Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Channel Description:

美しい影絵の世界をご紹介しています。 少々マニアックなブログではありますが、お楽しみいただければ幸いです。

older | 1 | .... | 20 | 21 | (Page 22) | 23 | 24 | .... | 79 | newer

    0 0



    病室の窓からの景色を描く藤城先生。
    イメージ 1



    そのデッサンがついに完成しました♪
    すごく細密な仕上がりで、
    遠くに富士山が描き足されています。
    イメージ 2



    これが全体図。
    大坂の作品に続いてのパノラマになりそうですね!
    タイトルは、「東京タワーストーリー」になるようです。
    イメージ 7
    亜季さんのブログによれば、このデッサンを元に3mの影絵が作られるとのこと。
    しかもそれを含め、
    これまでの全国各地を描いた作品を集めた画集「日本百景」が、
    この秋頃に講談社から発売されるそうです。



    出版にちなんで、病室でインタビューも行われ、
    先生は入院生活のことやファンへのメッセージをお話しになりました。
    イメージ 3



    先生が東京タワーを描くのは今回が初めてではなく、
    1959年、タワー完成の翌年に月刊誌の表紙絵を描いています。
    この当時の盛り上がりは、
    スカイツリー完成時と同じかそれ以上のものだったのでしょうね(^_^)
    イメージ 8



    きのう1月31日の、病棟内でのウォーキング。
    大きな歩幅でかくしゃくとしていらっしゃいます(^_^)v
    しかもこれは、病棟内での最後のウォーキング。
    そうなんです、先生はこの日無事に退院しました\(^o^)/

    藤城先生、亜季さん、
    退院おめでとうございます!!

    イメージ 4



    ご自宅でのウォーキング用に、シューズも新調されました。
    イメージ 9



    退院直前、院内レストランにて、
    入院中ずっと我慢していらっしゃったアイスクリームをパクリ♪
    イメージ 5



    抹茶味がお好みなんですね(^_^)
    よく見ると、ナント2個(@@)
    イメージ 6




    ・・・病室の窓からのスケッチ、
    失礼ながら、
    てっきり入院中の手慰みに描いていらっしゃったのかと思っていましたが、
    すでに次の影絵作品のための創作活動が始まっていたんですね(^o^)v



    ◆光の散歩 清治 亜季 影のおしゃべり
    :シューズ
    http://akifujishiro.jugem.jp/?eid=17
    :入院の日々を振り返って
    http://akifujishiro.jugem.jp/?eid=18
    :インタビュー
    http://akifujishiro.jugem.jp/?eid=19
    :ウォーキング
    http://akifujishiro.jugem.jp/?eid=20
    :デッサン完成
    http://akifujishiro.jugem.jp/?eid=21
    :デッサンを繋ぎ合わせました!
    http://akifujishiro.jugem.jp/?eid=24
    :アイスクリーム
    http://akifujishiro.jugem.jp/?eid=26

    ◆過去記事
    :学習画報 その1


    0 0

     
     
    去年 彗星のごとく現れた、はーちゃん。
    藤城先生の熱烈なファンの方です。
    ファンになって間もないとのことですが、
    なんと、長年のファンでもなかなか行けないコロポックル影絵美術館を、
    あっという間に制覇!
    ほかにも次から次へと、
    先生の作品のある所ならどんな場所へでも足を延ばしていらっしゃいます。
     
    たとえば、これはほんの一部。
    イメージ 1
     
     
     
    はーちゃんのいらっしゃった場所を並べてみると・・・
     
    ・藤城清治美術館
    ・教文館卆寿記念90展
    ・銀座ヤマハ本店
    ・笹かま館
    ・藤城清治事務所
    ・喫茶 楡
    ・喫茶 スカラ座
    ・三菱東京UFJ銀行 渋谷支店
    ・大阪天保山 影絵展
    ・居酒屋あるぷ
    ・白樺湖影絵美術館
    ・上田駅待合室フレンド
    ・教文館ハウスオブクリスマス
    ・渡島(おしま)信用金庫 函館支店
    ・札幌影絵展
    ・コロポックル影絵美術館
    ・慶応義塾大学病院
    ・昇仙峡影絵の森美術館
    ・岩崎学園東戸塚保育園
    ・上尾市アッピーランド
    ・その他版画展など
     
