Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Channel Description:

美しい影絵の世界をご紹介しています。 少々マニアックなブログではありますが、お楽しみいただければ幸いです。

older | 1 | .... | 19 | 20 | (Page 21) | 22 | 23 | .... | 79 | newer

    0 0

     
     
    本日午前、
    藤城先生の手術が
    無事に成功しました。
     
    藤城先生、亜季さん、
    この度は本当に
    おめでとうございます!
     
     
     
    藤城事務所ブログに載った、亜季さんからのご報告です。 
    ↓↓↓
    イメージ 1
     
     
     
    ・・・本当によかったです。
    この一言に尽きます。
    ファンのみなさんも、さぞかしご心配だったことでしょう。
    今日の吉報こそ、まさに「生きるよろこび」ですね!!
    明日の続報がとても楽しみです。
     
     
     
    ◆藤城事務所ブログ
    :全国のファンの皆さまヘ緊急のご報告
     
    ◆過去記事
    :お正月の札幌サイン会中止
    :藤城先生の病状について 
    :1/2札幌サイン会の藤城先生 
    :藤城先生の入院予定先と担当のお医者様について
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

    藤城先生の、病院内でのご様子が伝わってきました。
     
     
    朝食。
    先生は食欲旺盛で、亜季さんも驚いたほどとか。
    イメージ 1
     
     
     
    歩行器を使ってのリハビリ。
    手術後、こんなに早くからリハビリが始まるんですね。
    さすがにまだお辛そうですが、
    それでも藤城先生みずからのご希望で、病棟内を一周なさったそうです。
    イメージ 2
     
     
     
    腰をサポートするために、コルセットを巻いていらっしゃいます。
    イメージ 3
     
     
     
    退屈しのぎの落書きかと思ったら、
    イメージ 4
     
     
     
    なんとケロヨン!!
    先生の頭の中は、やはり作品のことでいっぱいなんですね。
    イメージ 5
     
     
     
    ・・・旺盛な食欲、ご本人の希望での散歩”、そしてケロヨン。
    早くも復帰に向けて、先生は第一歩をあゆみ始めたんですね!!
     
     
     
    ◆藤城事務所ブログ
    :藤城亜季より病院での様子のご報告
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0
  • 01/11/15--11:00: 7つの大作
  • 去年に作られた3つの大作の大きさ、タテ・ヨコ3m×6m以上のサイズの作品は、
    これまで7点が作られました。
    今回はそれらを年代順ご紹介しながら、
    大作影絵の変遷をたどってみたいと思います。
    (画像の右下をクリックすると、拡大できます)
     
     
    ◆2300匹 鐘が鳴り響く祈り
    1989年の作。
    あまり知られていませんが、これが一番最初の”大作”です。
    サイズは、タテ・ヨコ3m×15m。
    仙台の笹かま館に展示されています。
    イメージ 1
     
     
     
    ◆白樺湖の四季
    2番目に古く、1作目から7年後の1996年制作。
    大きさは、タテ・ヨコ3m×30mで、
    つまり「2300匹 鐘が鳴り響く祈り」のちょうど2倍。
    長野県の白樺湖にある、世界の影絵・切り絵・ガラス・オルゴール美術館の、
    360度大パノラマ室に展示されています。
    (天上中央の天使の作品も含まれます)
    イメージ 2
     
     
     
    ◆光彩陸離
    先の「白樺湖の四季」からわずか2年後の1998年作で、
    タテ・ヨコ9m×18mの圧倒的超大作。
    面積にして、「白樺湖の四季」のおよそ2倍、
    「2300匹 鐘が鳴り響く祈り」の、実に4倍にに迫る巨大な作品です。
    北海道 生田原のコロポックル影絵美術館収蔵。
    イメージ 3
     
     
     
    ◆魔女の森に燃える再生の炎
    2013年6月完成。
    那須の藤城清治美術館のために、
    「光彩陸離」から15年ぶりに制作された大作です。
    サイズはタテ・ヨコ3m×6m。
    イメージ 4
     
     
     
    ◆昭憲皇太后を偲ぶ
    2014年3月完成の明治神宮に奉納されたもので、
    大きさはタテ・ヨコ3m×6m。
    「魔女の森に燃える再生の炎」完成から9ヶ月間という、
    ごく短い期間で作られました。
    イメージ 5
     
