。
    若者のためのスポーツカーに先生がお乗りになるだけでも驚きなのに、
    そのボディカラーはなんと
    もちろん特注です。
    イメージ 1
     
     
     
    実は、11年前のソアラも同じく紅白でした。
    イメージ 2
     
     
     
    そして今もお乗りのはずの、メルセデスのオフロードカーも。
    ここまで徹底して紅白だと、壮観でさえあります。
    ツートン・カラーには、先生の強いこだわりがあるようですね。
    イメージ 3
     
     
     
    ちなみにこのオフロードカー、あちこちにこびとのシルエットが描かれてます♪
    イメージ 4
     
    イメージ 5
     
     
     
    そんな紅白のクルマのルーツをたどってみると・・・
    木馬座の頃、ケロヨンが乗っていたクルマも紅白でした。
    あれ? でも色が反対!?
    イメージ 6
     
     
     
    ケロヨンとブーヨンの乗るトヨタ2000GTも、色は逆転してますがツートン・カラー。
    イメージ 7
     
     
     
    武道館の周りを駆け巡るクルマたちも、ツートンのオンパレード♪
    しかも赤 青 黄色 に緑(@_@)
    イメージ 8
     
     
     
    その武道館の中をのぞいてみると、
    なるほど、青と白のツートンのクルマが見えてます。
    緑や黄色のものもきっとあったのでしょうね(^_^)
    イメージ 9
     
     
     
    場所は変わって、当時の木馬座ビル前。
    ここにもツートンのクルマがいます。
    あ、そういえばこっちは白いボディにドアだけが色塗り。
    現在のトヨタ86などと同じカラーリング・パターンです。
    イメージ 10
     
    イメージ 11
     
    ここからは僕の想像なのですが、
    同じツートンでも、ステージ用はボディが色塗りでドアだけが白、
    路上用は白のボディにドアだけがカラーというふうに、
    使い分けられていたのかもしれません。
    いずれにしても、
    現在のトヨタ86やメルセデスの色使いに、
    木馬座時代のクルマへの深い思いが込められていることは間違いありません。
     
     
     
    ところで、もうお気付きかもしれませんが、
    木馬座のクルマたちには、どれも必ずドアに木馬座マークが描いてありました。
    その最高峰がこちら。
    トヨタ2000GTです!!
    しかも生産第1号車!!!
    イメージ 12
     
     
     
    上の画像では分かりづらいですが、
    ドアにくっきりこの通り(^_-)-☆
    (生粋の2000GTファンが見たら卒倒しそうですが ^_^;)
    イメージ 13
     
    イメージ 14
     
     
     
    この画像の先生の前には、上の写真が見えてます。
    なつかしそうに往年の2000GTを眺めるお顔が、なんともおだやかです(^_^)
    イメージ 15
     
     
     
    末筆ながら、
    1枚目のトヨタ86画像は、はーちゃん撮影のスクープ写真を転載させて頂きました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m
     
     
     
    ◆過去記事
    :トヨタ86に藤城先生が!
    :流線の彼方
    :「7111」
    :トヨタ2000GTと藤城先生
    :藤城先生と華麗なるクルマたち<1>
    :藤城先生と華麗なるクルマたち<2>
    :藤城先生と華麗なるクルマたち<3>(追記しました)
    :教文館 卆寿記念90展の新作(はーちゃんのブログより)(追記あり)
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
     
    大阪店図録の表紙が公開されました
     
     
    表紙絵は「夕日の中の愛の軌跡」・・・かと思いきや、
    水の中にはこびと達が作る「90」の文字。
    しかも影絵の後ろには斜めに走るオレンジのライン。
    この表紙は異例です(@@)
    イメージ 1
     
     
     
    この前例のない表紙、
    「お知らせ」によれば、大阪のエネルギーを表現してみたとのこと。
    なるほどたしかにエネルギッシュで、しかも濃くて、
    「日本一大阪仁パノラマ」の印象とどこか似ています(^_^)
    イメージ 2
     
     
     
    ◆関西テレビ放送 藤城清治世界展 お知らせ
    :本展の図録は・・・
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
     
    もうクリスマスの足音が
    聞こえてきました
     
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
    今年も、藤城先生の影絵が会場を華やかにしてくれます(*^o^*)
    今度はどんな飾りつけになるのでしょう!?
    イメージ 2
     
     
     
    ・・・実は、ハウス・オブ・クリスマスは第2の教文館 影絵展
    しかも撮影はフリーで入場無料!
    もちろん先生のクリスマス・グッズも販売されます。
    この機会を見逃す手はありませんね(^_-)-☆
     