    ・・・これだけの訪問を、たったの7ヶ月で達成してしまったのです(@@)
    中には、ほかのファンクラブ会員がだれも訪れていないだろう「渡島信用金庫」や、
    超・穴場の「居酒屋あるぷ」の名前もあり、
    ものすごい熱意!!
    はーちゃんのブログには、その貴重な記事が119件書かれています。
    すごい内容なのに気負いがなく、
    なにより藤城先生への思いがぎっしり詰まっていて、
    読んでいるこちらまで熱くなってしまうほど。
    どうかぜひお読みになってみてください(^_-)-☆
     
    ↓↓↓
    ◆はーちゃん・スピマス光臨
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
     
    藤城先生の乗っていたトヨタ2000GTが、
    ナンバー登録第1号車であることは以前にお話しましたが・・・
    イメージ 1
     
    イメージ 2
     
     
     
    その1号車が、2013年のヤフオクに出品されていたかも!?
    スタート価格、なんと1億円!
    イメージ 3
     
     
     
    しかも落札され、代金が支払われました!!(@@)
    (画像の右下をクリックすると拡大できます)
    イメージ 4
     
     
     
    けれど、出品者の説明をよく読むと、
    このクルマはプロトタイプ(試作車)。
    残念ながら、先生が所有していた”生産車”とは違っていました。
    ちなみに年式も1971年で、
    先生のクルマの1967年よりもずっとあとの、生産終了後のことです。
    イメージ 15
      
     
    それじゃ、先生の2000GTは残っていないのだろうか??とあれこれ探してみると、
    ありました!!!
    「登録1号車」が現存しています。
    これが先生の2000GTであることは、まず間違いないでしょう(^o^)/
    イメージ 5
     
     
     
    こちらがその写真。
    イメージ 6
     
    イメージ 7
     
     
     
    さらに何枚かアップします。
    先生が乗っていらっしゃった栄えある第1号車が、
    今も元気に走ってるなんて感激です!
    イメージ 8
     
    イメージ 14
     
    イメージ 9
     
     
     
    藤城先生の元にあった頃の写真と比べても、
    今のコンディションは全く変わっていませんね。
    さすがに木馬座マークだけは、消されてしまったようですが(^^;)
    イメージ 10
     
     
     
    ・・・ケロヨンと一緒に撮影され、
    イメージ 11
     
     
     
    木馬座のプログラム表紙を飾り、
    イメージ 12
     
     
     
    去年は「冬眠から目覚めたケロヨン」でついに影絵にもなった2000GT。
    深い思い入れをお持ちのこのクルマが現役であることをお知りになったら、
    先生もさぞかし懐かしく思われることでしょう(^_^)
    イメージ 13
     
     
     
     
    ・・・僕もひと目 実車を見てみたいものですが、
    それ以上に、このクルマを見て喜ぶ先生のお顔をぜひ拝見したいです(^_^)♪
     
     
     
    ◆乗り物速報
    :ヤフオクにトヨタ2000GTの1号車が1億円で出品中!
     
    ◆aucfan
    :トヨタ2000GT! 1号車! 1億円極めうりぃ~の商品情報
     
    ◆オークション傍観者の手記
    :トヨタ 2000GT 実車 100,001,000 円 1号車が約1億円で落札されたが
     
    ◆チェント・ミリアかつみね EVENT
    :第6回 エントリーリスト
    :第10回 エントリーリスト
    :第11回 エントリーリスト
     
    ◆Marky works
    :チェントミリアかみつえ’11@阿蘇リゾートグランビリオ
     
    ◆ECO九州ツーリスト
    :名車が町にやってきた!
     