     
     
    ◆大きな奇跡 小さな奇跡 愛は地球を救う
    サイズはタテ・ヨコ3m×6m。
    24時間テレビのために制作され、
    去年9月1日に完成。
    前作との間隔はさらに短くなり、わずか半年。
    イメージ 6
     
     
     
    ◆日本一大阪人パノラマ
    大阪天保山展のための3m×6mの作品で、去年11月下旬に展示。
    完成時期は、当初の予定よりかなりずれ込んだわけですが、
    それでも「24時間テレビ」からたったの3ヶ月足らず!
    尋常ではないスピードです。
    イメージ 7
     
     
     
    ここまでの7つの大作を、一覧表にしてみました。
    イメージ 8
     
    「2300匹 鐘が鳴り響く祈り」から始まった大作は、
    その後2倍、さらにまた約2倍と大きくなり、
    「光彩陸離」で1つの頂点を極めます。
    ほかのすべての作品がタテ3mなのに対し、「光彩陸離」は9m。
    しかも面積は唯一100㎡を軽く超えていて、
    これらの数字を見ただけでも、いかにこの作品が渾身の作なのかが判ります。
     
    その後15年間、いわゆる”大作”規模の作品制作はありませんでしたが、
    でも実はその間には、「光る森」、「光る海」、「生命賛歌」、「こびとたちの楽園」などの、
    準・大作クラスのものがいくつも制作されています。
     
    そして迎えた2013年。
    その後の影絵連作の始まりとなる「魔女の森に燃える再生の炎」を、満を持して発表。
    この作品の特徴は、作品手前の水鏡と左右のミラー、
    そしてなによりも、可動式の立体メリーゴーランド!
    異例づくめの大作に僕たちファンは圧倒され、魅了されました。
     
    「昭憲皇太后を偲ぶ」以降の3作が、
    どれも「魔女の森に燃える再生の炎」と同じ3m×6mなのは、偶然ではありません。
    藤城清治美術館館長の亜季さんからのお話によれば、
    「那須にあるものと同じ大きさの作品を作ってほしい」
    というリクエストが殺到したそうです。
     
    「魔女の森に燃える再生の炎」完成から「日本一大阪人パノラマ」発表まで、
    わずか1年半足らずで3作。
    そこから浮かび上がってくるのは、藤城先生の鬼気迫る創作意欲です。
    ファンとの交流の場ではいつもにこやかでいらっしゃいますが、
    内に秘められた烈しさには畏怖の念さえ感じてしまいます。
    そんなにまでしても先生が訴えたいのは、
    やはり「生きるよろこび」ということに違いありません。
    それは、人生を前向きに生きようとする藤城先生の姿そのものではないでしょうか。
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

    本日12日の藤城先生です。
    リハビリのウォーキングに院内1周の約束で出発したはずが、
    なんと2周もしてしまったそうです!
    すごいバイタリティ(@@)
     
    出発する後ろ姿から戻っていらっしゃるところまでを、GIFアニメにしてみました。
    4枚目は3枚目の拡大画像ですが、
    先生の力強いゴールインを再現したくて、追加してみました(^_^)
    イメージ 1
     
     
     
    ・・・きのうのご様子よりも明らかに元気そうな藤城先生。
    たったの1日のことで、見違えるほどの快復力です!!(^o^)
     
     
    ◆藤城事務所ブログ
    :本日の藤城の様子です
     
    ◆過去記事
    :入院中の藤城先生のご様子(1/11) 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
     
    1月17日の札幌でのサイン会が、
    中止になりました。
     
     
     
    イメージ 1
     
     
    ・・・中止発表が遅れていたので、まさかとも思っていたのですが、
    ようやく決まったようです。
    ただ、前回1月2日のサイン会もいったん中止となったあとで結局開催されました。
    今回の発表内容も、美術館側の自主判断のようにも読み取れるので、
    多少まだ気掛かりではあります。
    できることなら、今度こそはご無理をしていただきたくないというのが、
    ファンの一人としての僕の思いです。
     
    なお末筆ながら、
    この情報はまゆまゆさんと総小判さんから教えていただきました。
    お二方ともに、本当にどうもありがとうございます。
     
     
     
