Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Channel Description:

美しい影絵の世界をご紹介しています。 少々マニアックなブログではありますが、お楽しみいただければ幸いです。

older | 1 | 2 | (Page 3) | 4 | 5 | .... | 79 | newer

    0 0

    明日(というかもう今日ですが)、いよいよ岩手県花巻市での影絵展が始まります♪
     
    というわけで、おそらくは今夜の展示会場設営中の模様やコメントが藤城事務所ブログに載りました。
     
    まずはコメント。
    イメージ 1
     
     
     
     
    そして現場での藤城先生の制作風景。
    何の絵なのでしょう?
    イメージ 2
     
    水玉靴下がカワイイです^o^
     
     
     
    はて、この電柱から生えてる”足”は何??
    イメージ 3
     
     
     
    こちらでは、来場者を迎えるメッセージ。
    イメージ 4
     
     
     
     
    ・・・新作は「風の又三郎」の連作のみかと思ったらほかにもあるとのことで、かなり力がこもっている様子。
    見に行くのがとても楽しみです^o^
     
     
     
    ◆藤城事務所ブログ:銀座・教文館&花巻市博物館 展覧会オープン
    ◆花巻市博物館
    ◆過去記事:「東日本影絵街道」が出現します^o^/
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0
  • 09/08/13--20:47: 花巻の影絵展 続報
  • イメージ 2


    宮沢賢治にちなんでの花巻展、「風の又三郎」原画以外にもサプライズ!
    オープン前日の様子なのですが、
    上の画像は「銀河鉄道の夜」の1場面で、
    カンパネルラやジョバンニの姿が見えてます(^_^)
    でもこれはミニ影絵劇なのでしょうか?
    それとも走馬灯のようなもの??
    答えは来週 自分の目で見て確かめて来てお知らせしますね(^_^)v

    なおこの画像には、
    入念にチェックする藤城先生が、左の方にさりげなくいらっしゃいます(*^_^*)


    岩手日報の記事には、もう少し詳しいことが載っています。
    イメージ 1




    末筆ながら、この画像も総小判さんからいただきました。
    いつも本当どうもありがとうございますm(__)m
     
     
     
    ◆岩手日報
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

    少々お話はさかのぼりますが、
    去る7月24日、巖谷小波文芸賞の授賞式があり、
    藤城先生が同賞を授かりました^o^
     
    受賞理由は、
    「光と影で創造する独自の世界をとおして、
    多くの人々に感動を与え続けてきた影絵作家としての70年に亘る芸術活動に対して」
    とのことです。
     
     
    受賞してのスピーチをする先生。
    ごく自然体で、とても穏やかな表情でいらっしゃいます。
    イメージ 1
     
     
     
    この日のハイライトシーン、表彰状の授与♪
    イメージ 2
     
     
     
    花束の贈呈式。
    僕も出席して、花束を差し上げたかったです。
    あ、でもこの場は、やはり女性がふさわしいですね^v^
    イメージ 3
     
     
     
    みなさん揃って、ハイ、チーズ。
    イメージ 5
     
     
    会場内の様子ですが、
    中央には藤城先生の姿が♪
    イメージ 4
     
     
     
    ・・・巖谷小波氏は、現在ではあまり知られていないかもしれませんが、
    日本の児童文学はこの方から始まったと言えるほどのすごい人物。
    巖谷氏の名を冠する賞を先生が受けることは、誠にふさわしいことと思います。
     
    藤城先生、巖谷小波文芸賞授賞 どうもおめでとうございました!
     
     
    なお末筆ながら、今回の情報も総小判さんからいただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m
     
     
     
    ◆日本青少年文化センター:第36回(2013)巖谷小波文芸賞受賞者
    ◆過去記事:藤城先生、巖谷小波文芸賞を受賞
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

    今週末14日(土)から、いよいよ大阪で影絵展が始まります!
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
    72日間のロングラン、
    関西テレビと産経新聞が主催と、
    ものすごく力のこもった影絵展になりそうです^o^
    さぞかし展示の質も量も充実したものになっていることでしょう。
    イメージ 2
     
     
     
    チケットはすでに前売りが始まっています。
    少々お高く感じるかもしれませんが、入ってみればお値段以上の感動に浸れること間違いなし!^^v
    イメージ 3
     
     
     
    会場は海遊館のお隣り。
    ご家族連れには実にいいコースですね~♪
    どちらも時間をかけてゆっくりじっくり眺めたい場所なので、
    ハシゴをするときは朝一番からのお出掛けがいいかもしれません。
    (天保「山」という地名なので、影絵展会場はてっきり山の方なのかと思ってました^^;)
    イメージ 4
     