    ◆過去記事
    :トヨタ2000GTと藤城先生
    :流線の彼方
    :藤城先生と華麗なるクルマたち<1>
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
     
    2月15日(日)、
    またもや藤城清治美術館に
    ケロヨンがやってきます
     
     
     
     
    冬眠知らずのケロヨン、みんなが来てくれなくて退屈してるそうです。
    このまま放っておいたら冬眠しちゃうかも?(汗)
     
     
    というわけでのケロヨングリーティング。
    2月15日は11時と15時の2回登場するとのこと。
     
    当日は受付けでお出迎え・・・だったらいいな~(^o^)
     
     
     
     
    ・・・冬の館内は人気(ひとけ)が少なく、じっくり見て回るにはピッタリ。
    またチャペルでは、木の葉がないので日の光がたっぷりステンドグラスに射し込み、
    1年で一番豊かな彩りであふれています(^_^)v
     
     
     
     
     
    ◆藤城清治美術館ブログ
    :2月15日(日) ケロヨングリーティング開催!!
     
    ◆過去記事
    :クリスマス in 那須 点描 <番外編>
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

    藤城清治事務所から、永久会員以外の会員に対してお知らせが届きました。
    内容はファンクラブ会員制度の改定。
    主な変更点は次のとおりです。
     
     
    ①誕生日プレゼントへの直筆サインの廃止
    ②1年会員の廃止
    ③永久会員の廃止および10年会員への編入
    ④地域特派員制度の新設
    ⑤新規特典の設定
     
     
    「①誕生日プレゼントへの直筆サインの廃止」は、
    藤城先生に作品制作に集中していただくための措置とのことです。
     
    ②と③の、「1年」と「永久」の会員制度廃止については、
    不明な部分もありますが、
    すでに去年12月26日から新規募集は停止されているとのこと。
    また、現在 永久会員になっている方々は、10年会員に編入されるそうです。
    ただ、まだ永久会員へのお知らせだけは届いていないので、
    編入の詳細は完全には決まっていないのかもしれません。
     
    「④地域特派員制度の新規設置」と「⑤新規特典の設定」は、
    内容が全く分かっていません。
     
     
    少々もどかしい状態ですが、現在のところ分かっているのはこれくらい。
    追加のお知らせを待ちたいと思います。
     
     
     
    <追記(2015.2.9 22:30)>
    ファンクラブの友人より、藤城事務所からのお知らせのコピーをいただきました。
    いつもどうもありがとうございますm(_ _)m
    イメージ 1
     
    イメージ 2
     
     
     
    ◆藤城事務所ブログ
    :ファンクラブ改定についてのお知らせ
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
     
    2月28日(土)と3月1日(日)、
    佐世保でサイン会が開かれます!
     
     
     
    藤城先生が退院なさって初めてのサイン会。
    お元気になった先生に直接会えるチャンスです!!
    (画像はやや不鮮明ですが、どうかご勘弁ください^^;)
    イメージ 1
     
     
     
    こちらはもう少しズームアップされた画像。
    イメージ 2
     
     
     
    なお佐世保玉屋のホームページでは、
    今回のサイン会のお知らせが載っておらず、版画展の開催期間も異なっていますが、
    上の情報が最新のものと思われます。
    イメージ 3
     
     
     
    また、サイン会開始時間などの詳細が不明ですが、
    いずれ間もなく藤城事務所ホームページに、
    サイン会の日にちと一緒に掲載されるだろうと思われます(^_-)-☆
    イメージ 4
     
      
     
    ・・・う~ん、僕も行きたい!
    サイン会にいらっしゃる方々が、心底うらやましいです(^o^)♪
     
     
     
    なお末筆ながら、
    このホットな情報は総小判さんからいただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございます。
     
     
     