    ◆札幌芸術の森美術館フェイスブック
     
    ◆過去記事
    :お正月の札幌サイン会中止
    :号外! 札幌サイン会復活!! 
    :1/2札幌サイン会の藤城先生 
    :1/3札幌展6万人達成お祝いの藤城先生(追加画像あり)
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

    ご存知でしたか?
    ケロヨンには、ガールフレンドがいるんです。
     
     
    登場することが少なめで、画像も多くはありませんが、
    たとえばこのレコードジャケット右端には彼女が載っています。
    とてもやさしそうな感じ♪
    イメージ 1
     
     
     
    別のレコードにも、このとおり。
    上のものと同じ時の撮影と思われます。
    ケロヨンのお顔との違いは、口元が微笑んでいるところ。
    やはりケロヨンほどやんちゃ(おてんば)ではなさそうですね(^_^)
    イメージ 2
     
     
     
    探してみると、彼女はイラストにも登場しています。
    仲良く遊覧飛行!イメージ 3
     
     
     
    こちらのカラーレコード盤では右下に。
    真正面からのお顔なので、ちょっぴり表情が違って見えます。
    イメージ 4
     
     
     
    影絵にも、彼女はもちろん描かれています。
    藤城先生のケロヨンへの思いを詰め込んだような作品、
    「ケロヨンのユートピア」。
    イメージ 5
     
    イメージ 6
     
     
     
    こちらは宮沢賢治の文庫本表紙。
    「蛙のゴム靴」というお話です。
    なのでこれはケロヨンではないわけですが、
    僕たちファンからすれば、どこから見てもケロヨン!
    しっかり彼女も一緒です(^^)v
    イメージ 7
     
     
     
    ・・・いずれ彼女も、ケロヨンのように冬眠から目覚めるのでしょうか!?

    ところで、
    実は、ケロヨンの彼女の名前が分かりません(^^;)
    どなたかご存知でしたら、どうか教えていただけないでしょうか?
     
    なおケロヨンの彼女のことをご紹介しようと思いついたのは、
    わくわく玉さんとの会話がきっかけでした。
    ヒントをいただき、どうもありがとうございます(^o^)/
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
     
    亜季さんが、ブログを開始しました。
    これからの展開が非常に楽しみです
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
    ・・・なお、藤城事務所ブログの今後は不明。
    亜季さんのものに引き継がれたのか、2つが並行して続けられるのか、
    いずれお知らせがあるのではないかと思われます。
     
     
     
    ◆光の散歩 清治 亜季 影のおしゃべり
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

    藤城先生の近況が入って来ました。
    病室で、歩行器につかまってのリハビリをしていらっしゃるようです。
    数日前よりも、さらに力強くなっていらっしゃいますね(^_^)
     
     
    イメージ 1
     
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
    ・・・「この日の靴下はカラフルなボーダー♪」って、
    ようやく先生のおしゃれな姿を、
    いつものように素直に喜べるご様子になってきました(*^_^*)
     
     
     
    ◆藤城事務所ブログ:本日の藤城の様子です
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

    本日の藤城先生のリハビリの様子なのですが、
    もしやそのお姿は?!


    イメージ 1




    そうなんです、もう歩行器無し!!
    イメージ 3



    手術からわずか6日。
    素晴らしい回復力です(@_@)
    イメージ 2
     




    ◆藤城事務所ブログ
    :本日の藤城の様子です
    http://s.ameblo.jp/seijifujishiro/entry-11977884364.html
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

    札幌サイン会の正式中止が発表されました。
    というか、
    亜季さんの「絶対に行かせません」宣言です(^_^)
    イメージ 1



    一方、病室の藤城先生は・・・
    ナント、作品発表!
    まさか絵の具など一式を持ち込んでいらっしゃったとは!!(@_@)
    イメージ 3



    最新作を、画像処理してみました♪
    イメージ 2



    ・・・北海道のファンの方々には大変申し訳ありませんが、
    先生がしっかり静養とリハビリをなさるということで、心底ホッといたしました。



    ◆藤城事務所ブログ
    :札幌芸術の森美術館ラストサイン会中止について
    http://s.ameblo.jp/seijifujishiro/entry-11977922637.html
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0
  • 01/16/15--22:34: 藤城先生からの手紙
  • 藤城先生から、
    サイン会に行けなかった北海道のファンのみなさん宛てに、
    直筆の手紙が届きました。


