Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Channel Description:

美しい影絵の世界をご紹介しています。 少々マニアックなブログではありますが、お楽しみいただければ幸いです。

older | 1 | .... | 48 | 49 | (Page 50) | 51 | 52 | .... | 79 | newer

    0 0




    「あじさいと踏切」の謎が、ついに解けました(^o^)/

    この作品の踏切は、遮断機のバーの軸が右側にあります。
    イメージ 1




    でもこの画像では、軸は左側。
    イメージ 2




    一方、踏切の反対側では、
    軸そのものは見えていませんが、上がっているバーから右側と判ります。
    つまり、藤城先生はこちら側からスケッチをされていたのです!
    イメージ 3




    これは、同じバーを線路側から見たもの。
    60年近く前に、この道端に立って先生がペンを走らせていたかと思うと、
    なんだかじ~んと来ます♪
    イメージ 4




    ちなみにほかの踏切作品も、すべて軸は右側。
    イメージ 5

    イメージ 6

    イメージ 7




    ・・・あわや迷宮入りかと思われていた踏切の謎。
    まさかこんなにも鮮やかに解決できるとは、夢にも思いませんでした(@_@)
    大感激です!!(*^o^*)

    なお末筆ながら、
    このパーフェクトな結論は、まゆまゆさんから教えていただきました。
    というか、まゆまゆさんは以前のコメントでとっくに指摘していらっしゃったのに、
    僕が理解できていなかったのでした。
    誠にお恥ずかしい限り(大汗)
    今回も本当にどうもありがとうございますm(__)m

    こちらが以前にいただいたコメントです。
    ↓↓↓
    イメージ 8




    ◆Googleストリート
    :正解の踏切画像

    ◆過去記事
    :「あじさいと踏切」のルーツ(追記あり)
    :「あじさいと踏切」に至るまで











    0 0

    イメージ 1




    今日は「家庭画報」発売の日!
    今回は、都会の夜桜の絵柄のようですね♪



    イメージ 2



    ・・・いよいよ春の作品。
    本屋さんへ行くのが楽しみです(*^_^*)




    ◆藤城清治美術館からのお知らせ
    :『家庭画報』4月号掲載のお知らせ
    http://www.fujishiro-seiji-museum.jp/smarts/index/1/detail=1/c_id=3/page3=1/type014_3_limit=10/#page1_3_213











    0 0




    早々と、新潟展のサイン会日程が発表されました(^o^)

    イメージ 1





    ・・・と、ここまでは、
    「サインは新潟展図録のみ」という点以外はいつも通りなのですが、
    なんと今回は、事前申込みが必要です!
    しかも往復ハガキで!!
    さらには抽選かもしれません(@_@)


    イメージ 2




    ・・・これは前代未聞。
    もしかしてまだ発表のない大阪展も、同じ方法なのでしょうか??(汗)
    そして教文館は???

    なお末筆ながら、この情報は総小判さんからいただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(__)m



    ◆新潟テレビ
    :藤城清治 光のメルヘン展
    https://www.uxtv.jp/event/fujishiro-seiji/











    0 0





    家庭画報に連載中の「光ごよみ、影だより」シリーズが、
    大阪展で展示されます!(^o^)/

    家庭画報4月号の297ページに、明記されていました(^_^)v
    イメージ 1




    1月号「風花、時折」

    イメージ 6



    2月号「若水、初音」

    イメージ 7



    4月号「清明、都桜」

    イメージ 8





    そのほかの展示予定の作品は、
    まずはもちろん「空とぶ楽園」。
    イメージ 2





    大阪といえばお約束の、「日本一大阪人パノラマ」。
    イメージ 3




    そういえば天保山の様子はこの作品にすでに描かれていて、
    「空とぶ楽園」では2度目の登場ですね♪
    イメージ 4




    そして、「銀座いろはかるた」の全45点も。
    こちらも実は、見どころの多い連作。
    近々特集をしてみたいと思っています。
    イメージ 5




    ・・・「光ごよみ、影だより」シリーズは、
    大阪展オープン時には発表済の1~4月号分4点が展示されるのでしょう。
    その後、会期中に家庭画報5月号6月号が発売されるわけですが、
    これらに載る2点は、果たして追加展示されるのでしょうか?
    ずいぶん先の話ですが、非常に気になります(♡_♡)