    ◆「産業カウンセラー」を学ぶお話好き
    :2月の佐世保は有名人ラッシュ
     
    ◆セキスイハイム九州(株)長崎支店-長崎ここちい日和
    :藤城清治さんがやって来るらしい
     
    ◆佐世保玉屋
    :6階 美術サロン
     
    ◆藤城事務所
    :スケジュール
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
     
    「NHK みんなのうた」ホームページで「藤城清治」で検索すると、
    6件の”うた”がヒットするのですが、
    これまでは「星と虹と」の1曲だけ、映像が見つかっていませんでした。
     (画像の右下をクリックすると、拡大できます)
    イメージ 1
     
     
     
    けれど、ついに見つかりました!
    イメージ 2
     
     
     
    それがこちら。
    イメージ 3
     
     
     
    さらに画像補正してみると・・・まさしくメルヘン!
    イメージ 4
     
     
     
    「星と虹と」のページには、別画像も載ってます。
    イメージ 5
     
     
     
    こちらも補正してみました。
    2枚とも、まごうことなき藤城ワールド(^_^)♪
    イメージ 6
     
     
     
     
    ・・・残念ながらこの曲の映像そのものはNHKアーカイブスにも無く、
    見ることはできませんでしたが、
    先生のお名前でクレジットされた6曲中、4曲がすでにDVD化済み。
    まだなのは「エントツそうじの男の子」と今回の「星と虹と」のみです。
    いずれこの2曲が発売されることもほぼ間違いないでしょう。
    先の長い話ですが、とても楽しみです(*^o^*)
     
    ところで、「木馬座」で検索すると31曲(!)がヒットするのですが、
    発売どころか、どれもまだ映像自体が見つかっていません。
    こちらも、気を長~くして待ってみたいと思います(^_-)-☆
     
     
     
    ◆NHK みんなのうた
    :「藤城清治」検索結果
    :星と虹と
    :「木馬座」検索結果
    :NHKみんなのうた 第1集(「雪とこども」収録)
    :NHKみんなのうた 第3集(「ゆりかごのうた」収録)
     
    ◆日本コロムビア
    :暮部拓哉 / NHKみんなのうた「HANA」【DVD付】(「大きな月」も同時収録)
     
    ◆Amazon
    :NHKみんなのうた「HANA」(DVD付)Single, CD+DVD, Maxi (中古のみ)
     
    ◆過去記事
    :幻の「みんなのうた」が倍増!
    :NHKみんなのうた その1 「HANA」(キャプチャ画像あり)
    :NHKみんなのうた その3(「エントツそうじの男の子」キャプチャ画像あり)
    :みんなのうた新春スペシャル!(「ゆりかごのうた」動画あり)
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
    藤城先生と亜季さんから、
    バレンタインカードをいただきました♪
    どうもありがとうございます(^o^)
     
     
     
    表に、子猫の頃のラビちゃん。
    彼はどんなところにいるのかというと・・・
    イメージ 1
     
     
     
    すてきな花瓶の陰(^_-)-☆
    匂い立つような華やかな彩りに、春が訪れたような気分♪
    イメージ 2
     
     
     
    ちなみにこの作品は、
    女優の八千草薫さんからいただいた花を今年のお正月に描いたもの。
    (この頃はまだ腰をいたわっていらっしゃる感じですね)
    イメージ 3
     
     
     
    上品な色合わせに八千草さんのセンスがしのばれます(^_^)
    イメージ 4
     
     
     
    ◆藤城先生と那須の年末年始(追加画像あり)
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

    2月15日に藤城清治美術館で行なわれた、ケロヨングリーティングの様子です。
     
     
    この日はバレンタインデーの翌日。
    というわけで、1日遅れのチョコレートがケロヨンからみなさんに配られました♪
    イメージ 1
     
     
     
    お父さん、めちゃくちゃうれしそうですね(^_^)
    イメージ 2
     
     
     
    今回も、子どもたちとハイタッチ!
    イメージ 3
     
     
     
    ケロヨンにおへそを見せてもらう女の子。
    うん? ケロヨンにおへそあったっけ??(^_^;)
    イメージ 4
     
     
     