     
     
    すでにサイン会の日も決定しています!
    合計8回。
    この回数からも、今回の影絵展への藤城先生の意気込みが感じられます。
    イメージ 5
     
     
     
    ・・・僕も、10月の終わりか11月初めのサイン会の日、天保山影絵展に馳せ参じたいと思っています*^o^*
     
     
     
    ◆関西テレビ放送:藤城清治ファンタジー展 光の贈りもの
     
    ◆大阪文化館・天保山:藤城清治ファンタジー展 光の贈りもの
     
    ◆過去記事
    :<動画>藤城先生 in 関西テレビ
    :<動画>藤城先生 in 関西テレビ 2
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

    ノアの箱舟は、何十年にも渡って藤城先生が繰り返し描いている重要なモチーフ。
    今回は、藤城清治美術館の教会にこのモチーフが描かれていることにちなんで、
    「箱舟」をできるだけ多く集めてみました。
    (画像の右下をクリックすると拡大できます)
     
     
    まずはその教会に飾られたものから。
    これが一番新しい「箱舟」です。
    1枚目は日中に室内から見た様子で、透過光の美しさが際立っています。
    イメージ 1
     
     
     
    2枚目は屋外から見た夜のもの。
    こちらは落ち着いた色調に彩られ、深い味わいに満ちています。
    イメージ 2
     
     
     
    絵本「天地創造」。
    箱舟の建造から苦難に満ちた旅が終わるまでが描かれており、これはその1枚目。
    周りから笑いものになりながらも、建造はそれでも続いています。
    イメージ 10
     
     
     
    動物たちの乗船です。
    空にはすでに嵐の兆しが見え、風雲急を告げています。
    イメージ 11
     
     
     
    洪水の中をゆく舟。
    嵐の中を木の葉のように漂う様が、生々しく描かれています。
    イメージ 12
     
     
     
    上の作品をさらに作り込んだものでしょうか。
    船の周りに取り残された動物や風景が描き足されていて、
    よく見ると雷鳴までも轟いています。
    イメージ 13
     
     
     
    こちらの1枚は「月刊キリスト」表紙を飾った、最初の箱舟。
    1950年後半から60年代前半に描かれたものです。
    実に60年もの間、先生は「箱舟」を描き続けているんですね!
    イメージ 9
     
     
    上の作品の次に制作されたと思われるもの。
    40年ほど前の影絵です。
    動物たちの描写はメルヘン調ですが、嵐の表現はこれが最も激しくなっています。
    イメージ 3
     
     
     
    嵐が過ぎ去り、アララト山にたどり着いたノアの箱舟。
    イメージ 4
     
     
     
    この場面も繰り返し描かれており、
    イメージ 5
     
     
     
    両脇に鏡を置いたこの作品でクライマックスを迎えます。
    漆黒の山肌が、とても美しいですね。
    イメージ 6
     
     
     
    そして陸に降りた動物たち。
    イメージ 7
     
     
     
    祝福を与えるかのような光が、とても印象的です。
    イメージ 8
     
     
     
     
    ◆過去記事
    :「月刊キリスト」表紙より -クリスマスにちなんで-
    :藤城清治美術館 訪問記<4>(教会・ステンドグラス)
    :藤城清治美術館 図録より(3) -教会・ステンドグラス-
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

    イメージ 1
     
     
    以前にお話した「東日本影絵街道」へ、明日から旅立ちます^o^/
    スケジュールはこんな感じ。
    イメージ 2
     
     
    ご覧のとおり、実質4日間で5ヵ所巡り。
    超ハードです(汗)
    しかも、台風襲来!+_+
    イメージ 3
     
     
    那須から郡山を経由して仙台へ向かう16日午前に、その那須に台風最接近>_<
    果たして5ヵ所すべてを無事に制覇できるのでしょうか??(大汗)
    けれどサイはもう振られました。
    あとは神のみぞ知るぅ~^^;;
     
    ではではみなさん、行ってまいりま~す^v^♪
     
    あ、末筆ながら、みなさんも台風にはくれぐれも気をつけてくださいね。
     
     
     
    ◆過去記事:「東日本影絵街道」が出現します^o^/
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

    きのうの大阪展オープンの画像をいただきました♪

    わくわく玉さん、どうもありがとうございます(^_^)


    テープカットで、いよいよ開催!