    ちなみに、
    こちらは去年やおととしに飾られていた影絵の、ほんの一部♪
    イメージ 3
     
    イメージ 4
     
    イメージ 5
     
    イメージ 6
     
    イメージ 7
     
    イメージ 8
     
    イメージ 9
     
    イメージ 10
     
    イメージ 11
     
    イメージ 12
     
    イメージ 13
     
    イメージ 14
     
    イメージ 15


     
     
     
    ◆教文館
    :【店長日記】藤城清治影絵展は15日で終了。クリスマスは10/27から始まります♪
     
    ◆過去記事
    :2013教文館 ハウス・オブ・クリスマス
    :こびとサンタ in 教文館(東京出張報告その2)
    :ミニ影絵展 in 教文館(東京出張報告その3)
    :教文館エトセトラ(東京出張報告その4)
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

    10月18日の大阪展サイン会での、藤城先生が猫を描く様子です。
    このスピードで、200匹を描き上げたんですね!(@_@)
     
     
    描き始めたところです。
    ここから先は、下の動画でご覧ください(^_-)-☆
    イメージ 1
     
     
     
     
     
     
    末筆ながら、
    今回の動画も総小判さんからいただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m
     
     
     
    ◆過去記事
    :10月18日大阪展サイン会の藤城先生
    :10月19日大阪展サイン会の藤城先生
    :猫のイラスト・ライブペインティング<動画>
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
     
    今年3月に福島で行われた、
    「鶴ヶ城プロジェクションマッピング はるか」のDVDが
    11月21日に発売されます(^o^)/
     
     
     
    ついに、待望のDVDが出ますね!
    あのワクワクするような楽しい映像を、今度はじっくり見ることができます♪
     
    こちらは発売元のNHKエンタープライズの通販サイト。
    文字が見えにくいので、画像の右下をクリックして拡大してみてください。
    ↓↓↓
    イメージ 1
     
     
     
    上のサイトには明記されていませんが、
    Amazonによれば、発売は11月21日
    しかもすでに割引価格です(*^o^*)
    送料も、アマゾン自身からの発売なのできっと無料でしょう。
    イメージ 15
     
     
     
    こっちはプロジェクションマッピングのイメージ図。
    イメージ 2
     
     
     
    それを拡大すると、この通り!
    夢のような世界が広がっています。
    イメージ 14
     
     
     
    主人公は小原庄助さん。
    朝寝 朝酒が大好きな、あの「小原庄助さん」です(^_^)
    イメージ 3
     
     
     
    そのほかのメインキャストには、
    起きあがりこぼしと、
    イメージ 6
     
     
     
    福島県独自の獅子舞、「彼岸獅子」が参加しています。
    イメージ 4
     
    イメージ 5
     
     
     
    実際の上映の様子をのぞいてみると、
    実に楽しげで生き生きとした雰囲気が伝わってきます。
    イメージ 7
     
    イメージ 8
     
    イメージ 9
     
     
     
     
     
     
    ちなみにたくさんのこびと達の映像は、
    主に「こびとたちの楽園」から切り抜かれ、動きを付けたものです。
    イメージ 10
     
     
     
    さまざまなアレンジがほどこされ、とても巧みに応用されているのが分かりますね。
    イメージ 11
     
     
     
    上映当日、鶴ヶ城を眺める藤城先生。
    残念ながらお顔は拝見できませんが、
    さぞかしご満悦でいらっしゃったのでは?!(^o^)
    イメージ 12
     
     
     
    インタビューの様子です。
    お城を背景に、拳を振りかざして熱弁される先生、
    一体どんなお話をしていらっしゃったのでしょう?(^_^)
    イメージ 13
     
     
     
    ・・・発売まで、すでに1ヶ月を切っています。
    どのような映像なのか、本当に楽しみですね(^_-)-☆
     
     
     
    末筆ながら、
    今回の情報も総小判さんからいただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m
     
     
     
    ◆NHK DVDキャラクターグッズオンラインショップ
    :庄助の春こい絵巻 鶴ヶ城プロジェクションマッピング はるか 2014
     
    ◆Amazon
    :庄助の春こい絵巻 鶴ヶ城プロジェクションマッピング はるか 2014 [DVD]
     