    ここでもハイタッチ!
    こんなに大きなお顔でも子どもが怖がらないなんて、
    やっぱりケロヨンのやさしさが伝わるんですね(*^_^*)
    イメージ 5
     
     
     
    おばあさんには、そっと握手♪
    窓の向こうで、さっきの女の子が名残り惜しそうに見つめてます。
    きっとケロヨンを気に入ってくれたんですね。
    イメージ 6
     
     
     
    ケロヨンファンの方が2階から手を振ってます。
    まるで「ロミオとジュリエット」のバルコニーの場面みたい!?
    イメージ 7
     
     
     
    グリーティングの日は、ケロヨンとの記念写真を撮影して、
    スタッフがご自宅まで送ってくれるそうです。
    それにしても、子どもたちはなかなかカメラを見てくれなくて、
    シャッターチャンスはむずかしそ~(^^;)
    イメージ 8
     
     
     
    こちらが今回のハイライト。
    猫のモニュメントのポーズをバッチリ決めるケロヨンなのですが、
    なんと、ここにはケロヨン、猫、こびとの3大キャラクターが勢ぞろい!!
    イメージ 9
     
     
     
    ほら、ここにしっかりこびとがいます。
    イメージ 10
    この3人がおそろいのものはとても貴重!
    しかも今回は、
    本物のケロヨン、ブロンズ像の猫とこびとという、ひねりの入ったバージョンです。
     
     
     
    これまでに3人勢ぞろいのものはたったの3つ。
    まず最新作は、去年の教文館展のために作られた作品で、
    「生きる奇跡」。
    これはご自分が90歳まで生きてきたことに対する、
    感慨の込められたタイトルなのでしょう。
    イメージ 11
     
     
     
    2番目は昇仙峡影絵の森美術館にあるもの。
    上の作品が作られるまでは、これが唯一の3人勢ぞろいの影絵でした。
    イメージ 12
     
     
     
    そして最後は、1970年代 木馬座プログラム表紙のイラスト。
    おそらくこれが最初の”勢ぞろい”作品。
    ブーヨン、サンタ姿のこびと、ケロヨンで、
    3人そろった絵を見た子どもたちは、さぞかしワクワクだったことでしょう(^_^)
    イメージ 13
     
     
     
     
    ・・・藤城清治美術館ブログによれば、来月もケロヨンがやって来るとのこと。
    発表があり次第、お知らせしますね(^_-)-☆
     
     
     
    ◆藤城清治美術館ブログ
    :2月15日(日) ケロヨン 雪の美術館に登場!! 
     
    ◆過去記事
    :「ニューフェイスの猫たち!」藤城清治美術館一周年記念トークショー<5> 
    :教文館「藤城清治 卆寿記念90展」 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
     
    ようやく玉屋のホームページでも、
    サイン会が発表されました(^o^)
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
    ・・・藤城事務所からの発表はまだないものの、
    玉屋からは案内状が届き、今回ホームページにも掲載されましたので、
    これで安心(^o^)v
     
    なおこの情報は、総小判さんからいただきました。
    今回も本当にどうもありがとうございますm(_ _)m
     
     
     
    ◆佐世保玉屋
    :7階大催場
     
    ◆過去記事
    :退院して最初のサイン会♪(開始時刻判明!)
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
     
    前半は長崎と福岡での影絵展がメイン。
    サイン会は佐世保版画展を含め、
    なんと12回!!
     