    イメージ 1




    新作の前で、自ら来場者に作品の説明をする藤城先生。
    この女性はめちゃめちゃラッキーですね(@_@)
    しかもそれが新聞に載るなんて、一生もののお宝です!

    イメージ 2




    上の写真部分。
    にこやかにお話していらっしゃる先生の表情がよく分かります。

    イメージ 3



    ・・・天保山、初日からすごく盛り上がったようですね。
    早く僕も駆けつけたいです。

    0 0
  • 09/16/13--07:53: 影絵ストッキング 1
  • 藤城清治美術館で見つけた新しいグッズ、
    影絵ストッキング♪
    言うまでもなく女性用なので、買うときちょっと勇気が要りました。
    もちろん、僕は使いませんよ~(^_^;)

    イメージ 1




    履いたらこんな感じ♪

    イメージ 2



    なおこのモデルは藤城美術館の関係者の方。
    もちろん、ご本人の了承を得ての撮影ですよ(^_^)v

    気になるお値段は3,990円と、ちょっぴりお高めですが、
    女性 影絵ファンのマスト・アイテムなのでは?!
    (と言いつつ僕も買ってしまいましたが(^m^;))

    厚みは50デニールと80デニールの2種類。
    実は絵柄にももう1種類あるのですが、そちらはまた後日。

    0 0
  • 09/19/13--09:29: 影絵ストッキング 2
  • 前回に引き続いてのストッキング。
    こちらは肌色で、ナチュラルな感じです。
     
     
    イメージ 1
     
     
     
    いろんなところに影絵の絵柄が描かれているのですが、
    一番の見せ所はこちら♪
    イメージ 2
     
    この2匹はふくらはぎの裏側、足首近くに描かれています。
    もうお分かりですよね。
    言わずと知れた、藤城清治美術館の玄関ドアです^o^
    イメージ 3
     
     
    ・・・この扉絵がグッズになったらいいなと思ってたんですが、
    まさかストッキングになるとは!
    意表を突くアイディアですね@_@
    お値段はもう1つのものと同じく、3,990円。
    50デニールと80デニールの2種類があります。
     
    ちなみに、この同じ絵柄で近々ノートも発売されるそうです^^v
     
     
    ◆過去記事
    :影絵ストッキング 1
    :藤城清治美術館エントランスの原画
    :額装しました
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

    11月1日から公開された、藤城清治美術館の展示替え内容については、
    実際の内容が今ひとつ判りませんでしたが、今回ようやくはっきりしました^o^
    この情報を送っていただいた総小判さん、いつもどうもありがとうございます。
     
     
    こちらがその詳細!
    下野新聞の記事です。
    ↓↓↓
    イメージ 1
     
     
    まとめてみると、
     
    1.現在の新たな展示作品は10点で、クリスマスがテーマ
    2.さらに数点を追加展示予定(日程&内容は不明)
    3.11月中旬に、タテ3mの新作「メリークリスマス 光の祈り」展示
    4.敷地内にイルミネーション点灯予定(新作展示と同時期か?)
     
    ・・・ということになります。
    もしかしたら、このほかにも何かサプライズがあるのかも?!
     
    ちなみに、上の画像に写っているのはこの作品。
    「クリスマスの鐘」です。
    (ぜひ画像の右下をクリックして、拡大してご覧ください。大迫力です)
    イメージ 2
     
     
     
    ・・・これからの季節も、藤城清治美術館からは目が離せませんね(^_-)-☆
     
     
     
    ◆下野新聞:ステンドグラス、一足先にクリスマス気分 那須の藤城清治美術館
     
    ◆藤城清治美術館
     
    ◆過去記事
    :DVD「クリスマスの鐘・マッチ売りの少女」
    :クリスマス作品集(東京出張報告その5)
    :クリスマス作品集2
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

    2日から、教文館のハウス・オブ・クリスマスが始まりました♪
     
    こちらは今年のハウス・オブ・クリスマスのために作られた新作影絵と、
    テープカットする藤城先生のお姿。
    イメージ 1
     
     
     
    もう1枚、テープカットの様子。
    先生は、クリスマスに合わせて赤いタートルネックです。
    おだやかな表情をしていらっしゃいますね^_^
    イメージ 2
     
     
     
    今日の白眉は、先ほどの新作の全景です!
    夢にあふれててワクワクしてしまう作品^o^
    これを見ていると、小さかった頃のクリスマスのうれしさが蘇ってきます。
    それにしても、なんとダイナミックな構図なのでしょう@_@
    (画像の右下をクリックすると、拡大できます)
    イメージ 3
     