    イメージ 1





    切々と思いが書かれていて、
    今にも先生の声が聞こえてきそうです。
    お読みになるときは、どうか画像の右下をクリックし拡大してください。

    イメージ 2



    イメージ 3



    イメージ 4





    この作品は、絵筆を持てるようになってすぐさま、
    無理を押して描かれたものだったんですね。

    イメージ 5




    ◆札幌芸術の森美術館フェイスブック
    https://m.facebook.com/sapporoartmuseum?refsrc=http%3A%2F%2Fsapporo-art-museum.jp%2F&_rdr

    0 0

     
     
    ケロヨンが、
    藤城清治美術館にやって来ます!
    きっと新年のごあいさつですね(^o^)
     
     
     
     
    イメージ 2



    冬眠しないでも、目はパッチリ!!(^^)v
    イメージ 1




    ◆藤城清治美術館ブログ
    :1月24日(土) ケロヨングリーティング開催!
    http://fujishiro-seiji-museum.blogspot.jp/2015/01/124.html?m=1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
     
    ケロヨンのガールフレンドは、
    エルちゃんという名前でした(^o^)
     
     
     
    ウィキペディアにも、こんなふうに紹介されています。
    イメージ 1
     
    ところで、エルちゃんの名前の由来って何なのでしょう?
    カエルの「エル」かなと僕は思ってたんですが、
    ファンクラブのYさんによれば、
    「アルファベットでは、ケロヨンの”K”の次が”L”だからなのでは?」とのこと。
    う~ん、深い!
    はてさて一体どっちなんでしょう?
    あるいはもっとほかの由来なのでしょうか??
     
     
     
    そんなエルちゃん、映画「ケロヨンのぼうけん」(1967年上映)で初登場し、
    ケロヨンと運命的(?)な出会いをします。
    で、音楽が大好きな二人は、さっそく一緒に演奏!
    しかもペアルック(*^o^*)
    イメージ 2
     
     
     
    エルちゃんはそのあとのお祭りでもバンドに参加し、
    華麗な演奏をお披露目しました♪
    イメージ 3
     
     
     
    おしとやかそうだけど実はアクティブなエルちゃんは、
    ケロヨンとレーシングカーでパレードに出たり、
    イメージ 4
     
     
     
    気球にまで乗ったりもしています。
    イメージ 5
     
     
     
    見てください、このラブラブ・ショット
    これぞ今回のハイライト・シーン!!
    冬なのに、見ているこっちまでアツくなります(^o^;)
    イメージ 6
     
     
     
    そんな愛らしいエルちゃん、実はとても気丈で、
    ケロヨンのおうちが燃えたときも、懸命に救助活動してました。
    しっかり者です。
    イメージ 7
    それにしても、この本物の炎上シーン、燃え盛る家の中の場面もあったのですが、
    着ぐるみアクターの方たちの緊張感が伝わって来て、
    すごい迫力です(@@)
     
     
     
    そして、最後はもちろんハッピーエンド(^^)v
    みんなでわいわいパーティーです。
    イメージ 12
     
     
     
    ちなみに「ケロヨンのぼうけん」には、エルちゃんのお母さんも登場。
    おしとやかそうですが、エルちゃんと同じくアクティブかも?!(笑)
    イメージ 8
     
     
     
    「ケロヨンのぼうけん」のプロモーションビデオが、YouTubeにありました。
    一瞬だけですが、動くエルちゃんを見ることができます。
     
     
     
    映画の上映当時、こんなジグソーパズルも発売されていて、
    そこにはしっかりエルちゃんもいます(^_-)-☆
    イメージ 9
     
     
     
    また、何年か前にはエルちゃんのぬいぐるみも!
    なんとUFOキャッチャーの景品だったんです(@@)
    イメージ 10
     
     
     
    ケロヨンももちろんありました。
    2つとも、今ではプレミアが付いてるようです(^^;)
    イメージ 11
     
     
     