     
     
     
    今年もロケットスタート!
    目くるめく1年の始まりです(^o^)
    イメージ 1
     
     
     
    ・・・「前半」があるということは、当然「後半」もあるはず。
    はてさて、それはどこなのでしょう?
    教文館はまず間違いなし。
    大阪は今年もある?
    そしてほかにも??
    う~ん、興味と妄想は尽きませんね~(^_^;)
     
    なおこの情報は、総小判さんから教えていただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m
     
     
     
    ◆藤城事務所ブログ
    :2015年前半のスケジュール
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

    藤城事務所から、永久会員の改定内容が発表されました。
     
    イメージ 3
     
    ・・・とても筋の通った内容になっているようです。
    が、老婆心ながら少しだけ説明を付け加えさせていただくと・・・
    イメージ 1
     
    ・・・だいたいこんな感じの内容になると思います。
    なお、退会を希望した場合に会費全額が返金される「近年入会された方」の、
    「近年」が何年前までを指しているのかがはっきりしておらず、少々気になります。
     
     
    こちらは、これからのファンクラブの特典と会費です。
    イメージ 2
     
    ・・・特典内容はほとんど従来どおりのようですが、
    ただ1つだけ、「会報」の発行についてはなにも書かれていません。
    廃止になってしまったのでしょうか?(汗)
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
     
    次回のケロヨン・グリーティングが、
    早くも発表されました
    日時は3月7日(土)の
    11:0013:00です
     
     
     
    冬の寒さもなんのその!
    きっとまたケロヨンが大活躍することでしょう(^_^)
    イメージ 1
     
     
     
    ◆藤城清治美術館ブログ
    :グリーティング
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

    2月3日節分の、藤城事務所の様子です。
     
     
    迫り来る恐ろしい鬼たち!?
    青鬼さんのアゴヒゲが、迫力をいっそう引き立ててます。
    イメージ 1
     
     
     
    その鬼たちを返り討ちにせんとする、我らが藤城先生!!
    イメージ 2
     
     
     
    必死の形相で豆を・・・あれ? にこやかでいらっしゃいますねぇ~(^_^;)
    イメージ 3
     
     
     
    こちらは豆まきのあとの様子でしょうか。
    先のものと併せ、この2枚が退院した先生の初お披露目の姿♪
    とてもお元気そうでいらっしゃいます(*^o^*)
    イメージ 4
     
     
     
    そしてこれは、テーブル上の制作中の影絵。
    縦にして色補正もしてみたのですが、
    いったい何の作品なのでしょう?
    イメージ 5
     
     
     
    そういえば2枚目の写真にも影絵が写っています。
    イメージ 6
     
     
     
    これも縦にしてみると、
    側面の文字は「聖フランシスコ 教会をたてなおす」と読めます。
    イメージ 7
    フランシスコが荒廃した聖ダミアノの教会で祈っていると、
    「フランシスコよ、わが家を建て直せ」
    という声が聞こえ、
    彼はその家とは自分が今祈っている「聖ダミアノ教会」だと確信し、
    立て直しをしたのだそうです。
     
     
     
    アトリエ内をよく見ると、そこら中に「聖フランシスコ」がいっぱい。
    イメージ 8
     
    イメージ 9
     
     
     
    ・・・先生は今、遅れていた「聖フランシスコ」制作に、
    完成を目指し没頭していらっしゃるようです。
    ということは、絵本発売は今年後半?
    またこれらの影絵は、
    キリスト教と縁の深い長崎展で公開されるのかも?!
    だとすると、もう一方の福岡展ではどんな新作が??
    相変わらず興味は尽きません(^o^)
     
     
     
    ◆光の散歩 清治 亜季 影のおしゃべり
    :鬼は外! 福は内!
    (日付が2月3日になっていますが、実際にアップされたのは、2月21日です)
    ◆アッシジの聖フランシスコ証聖者
    http://www.inori-no-sono.com/assisi/furansisuko.html
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
     
    長崎と福岡の、
    サイン会日程が白紙に戻りました。
     
     
     
    現在すでに、藤城事務所ブログの該当記事も削除されています。
    但し、サイン会が行なわれないということではないようなので、
    新たな発表を待ちましょう♪
    待てば海路の日和あり(^_-)-☆
     
    イメージ 1
     
     
     
    なお、佐世保でのサイン会は予定どおり開催されます。
    ほら、このとおり(^_-)-☆
    ↓↓↓
    イメージ 3
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
    ◆佐世保玉屋
    :7階大催場
     