     
     
    今回の新作は、1970年代に作られたこの作品をベースに、
    さらにパワーアップしたもの。
    見比べてみると、いろんな部分がリニューアルされているのが分かり、
    2倍楽しむことができます^^v
    イメージ 4
     
     
     
    ・・・現地情報によると、
    影絵のコーナーには、来年の藤城事務所カレンダーの絵柄になっている作品が、
    12枚飾られているそうです。
    こちらも見逃せませんね(^_-)-☆
     
    なお、1、2枚目の画像とハウス・オブ・クリスマスのネット情報は総小判さんから、
    新作の画像と現地情報はファンクラブの友人から、
    それぞれいただきました。
    お二人とも、いつも本当にどうもありがとうございます!!
     
     
     
    ◆ようこそ教文館のクリスマスへ
     
    ◆MOEツィッター
    :教文館 ハウス・オブ・クリスマス
     
    ◆クリスチャン新聞
    : 教文館ハウス・オブ・クリスマス11月1日から 藤城清治の新作も展示
     
    ◆過去記事
    :こびとサンタ in 教文館(東京出張報告その2)
    :ミニ影絵展 in 教文館(東京出張報告その3)
    :教文館エトセトラ(東京出張報告その4)
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

    藤城先生のトークショー開催のニュースが飛び込んできました♪
     
     
    画像の右下をクリックすると、文字が大きくなります↓
    イメージ 1
     
     
     
    ・・・先着100名は、平日とはいえかなりの狭き門。
    ファンの方は、有給休暇を取って早起き!が必須条件ですね(^_-)-☆
     
    なおこの情報は総小判さんとわくわく玉さんからいただきました。
    お二人とも、本当にどうもありがとうございます^o^
     
     
     
    ◆関西テレビ放送 お知らせ:藤城先生のトークショーを緊急開催
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

    11/3にBSフジで放送された「まいど!ジャーニィ~」に藤城先生が出演!
    ジャニーズと先生という、超・異色の顔合わせです^o^
    若い子に囲まれ、先生はノリノリ♪
    インタビューはもちろんですが、一番最後が特に必見です(^_-)-☆
     
    なおこの動画も、総小判さんからいただきました。
    先生の素晴らしい表情を見せていただき、本当にありがとうございます!!!
     
     
    上の画面をクリックして見られない場合は、こちらからどうぞ↓
     
     
     
    ジャニーズをお相手に、とても楽しそうでいらっしゃる藤城先生。
    なんと年齢差は70歳以上!@_@
    イメージ 1
     
     
     
     
    イメージ 2
     
     
     
     
    イメージ 5
     
     
     
     
    イメージ 6
     
     
     
    飼っていらっしゃるワライカワセミの真似をする先生。
    イメージ 7
     
     
     
    よく見ると、その手には赤や緑の部分が。
    右の人差し指にはキズバンも。
    アトリエから直行していらっしゃったのかもしれませんね。
    イメージ 8
     
     
     
    ジャニーズのメンバーは、先生から直々に影絵の解説を聞かせてもらってました。
    うらやまし~!
    僕もジャニーズに入ればよかった(笑)
    イメージ 9
     
     
     
     
    イメージ 10
     
     
     
    「タッチしてね」の作品をタッチするジャニーズの面々。
    イメージ 11
     
     
     
    彼らと間接タッチしたい方は、ぜひどうぞ♪
    ちなみに藤城先生もタッチしていらっしゃったので、
    先生とも間接タッチできますよ^^v
    イメージ 3
     
     
     
    これが今回の名場面!!
    キャプチャを見ただけじゃ分かりませんが、動画を見るとビックリ@_@
    テレビを見てて椅子からコケそうになったファンの方もいらっしゃるくらいです。
    キーワードは「ジャ~ニ~」^o^
    イメージ 4
     
     
     
    ・・・藤城先生×ジャニーズと聞いて、どんな番組になるんだろう?と思ってましたが、
    期待をはるかに上回る楽しさ^^v
    藤城先生の若々しさに今回も脱帽です*^o^*
     
     
     
    ◆過去記事
    :11/3 BSフジ「まいど!ジャーニィ~」に藤城先生出演!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

    前回にご紹介した「まいど!ジャーニィ~」の台本を、
    藤城事務所からいただきました^o^
    藤城亜季さん、いつもどうもありがとうございます♪
    (もちろん、ブログへの掲載も亜季さんの許可をいただいています)
     
     
    イメージ 9
     
     
     
     
    これは「ロケスケジュール」なるもの。
    こういったものを拝見するのは初めてなので、興味津々です♪
    たとえば作品鑑賞部分の収録は、
    実は藤城先生とのトーク部分よりも先だったんですね@_@
    (だから作品観賞の時の雰囲気は、まだちょっぴりぎこちなかったのかも?)
     