     
    ・・・今年の春あたり、エルちゃんも冬眠から目覚めてくれないかな~(^_^)
     
     
     
    なお末筆ながら、
    エルちゃんの名前や、彼女の「ケロヨンのぼうけん」出演などの情報は、
    総小判さんからいただきました。
    今回も本当にどうもありがとうございます。
     
     
     
    ◆過去記事
    :ケロヨンのガールフレンド
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0
  • 01/22/15--10:13: 2014年の10大ニュース
  • 遅まきながら、
    去年のビッグニュース・ベスト10を選んでみました。
    時系列の順にご紹介してゆきます。
     
    それにしても藤城先生の1年の、なんとハードなことか!!!
     
     
    鶴ヶ城プロジェクションマッピング
    3月、福島県郡山市の鶴ヶ城で合計7日間行なわれました。
    この年はビッグイベントが目白押しだったので、
    記憶の彼方に押しやられてしまった観もありますが、
    震災からの復興を願う藤城先生の思いのこもった、忘れてはならない試みです。
    しかも理屈抜きで楽しい(^o^)♪
    イメージ 1
     
    イメージ 2
     
     
     
     
    卆寿
    4月17日、藤城先生は90歳をお迎えになりました(^o^)/
    90歳で一気にろうそくを吹き消す肺活量にビックリ!(@@)
    イメージ 3
     
    イメージ 4
     
     
     
     
    藤城清治美術館1周年
    6月、那須の美術館が開館1周年!
    わずか1年間で10万人を超えるファンが来場し、
    あっという間に地元切っての人気美術館になりました。
    写真は、萌える若葉を背景に記念スピーチを行なう藤城先生です。
    イメージ 5

     

    そのスピーチの中で、
    先生は藤城清治美術館の新しい構想を発表。
    展示エリアを増築し、そこに幅12mの大作を飾る予定とのことです。
    おそらくそれは、この模型のAの部分だろうと思われます。
    イメージ 29

     
     
     
     
    ケロヨン復活♪
    同じ1周年記念のその日、ケロヨンが40年ぶりに冬眠からお目覚め。
    見事なカムバックを果たしました。
    みなさんご承知の通り、その後ケロヨンはあちこちのイベントで大活躍しました。
    イメージ 6
     
     
     
    ケロヨンを見つめる先生は、まるで我が子を見るような眼差し(^o^)
    イメージ 7
     
     
     
     
    白内障の手術成功!
    那須でのスピーチをお聞きして以来心配していた白内障手術が無事成功。
    僕たちファン一堂、胸を撫で下ろしました。
    これ以降、先生の影絵に微妙な変化が現れ、色彩がいっそう華やかなものに!!
    イメージ 8
     
     
     
    白内障完治とともに、メガネを新調。
    先生のダンディズムに、さらに磨きがかかりました(^_^)v
    (写真は11月の札幌展で撮影したものです)
    イメージ 28
     
     
     
     
    宮沢賢治賞受賞
    8月初旬、藤城先生の宮沢賢治賞受賞が発表されました(^o^)/
    こちらはその後9月22日に行なわれた授賞式の様子です。
    イメージ 9
     
     
     
    記念スピーチ。
    イメージ 10
     
     
     
    そして控え室にお戻りになってのリラックスした先生。
    素晴らしい笑顔です♪
    イメージ 11
     
     
     
     
    24時間テレビ
    藤城先生のお名前とその才能を、世の中に再認識させたビッグイベント。
    達成感にあふれた先生の表情が忘れられません。
    イメージ 12
     
    イメージ 13
     
    イメージ 14
     
     
     
     
    3つの大作
    2014年を象徴するのは、なんといってもこの3枚。
    すべてタテ3m×ヨコ6mの大作です。
    わずか1年のあいだに大作3枚というのは、尋常なことではありません。
     
    「昭憲皇太后を偲ぶ」。
    3月に完成し、明治神宮に奉納されました。
    イメージ 15
     
     
     
    「大きな奇跡 小さな奇跡 愛は地球を救う」。
    8月31日から始まった24時間テレビの中で制作が続けられ、
    翌9月1日に完成した様子が生中継されました。
    イメージ 31
     
     
     