    ◆過去記事
    :今年前半のスケジュールが発表されました!(サイン会日程未定に変更) 
    :サイン会、佐世保玉屋ホームページで正式発表! 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

    最近ネットオークションに出品されたものの中で、
    本物かどうか、大いに悩まされたものがありました。
    それがこの3点。
     
    イメージ 5
     
    イメージ 6
     
    イメージ 7
     
    イラストの方は、
    ほとんど藤城先生のタッチそのものと思われるほどの出来映え。
    それぞれの目も活き活きとして見えます。
     
    でも気になるのはサイン。
    いずれも「F」の字をカーブを描かせながら長く伸ばし、
    その中に収まるように「藤城清治」とお名前が書かれています。
    このようにデザインされたサイン、見掛けた記憶がありません。
     
    つまり、この3点はニセモノにしては上手過ぎるし、
    でも本物にしてはサインがどうも腑に落ちないという、
    摩訶不思議な作品。
    ちなみに、1枚目の猫の色紙には「1983.5.18」という日付けが記載されているので、
    同じ書き方のサインである残りの2枚も、その頃のものと考えられます。
     
    そんなわけで、
    実は2ヶ月ほど頭の中を「?」でいっぱいにしながらあれこれ探していたのですが・・・
     
    本日ついに手掛かりを発見!
    イメージ 1
     
     
     
    サインを拡大してみました。
    小さなスペースに書かれているのであまり強調されていませんが、
    たしかに「F」を伸ばして、先生のお名前がそこに収まるようにしてあります。
    また、上の画像のサインの日付けも1982年で、3枚の色紙とほぼ同じ時期です。
    イメージ 2
     
     
     
    ご参考までにこのプログラムは、
    サイン日付けと同じ1982年の、夏休み公演のものでした。
    イメージ 3
     
     
     
    なお色紙の出品者は、説明文で「藤城清治筆」と明記。
    よほど自信がおありだったんですね。
    (画像の右下をクリックすると、拡大できます)
    イメージ 4
     
     
     
    ・・・なにはともあれ、これでようやく大きな疑問が解けました(^o^)/
    これらの色紙を落札された方々、遅れ馳せながら、おめでとうございます♪
    3点とも間違いなくとてもレアなお宝。
    どうかいつまでも大切になさってください。
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

    現在次の3点の、「藤城清治」と題された”油絵”がヤフオクに出品されていますが、
    これらは全て、藤城先生の描いたものではありません。
    出品者は、真贋が不明なので”模写”として出品するなどと語っていますが、
    真贋は明明白白。
    先生は戦後間もない1940年代後半までしか油絵を描いておらず、
    その後は一切描いていないと、
    藤城清治美術館館長であり、藤城先生の令嬢である藤城亜季さんから、
    はっきりと言質をいただいております。
    つまり、1980年代以降の影絵を”油絵”にしたこれら3点は、
    先生の影絵をほかの誰かが模写しただけのもの。
    もちろんサインもご本人の筆跡ではありません。
    そもそも、影絵という作品がありながら、
    どうして先生ご自身がそれを模写する必要があるでしょうか??
    模写は、単に誰かが贋作は影絵では作れないからやむを得ず油絵にした、
    というだけに過ぎません。
     
     
    イメージ 1
     
    イメージ 2
     
    イメージ 3
     
     
     
    ・・・いずれの”油絵”にも、すでに複数の入札がされていますが、
    ゆめゆめ藤城先生の真筆と思ってお取引きすることのありませんように。
     
    なお、藤城亜季さんにはいつもこのブログをご覧いただいておりますが、
    この件に関しては看過できないことから、
    あらためて僕の方からもご報告をする所存です。
     
     
     
    ◆ヤフオク
    :■ 藤城清治 ■ 虹はぼくの橋 ■ 油彩画・10号・新額
    :■ 藤城清治 ■ 角笛と少年 ■油彩画・10号
    :静物画 ▊▊  油絵 額付き 藤城清治
     