    なお末筆ながら、
    これらの情報はまゆまゆさんからいただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m



    ◆関西テレビ
    :藤城清治 光の楽園展 作品紹介

    ◆過去記事
    :「家庭画報 4月号」本日発売(2画像追加)
    :最新作「風花」お披露目 
    :新春の藤城清治美術館と「家庭画報」2月号作品
    http://blogs.yahoo.co.jp/lightandshadow7111/35086207.html
    :大阪展ツイッターに「若水 初音」











    0 0




    ついに、影絵モニュメントの動画です(^o^)/
    すごい迫力!!(@_@)

    イメージ 1

    イメージ 2

    イメージ 3

    イメージ 4




    モニュメントだけでなく、もちろん歌も音楽も最高!!
    MISIAのコメントもたっぷり聞くことができます(^_^)v




    ・・・MISIAは急性肝炎で入院中だそうですが、幸い快復に向かっているとのこと。
    ハードなコンサートツアーの疲れが出てしまったのでしょうか。
    どうかゆっくり静養なさって、また元気な姿を僕たちに見せてください。

    なお末筆ながら、
    この情報は総小判さんからいただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m



    ◆WOWOW
    MISIA「THE TOUR OF MISIA LOVE BEBOP all roads lead to you」放送直前SP

    ◆過去記事
    :「THE TOUR OF MISIA LOVE BEBOP」 放送直前スペシャルの日程 
    :「MISIA BEBOPちゃん」 
    :MISIAライヴ・ステージの影絵全容!!(2画像追加)(追記あり)
    :3/4 THE TOUR OF MISIA LOVE BEBOP 放送直前SP番組
    :MISIAコンサート on WOWOW 
    http://blogs.yahoo.co.jp/lightandshadow7111/35109953.html
    :MISIAライヴ会場より!! 
    http://blogs.yahoo.co.jp/lightandshadow7111/35093200.html
    :MISIAの新作影絵グッズ、追加されました
    http://blogs.yahoo.co.jp/lightandshadow7111/35103008.html
    :MISIAの新作影絵グッズ、追加されました
    http://blogs.yahoo.co.jp/lightandshadow7111/35120706.html
    :発見! 新コラボ with MISIA!! 
    :MISIAが語る、藤城先生への思い(2画像追加あり)
    :<動画>MISIA「 恋する季節」 LIVE 2001! 











    0 0




    ネットに教文館展スタッフ募集が載りました。
    今年の影絵展開催は、
    7月7日~10月12日かも??

    イメージ 1





    ・・・ということは、オープニングパーティーは7月7日でしょうか???
    正式発表が待ち遠しいです(♡_♡)

    なお末筆ながら、
    この情報は総小判さんからいただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m



    ◆ネットTAM
    :<銀座教文館 藤城清治展覧会 受付スタッフ募集>(短期)











    0 0




    影絵展初日から、サイン会です!!



    藤城先生、ロケットスタートですね(*^O^*)


    イメージ 1





    ・・・大阪、新潟、教文館、3ヶ所同時にいきなりの動き。
    にわかに慌ただしくなってきました(^o^;)

    なお末筆ながら、
    この情報は総小判さんとCassieさんからいただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(__)m



    ◆藤城清治美術館からのお知らせ
    :大阪文化館・天保山「藤城清治 光の楽園展」サイン会のお知らせ
    http://www.fujishiro-seiji-museum.jp/publics/index/1/detail=1/c_id=3/page3=1/type014_3_limit=10/#page1_3_214

    ◆関西テレビ
    :藤城清治 光の楽園展 サイン会が決まりました!
    http://blog.ktv.jp/fujishiro/2017/03/post-ede7.html
    :藤城清治先生来場 サイン会開催!
    http://www.ktv.jp/event/fujishiro/sign.html