    「日本一大阪人パノラマ」。
    産みの苦しみの末にようやく完成した入魂の大作。
    大阪の街と人々への愛情が作品の隅々にまであふれ、
    関西の方々の心を捕えて離さなかった逸品です。
    イメージ 16
     
    平均的な先生の影絵が1m×1m=1㎡だとすると、
    1枚の大作は、その18枚分(6m×3m=18㎡)。
    つまりこの3作で平均的な影絵54枚分にもなるのです。
    2014年はそのほかにも先生は何枚かの作品を制作しているので、
    この1年で合計60枚以上の影絵を産み出した計算!!(@@)
     
     
     
     
    藤城先生、ケロヨン、そしてファンのみなさんとのコラボ作品
    12月23日のクリスマスの集いで共同制作された、
    ⑧の3作品とは違った意味での大作。
    しかも前代未聞の試みでした!
    ファンに対する熱い先生の思いが伝わって来て、忘れられない”大作”です。
    イメージ 17
     
    イメージ 18
     
    イメージ 19
     
    イメージ 20
     
    イメージ 30
     
     
     
    靴下大ブレーク
    先生のおしゃれな靴下が、いつしかファンのみなさんの熱い視線を浴び始め、
    1年を通していつも話題になっていました♪
    もちろん、今年も(^_-)-☆
    イメージ 21
     
    イメージ 22
     
    イメージ 23
     
    イメージ 24
     
    水玉ばかりかと思いきや、こんな意表を突いたものまで!(@@)
    イメージ 25
     
    青空に雲だって浮かんでます(^o^)
    イメージ 26
     
    靴下もさることながら、先生の寝顔もとてもキュート♡
    まるで少年のようです(^v^)
    イメージ 27
     
     
     
    ・・・去年はさまざまなことがありましたが、
    僕たちファンにとってとても素晴らしい1年でした。
    そして今年最初のベスト10入りは、もちろん、先生の手術成功!
    その次は間違いなく退院でしょう(^_-)-☆
    お元気な先生とともに、
    2015年もどうかたくさんの素敵な思い出ができますように。
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
     
    なんとケロヨンが、
    お見舞いに馳せ参じました!!
     
     
     
    ケロヨンのことは内緒にしてあったので、
    藤城先生は大喜び(^o^)/
    イメージ 1
     
     
     
    プレゼントの千羽鶴は、ケロヨンお手製♪
    イメージ 2
     
     
     
    その写真は、どうやら藤城清治美術館のバルコニーで撮影されたもの。
    ケロヨン自身のお気に入りショットなのでしょうね(^_-)-☆
    イメージ 5
     
     
     
    一方 この部分の上の方には、ラビちゃんとおぼしき写真2枚。
    右側は子猫のときのもののようですね。
    中央右寄りには、クラシックカーに乗るケロヨンとモグちゃんの写真立て。
    そしてその下には、先日ベッドで描かれたケロヨンも。
    病室は、先生の大好きなものでいっぱいです(*^_^*)
    イメージ 6
     
     
     
    看護師のみなさんと記念撮影です。
    病室は、まるでサイン会場のような熱気!(^o^)
    このあとケロヨンは、このフロアの病室全部をまわったとか。
    患者さんたちもさぞかしお喜びになったことでしょう。
    イメージ 3
     
     
     
    ところでラビちゃんは、さすがにお見舞いには行けないので、おうちでお留守番。
    彼に会うため、というのも、
    先生の励みになっているに違いありません。
    イメージ 4
     
     
     
     
    ・・・藤城先生は、歩行器なしでのウォーキングをしていらっしゃるそうで、
    食欲もおありとのこと。
    リハビリは順調なようですね(*^o^*)/
     
     
     
    ◆光の散歩 清治 亜季 影のおしゃべり
    :サプライズ
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

    亜季さんが、翌24日のケロヨングリーティングのために那須へ行くと聞いて、
    ややさみしそうな藤城先生です。
    ちょっぴりお口がとんがっているかも?(^_^;)
    イメージ 1
     
     
     
    でも24日の夜はまた亜季さんが病室に泊まると聞いて、
    機嫌を直した先生が披露したのがこちら。
    イメージ 2
     
     
     