    ◆過去記事
    :誰の絵でしょう? その5
    http://blogs.yahoo.co.jp/lightandshadow7111/33463094.html
    :「誰の絵でしょう? その5」の続き(後日談)
    http://blogs.yahoo.co.jp/lightandshadow7111/33465478.html

    :誰の絵でしょう? その6
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
     
    なんと、ケロヨンのキャラ弁を作った方がいらっしゃいました(@。@)
    ありそうで、今までなかったアイディアです。
    イメージ 1
    その方のハンドルネームは、ずばりケロヨン!
    カエルが大好きでいらっしゃるそうです。
    キャラ弁のケロヨンは絶妙にアレンジされながらも、
    赤い靴や、なんといっても特徴的なとんがった口までも作られていて、
    素晴らしい出来映え!!
     
    そのレシピもていねいに公開されていて、
    見た目以上に複雑でしかも凝った内容なのが分かります。
    たとえば胴体にはハンバーグが隠されていますし、
    イメージ 2
     
     
     
    その上には目玉焼きが乗って、
    ふっくらしたケロヨンのお腹が上手に表現されてます♪
    (つまり、ロコモコ弁当 ^_^)
    イメージ 3
     
     
     
     
    ・・・こんな素敵なお弁当を作ってもらえるお子様がうらやましいです。
    ケロヨン弁当、自分でチャレンジしてみようかな~?!(*^_^*)
     
     
     
    ◆こうたのお弁当アルバム
    :キャラ弁のご縁!てぶケロのロコモコ弁当~私がケロヨンな訳
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0
  • 02/25/15--11:00: 装丁は「月光の響」
  •  
     
    「月光の響」が、
    道尾秀介さんの小説「ノエル」の
    表紙絵になりました
     
     
     
    発売は明日2月27日。
    イメージ 1
     
     
     
    道尾さんのツイッターによると、
    以前から藤城先生のファンでいらっしゃるとのことで、
    今回の装丁も、ご本人の希望によるものかも?!
    イメージ 2
     
     
     
    ちなみに、こちらは帯無しの状態です。
    シンプルで実に大胆なデザイン。
    イメージ 3
     
    お恥ずかしながら、僕は道尾さんの小説を読んだことがありませんでした。
    でもツイッターに寄せられたコメントには、
    「月光の響」は「ノエル」のイメージにピッタリと書いてありましたので、
    この機会にぜひ読んでみたいと思っています(^_^)
     
    なお余談になりますが、
    「月光の響」には2種類が存在するので、
    今回の装丁にはどちらが採用されているのか、ちょっと興味津々です。
    (2種類の違いで一番分かりやすいのは、水面に映るこびとの顔です)
     
    <旧作>
    イメージ 5
     
    <新作>
    イメージ 4
     
     
     
     
    末筆ながら、
    今回の装丁についての情報は総小判さんからいただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m
     
     
     
    ◆道尾秀介さんTwitter
    :2月22日
     
    ◆Amazon
    :ノエル: -a story of stories- (新潮文庫 み)文庫
     
    ◆過去記事
    :2種類の「月光の響」
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
     
    3月7日(土)の朝8時からの
    テレビ朝日「旅サラダ」で、
    藤城清治美術館が紹介されます!
    旅人は五月みどりさん。
     
     
     
     
    亜季さんのブログ記事です↓
    イメージ 1
     
     
     
    ・・・3月7日といえば、ケロヨングリーティングの日でもあります♪
    那須の宿で「旅サラダ」を見て美術館へ、というのが最高のコースですね(^_^)
     
     
    ◆朝日放送 旅サラダ
     
    ◆光の散歩 清治 亜季 影のおしゃべり
    :グリーティング
     
    ◆過去記事
    :3月のケロヨン・グリーティング発表!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

older | 1 | .... | 20 | 21 | (Page 22) | 23 | 24 | .... | 79 | newer