    イメージ 1
     
     
     
    ここからが台本の本文。
    アドリブと思っていたセリフまでが台本の通りのものだったりでビックリですが、
    放送内容と台本の一番の違いは、
    藤城先生が解説する影絵の枚数が台本よりも放送の方が少なかったこと。
    本番で紹介枚数が減ったのは、
    きっとトークの時間が大幅に長くなったから。
    それほどまでにトークの時の先生はノリノリで、
    普段は拝見できない素顔をたっぷり見せていただきました(^_^)v
     
     
    イメージ 2
     
     
    イメージ 3
     
     
    イメージ 4
     
     
    イメージ 5
     
     
    イメージ 6
     
     
    イメージ 7
     
     
    イメージ 8
     
     
     
    ・・・意外なところまで、あちこち台本に書かれたままのセリフだった中で、
    藤城先生の回答部分だけは全てアドリブ。
    なのにあんなに楽しいお話が次々出てきたなんて、
    先生は本当にご機嫌だったんですね(^_^)

    番組の動画は1つ前の記事にアップしてありますので、
    ご覧になりたい方はぜひどうぞ♪
     
    ◆過去記事:<動画>まいど!ジャーニィ~

     
     
     


     
     

    0 0

    今日おこなわれた、藤城先生のトークショーの模様が判りました^o^/
     
    この写真は、ファンクラブのわくわく玉さんからいただいたものです。
    今回も貴重なものをいただき、どうもありがとうございます♪
     
     
    赤い絨毯と万幕の前でのトークショー。
    想像以上にしっかりとしたステージで行われたんですね。
    聞き手は、関西テレビのアナウンサーの方だそうで、
    すごい力の入りよう!
    お膳立てに抜かりはありません^^v
    イメージ 1
     
     
     
    藤城先生は、今日は珍しくスーツ姿。
    でも生地はビロードです♪
    いつもながらダンディですね^_^
    イメージ 2
     
    参加できたワクワク玉さんやニコルさんのお話によれば、
    先生は徹夜明けでそのまま大阪入りしたとか。
    相変わらずの超・タフガイでいらっしゃいます@_@
     
     
     
    そしてこれは、おそらくサイン会が始まる時の様子。
    トークショーが聞けて、しかも突然のサプライズなサイン会まで!
    入場できた100名の方々は最高にラッキーですね!!
    イメージ 3
     
     
     
    ・・・なんとも贅沢な、うらやましい限りのイベント。
    有給休暇取って行けばよかった~と、後悔することしきりの今夜の私です^^;
     
     
     
    ◆過去記事:11/13 天保山展でトークショー開催!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

    花巻展の見せ場の一つ、「銀河鉄道の夜」舞台装置の追加画像が、
    藤城事務所ブログに載りました。
    これは花巻展の中で一番ご紹介したかったもの♪
    最大の見せ場です!
    (僕はここで1時間くらい過ごしました^_^)
     
     
    本当は動画でお見せするのがベストなのでしょうが、
    それでもこれらの画像は、
    このセットの生々しさをとてもよく伝えています。
    イメージ 2
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
    イメージ 4
     
     
     
    ちなみにこれは、藤城先生が設営に携わっていたときの様子。
    左端はもちろん、先生です。
    おそらく最終チェックをしていらっしゃるところでしょう。
    イメージ 1
     
     
     
    ・・・宮沢賢治にこだわった花巻展は、ほかの地方展とはまるっきり違っています。
    いわば賢治へのオマージュの世界!
    間違いなく必見です(^_-)-☆
     
    ちなみに花巻展は今週末の17日まで。
    ご用とお急ぎでない方は是非!!
     
     
     
    ◆藤城事務所ブログ
    :花巻博物館の展示を紹介
     
    ◆過去記事
    :7日に花巻の影絵展オープン
    :花巻の影絵展 続報
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

    8月に放送された、日曜美術館「藤城清治89歳の”風の又三郎”」が再放送されます♪
     
     
    イメージ 1
     
     
     
    見逃してしまった方はもちろん、もう一度見たいという方も、この機会に是非!!!
     