    上の作品部分を補正した画像です。
    この日の朝からずっと描いていらっしゃったそうで、
    これに遠景の富士山を追加するおつもりだとか。
    完成作もぜひ拝見してみたいですね(^_-)-☆
    もしかしたら、そのあと影絵にもなるのでしょうか?
    イメージ 3
     
     
     
    体力をもっと付けたいと、自主的にリハビリしていらっしゃる後ろ姿。
    この日から完全に歩行器を使わなくなったそうです。
    足腰がしっかりしてきたように見受けられますね(^_^)
    イメージ 4
     
     
     
     
    ・・・創作意欲旺盛で、リハビリにも前向き。
    藤城先生の回復は至って順調のようです(*^_^*)
     
     
     
    ◆光の散歩 清治 亜季 影のおしゃべり
    :窓からの風景のデッサン
    :病室での様子
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
     
    きのう藤城清治美術館で行なわれた、
    ケロヨン・グリーティングの様子です
     
     
     
    小さなお子様とタッチ。
    ケロヨンのやさしさがあふれています(*^_^*)
    イメージ 1
     
     
     
    お腹の赤ちゃんにもごあいさつ。
    やっぱりケロヨ~ンって言ったのかな?(^_^)
    イメージ 2
     
     
     
    大人のみなさんもすっかり童心に返って、
    とてもいい表情をしていらっしゃいます♪
    イメージ 3
     
     
     
    こんなときに照れてしまいがちな、男性の方々までもにっこりなのが印象的。
    ケロヨンの魔法でしょうか?!
    イメージ 4
     
     
     
    見つめられると、
    僕も思わずにこにこ(*^o^*)
    イメージ 5
     
     
     
    お祈りするケロヨン。
    やはり藤城先生のご快復を祈っているのでしょうか。
    イメージ 6
     
     
     
    館内を巡る亜季館長とケロヨン。
    イメージ 7
     
     
     
    この頃まで、お二人ともおとなしくしていらっしゃったのですが・・・
    イメージ 8
     
     
     
    外に出た途端、まずケロヨンがはじけ、
    イメージ 9
     
     
     
    ナント亜季さんまではじけてしまいました!!
    ここまではじけた亜季さん、初めて拝見しました(@@)
    頑張っていらっしゃいますね(^_-)-☆
    イメージ 10
     
     
     
     
    ・・・小春日和の中でのケロヨン・グリーティング、
    こんなにはじけていたのなら、僕も駆けつければよかったです(^o^)
     
     
     
    ◆藤城清治美術館ブログ
    :ケロヨングリーティングの様子 1月24日(土)
     
    ◆光の散歩 清治 亜季 影のおしゃべり
    :ケロヨングリーティングの様子
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
     
    この春、長崎でも影絵展が開催されます(^o^)/
     
     
     
    驚きました!
    先日お知らせした福岡だけでなく、すぐそばの長崎でも影絵展とは(@@)
    しかもその2つの会期は重なっています!!
    4月10日~5月24日のあいだなら、両会場を一挙に巡ることが可能(^o^)v
    (画像の右下をクリックすると、文字が大きくなります)
    イメージ 1
    「聖なる光」というタイトルからすると、
    この地にちなんで聖書の世界の作品がメインかもしれませんね。
     
     
     
    こちらは福岡展。
    すでにチケットの先行販売は始まっています。
    イメージ 2
    こちらは文字通り宮沢賢治の作品が中心でしょう。
     
     
     
     
    ・・・長崎も福岡も、影絵展は2回目。
    そのほか熊本、鹿児島、宮崎でも開催されたことがあり、
    ほんとに九州のファンの方々は恵まれていますね(^o^)
     
    なお末筆ながら、
    このホットな情報は総小判さんから教えていただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございます。
     
     
     
    <追記(2015.1.27)>
    藤城事務所ホームページでも正式発表されました!
    イメージ 3
     
    ちなみにこの情報も、総小判さんから教えていただきました。
    今回も本当にどうもありがとうございます。
     
     
     
    ◆藤城事務所ホームページ
    :スケジュール
     
    ◆ローチケ.com
     
    ◆長崎県民美術館(影絵展情報はまだ載っていません)
     