    ◆過去記事
    :<動画>鶴ヶ城プロジェクションマッピング!(追加動画あり)
    :速報! 福島県 鶴ヶ城プロジェクションマッピング はるか(追記あり)
    :<続報>鶴ヶ城プロジェクションマッピング はるか
    :鶴ヶ城プロジェクションマッピングと「こびとたちの楽園」
    :お城めぐり(鶴ヶ城プロジェクションマッピングにちなんで)
    http://blogs.yahoo.co.jp/lightandshadow7111/32800030.html
    :「鶴ヶ城プロジェクションマッピング はるか 2014」エピソード
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

    藤城先生の作品には遊園地の乗り物がよく登場します。
    代表的なのが、観覧車と回転木馬。
    でもそのほかにも、ジェットコースターというのもあるんです。
     
     
    ジェットコースターと聞いてまず思い出すのは、「ジャンピングラビット」。
    1999年卯年のために作られた、元気いっぱいの作品です♪
    イメージ 1
     
     
     
    ちなみに一番初めに作られたと思われるのは、
    その名もズバリ「ジェット・コースター」。
    1961年の映画「夕焼け小焼けの赤とんぼ」のタイトルバックのための作品でした。
    「ジャンピングラビット」とは対照的に、
    人気(ひとけ)も無く、哀愁を帯びた感じの内容ですね。
    イメージ 2
     
     
     
    実はジェットコースターは、
    最初の頃は主に秋の愁いのイメージが強かったようで、
    1968年と1972年の三田評論の表紙もそのような感じの作品で飾られています。
    イメージ 3
     
    イメージ 4
     
     
     
    そのイメージが変わったのは、この「おにぎり ころりん」から。
    今からおにぎりを持って遊園地へ行く子どもの、
    わくわくして待ち切れない気持ちが伝わって来ます(^_^)
    1978年発売の「童謡の世界<童謡詞画集4>旅のらくだ」に納められていました。
    イメージ 5
     
     
     
    そしてジェットコースターの大作とも言えるのが、
    「かぎりなき夢のプレイランド」。
    1998年完成のコロポックル影絵美術館のために制作されたもので、
    まさに夢の世界!
    この遊園地の中で永遠に遊んでいたいと思わせるほどの、
    ため息の出るような美しさです。
    (ぜひ画像の右下をクリックして、拡大してみてください)
    イメージ 6
     
    イメージ 7
     
    イメージ 8
     
    イメージ 11
     
    イメージ 12
     
    イメージ 9
     
    イメージ 10
     
    コロポックル影絵美術館といえば超大作「光彩陸離」が有名ですが、
    「かぎりなき夢のプレイランド」も、勝るとも劣らない幻想的な作品です。
     
     
     
     
    ・・・年代から察すると1枚目の「ジャンピングラビット」は、
    「かぎりなき夢のプレイランド」制作がきっかけで生まれた作品のようです。
    元々作品数が少なく、
    「ジャンピングラビット」以降描かれていないジェットコースターですが、
    またいつか、新しい作品を見せていただけるといいですね♪
     
     
     
    ◆過去記事
    :干支めぐり - 池田銀行にちなんで -
    :判明! 「夕やけ小やけの赤とんぼ」タイトルバック!!
    :コロポックル影絵美術館(1)
    (今回の記事は、この「コロポックル影絵美術館(1)」に追加画像2点を加え、
    新たにまとめ直したものです)
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

    藤城先生が白内障の手術を受けたあとに、
    病院に寄せられたメッセージです。
    同じ文面が影絵展などでも掲載されていましたが、
    こちらの「声」がオリジナルだったようですね(^_^)
     
     
    イメージ 1
     
     
     
    「患者様の声」には、手術とともにメガネを新調された画像が載っていますが、
    ちなみに以前は、みなさんお馴染みのこちらのメガネで、
    イメージ 2
     
     
     
    33歳(1957年)の頃もよく似たものをお使いだったので、
    このタイプのメガネをずーっとご愛用だったとばかり思っていました。
    でも・・・
    イメージ 5
     
     
     
    なんと、1988年頃にはこちら形のものもお使いだったことを今日発見しました!
    ビックリ(@_@)
    イメージ 3
     
     
     
    ご参考までに、大学生だった頃には丸メガネを着用していらしゃいました。
    イメージ 4
     
     
     
    ・・・もしかしたら、まだほかにもいろいろなメガネをご愛用だったかもしれません。
    気になります~(笑)
     
     
     
    ◆日本橋白内障クリニック
    :患者様の声 藤城清治様
     
    ◆暮らし ワイドな窓 ペットくん登場
    :影絵のモデルたち
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

older | 1 | .... | 13 | 14 | (Page 15) | 16 | 17 | .... | 79 | newer