     
     
    ◆藤城事務所ホームページ
     
    ◆過去記事
    :<動画>日曜美術館 藤城清治89歳の”風の又三郎”
    :<画像>日曜美術館 藤城清治89歳の”風の又三郎”
    :日曜美術館
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

    来年10月頃に、札幌 芸術の森美術館で影絵展が開催されるそうです♪
     
    これは、13日の大阪展で藤城亜季さんが発表した最新情報。
    北海道のファンのみなさん、よかったですね^o^/
     
     
    芸術の森美術館。
    自然との一体感が素晴らしいです。
    イメージ 1
     
    イメージ 2
     
    ◆札幌芸術の森美術館
    (まだ影絵展のお知らせは載っていません)
     
     
     
    札幌といえば、2011年の秋に藤城先生は時計台をスケッチしていらっしゃいました。
    イメージ 3
     
    イメージ 4
     
     
     
    こちらができあがった「札幌時計台」。
    時計台の古風な佇まいと手前の木々との対比が、なんとも言えず美しいです。
    (画像右下をクリックすると拡大できます)
    イメージ 7
     
    このデッサン制作の頃も北海道での影絵展の噂があったのですが、
    時期がはっきりせず、
    ようやく今回本決まりになったようです。
    ◆過去記事:札幌の藤城先生
     
     
     
    そして北海道といえばこちら、コロポックル影絵美術館!
    高さ9m、幅18mの世界最大の影絵のあるこの美術館を外す手はありません。
    イメージ 5
     
    イメージ 6
     
    僕も来年こそ、影絵展とワンセットでぜひぜひ訪れてみたいです!!
    ◆過去記事
    :光彩陸離 その1
    :光彩陸離 その2
    :コロポックル影絵美術館(1)
    :コロポックル影絵美術館(2)
    :コロポックル影絵美術館(3)
    :コロポックル影絵美術館(4)
    :コロポックル影絵美術館(5)
    :コロポックル影絵美術館(6)
    :コロポックル影絵美術館の動画
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

    急なお話ですが、本日16日(土)の花巻でのサイン会が取り止めになりました。
     
    来場を予定していらっしゃった方は、どうかお気を付けください。
     
     
    藤城事務所ホームページより。
    イメージ 1
     
     
     
    藤城事務所ブログより。
    イメージ 2
     
     
     
    Amazonの「風の又三郎」ページでは、
    すでに発売日が、当初の12月20日から来年1月24日へと変更されています。
    イメージ 3
     
    実は一番最初は11月29日が発売日でした。
    これが二度目の延期なので、
    かなり切羽詰まった状況なのかもしれません(汗)
     
     
    藤城事務所のホームページやブログに載っていた「風の又三郎」制作中の先生です。
    イメージ 4
     
    イメージ 5
     
    イメージ 6
     
    イメージ 7
     
     
     
    ・・・個人的には、
    発売が遅れてもかまわないので、
    先生にはあまり無理をしてほしくありません。
    「又三郎」にはアザミの花が印象的に描かれていますので、
    その花の咲く頃の発売だっていいじゃありませんか(^_-)-☆
    イメージ 8
     
     
     
    ◆藤城事務所ホームページ
     
    ◆藤城事務所ブログ:花巻市博物館サイン会中止のお知らせ
     
    ◆Amazon:「風の又三郎」
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

    藤城事務所ブログに「風の又三郎」を制作する、
    17日(日)の藤城先生がアップされました。
    イメージ 1
     
     
     
    この写真をよく見ると、
    その背景には「又三郎」の未公表作品が何枚か見えています。
    ここでは上の2枚。
    左の鉛筆画は全く見えず不明ですが、右のものは教室内の様子のようです。
    イメージ 2
     
     
     
    こちらにも見たことのない作品が貼り出されてます。
    ・教室内とおぼしきもの:1段目中央と左、2段目中央、3段目右端
    ・又三郎らしき人物:1段目右端
    ・屋外らしきもの:2段目左端。
    ・不明:3段目の右から2枚目、4段目デッサン(これは建物かも?)
    イメージ 3
     
     
     
    ・・・「又三郎」は56ページとのこと。
    2ページに1枚の割合で挿絵が描かれるとすると、その枚数は28枚。
    まだまだ先生の孤軍奮闘は続きそうです(汗)
    先生、どうかくれぐれもお体をお大事になさってください。
     
     
     
    ◆藤城事務所:2014年プレミアムカレンダー発売中
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

older | 1 | 2 | (Page 3) | 4 | 5 | .... | 79 | newer