    ◆過去記事
    :速報! 4/10から福岡で影絵展開催!!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0
  • 01/28/15--11:00: よくある間違い 
  • 藤城先生にまつわる”よくある間違い”を、いくつか集めてみました。
     
     
    その1:ケロちゃんとコロちゃん。
    よくケロヨンと間違われています(^^;)
    名前がちょっぴり似ているせいでしょうけど、
    こちらは製薬会社コーワのキャラクター。
    イメージ 1
     
     
     
    お腹のところに大きく「ケロちゃん」「コロちゃん」って書いてあります。
    イメージ 2
     
    イメージ 3
     
     
     
    で、こちらがケロヨン。
    イメージ 4
     
     
     
    「ケロちゃんコロちゃん」との違いは、
    トレードマークのボーダーのセーターと赤い靴。
    イメージ 5
     
     
     
    そしてこの、とんがったお口です。
    でもなによりの違いは、ケロヨンはやんちゃ坊主ってことかも?!(笑)
    イメージ 6
     
     
     
    ちなみにケロヨンを「ケロリン」と呼ぶ方もいらっしゃいますが、
    これは本来はお薬の名前で、カエルさんとは無関係。
    イメージ 10
     
     
    ・・・のハズだったんですが、
    最近、ケロロ軍曹とコラボしたみたい!(@@)
    イメージ 7
     
     
     
    そのうち、ケロロ軍曹を「ケロリン」と呼ぶ方も出て来てしまうのでしょうか?(汗)
    イメージ 11
     
     
     
     
    その2:カルピス。
    この昔のトレードマークが、
    藤城先生のデザインと思われていることが多いようです。
    たしかに影絵っぽい感じですが・・・
    イメージ 8
     
     
     
    調べてみると、
    これはドイツ人のオットー・デュンケルスビューラーというデザイナーが、
    1924年に描いたものとのこと。
    なんと、先生の生まれた年!
    いくら藤城先生が才能にあふれていても、0歳でデザインなんて無理ですよね(^^;;)
    イメージ 9
     
     
     
     
     
    その3:「藤代」
    今ではだいぶ少なくなりましたが、
    先生の苗字を「藤代」と書いてあるのを時々見かけます。
    また、お名前を「清次」とか「清二」と書いてあったことも。
    一番驚いたのは「藤代清次」!!(>_<)
     
     
     
    ・・・みなさん、ゆめゆめ間違えることのありませんように(^_-)-☆
     
     
     
    ◆興和株式会社
    :コーワのケロコロランド
     
    ◆内外製薬 新着情報
    :「☆ケロロ☆」と内外薬品「ケロリン」コラボ企画第2弾商品を発売
     
    ◆ウィキペディア
    :カルピス
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

    藤城先生の、順調な快復のご様子です♪
     
     
    病室でお薬を飲む先生。
    何気ない1枚のように見えますが、
    コルセットはもちろん、腕の支えもなく座っていらっしゃるということは、
    腰の痛みが消えたうえに筋力がしっかり付いてきたことの証しです。
    イメージ 1
     
     
     
    病室から見える東京タワー、六本木ヒルズ、そして雪化粧の富士山の、
    パノラマ作品を制作中とのこと。
    イメージ 2
     
     
     
     
    おそらく、先日のこちらのスケッチに基づく作品なのでしょう。
    もしかしたら影絵になるのかもしれません。
    イメージ 5
     
     
    病棟内のウォーキング。
    なんてしっかりとして軽やかな足取りなのでしょう!
    余分な力が抜け、脇を見る余裕さえおありです。
    写真を見る限り、もはやごく普通に歩いていらっしゃいますね(^_^)
    ちなみにこの調子で、3周なさるとのこと。
    イメージ 3
     
     
     
    こちらの、歩行器なしで歩き始めた頃の写真と比べてみても、
    その差は歴然としています!!
    イメージ 4
     
     
     
     
    ・・・この超人的な快復力は、先生の意志の強さの賜物。
    退院の予定こそまだ発表されていませんが、
    この分だと、それももう遠い話ではないように見受けられます(*^_^*)
     
     
     
    ◆光の散歩 清治 亜季 影のおしゃべり
    :病室での様子です
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

older | 1 | .... | 19 | 20 | (Page 21) | 22 | 23 | .... | 79 | newer