    0 0




    「光の楽園展」CMが、公式サイトで視聴できます(^o^)/
    これは関西地方でしか放送されていない、貴重なもの♪

    ただ残念なことにこの動画の転載はできないので、キャプチャ画像でのご紹介です。

    イメージ 1

    イメージ 2

    イメージ 3

    イメージ 4

    みなさんが真剣な眼差しで制作する真ん前を、
    ゆ~ぜんと通り過ぎてゆくラビ!
    このコントラスト、たまりません(^_^;)
    イメージ 5

    イメージ 6

    イメージ 7

    イメージ 8

    イメージ 9

    イメージ 10





    ・・・この映像は、初の「空とぶ楽園」制作風景でもありますね(♡_♡)

    末筆ながら、
    この情報は総小判さんからいただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m



    ◆関西テレビ 
    :藤城清治 光の楽園展 










    0 0




    藤城清治第二美術館のスタッフ募集も、始まっています♪

    注目は2ヶ所。
    「応募締め切り」と「勤務地」です。
    「応募締め切り」が今年12月31日ということは、
    オープンは当初予定の「2017年12月」から、来年に変更されたのでしょうか?

    イメージ 1




    そして「勤務地」は、イコール美術館の所在地!
    書いてある住所を検索しても該当する場所が見つからなかったのですが、
    記載されている「愛宕前」は、こちらのバス停です。
    JR黒磯駅前から4つ目の停留所なので、バスにゆられて10分程度でしょうか。
    イメージ 2




    それを航空写真で見ると、このあたり。
    でも、美術館はいずこ?
    イメージ 3




    ここからは僕のまったくの妄想ですが、
    この赤で囲った部分がなんだか気になります。
    きれいに樹木が伐採され、しかもその面積は広大!
    左上のイオンタウン那須の敷地とほぼ同じです(@_@)
    ここなら、東京ドーム8個分という発表とも一致するのでは!?
    (もしかすると赤で囲った部分の下の林も、敷地なのかも?)
    イメージ 4




    ご参考までに、これが第二美術館敷地の様子です。
    イメージ 5




    ・・・果たして僕の予想や如何に??
    当たるも八卦、当たらぬも八卦(^_^;)

    なお末筆ながら、
    求人とバス停の情報は総小判さんからいただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m



    <追記(2017.3.9 13:00)>
    ツイッターにこんな話がありました。

    イメージ 6



    さっそく晩翠橋を調べてみると、
    まさに黒磯駅から第二美術館にたどり着く直前の橋!

    イメージ 7



    ・・・やはり美術館は、予想したあたりに建設されるようですね(^_^)

    末筆ながら、
    晩翠橋の情報ははーちゃんからいただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(__)m



    ◆ネットTAM
    :<藤城清治第二美術館 スタッフ募集>(長期)

    ◆バス停まっぷ
    :愛宕前(追分・黒磯駅線)

    ◆Googleマップ
    :愛宕前周辺

    ◆過去記事
    :<号外!>2つ目の藤城清治美術館、建設!!
    :<号外>新美術館、この秋着工!
    :桜の植樹は新美術館敷地で実施されました!
    :4/17 那須バースデーイベント模様♪(動画付き)(1画像追加)
    :第2美術館は2017年末に完成?! 











    0 0




    もうすぐ開催の大阪展。
    そこで、同展で展示予定の「銀座いろはかるた」を特集してみました。

    イメージ 1




    これが45枚の作品。
    イメージ 2

    イメージ 3

    イメージ 4

    イメージ 5

    イメージ 6

    イメージ 7




    「かるた」には、さりげなくケロヨンも登場しています。
    2匹いるけど、もしかして親子?(@_@)
    イメージ 8




    おもちゃ屋さんの博品館にも、ケロヨン。
    そしてミッフィーやテディベアまで!
    屋上に木馬がいるのは、昔ここで木馬座の公演が催されたからでしょう。
    イメージ 9




    ミッフィーは、そのあとにも描かれていて、
    これはミッフィー55年目に寄せられた2010年の作品。
    豪華な顔ぶれです!
    イメージ 10




    またテディベアは、
    「かるた」の2年前、2002年に立体作品になっています。
    イメージ 11




    ケロヨンがいるのですから、もちろんモグちゃんも(^_^)v
    イメージ 12




    こびとはいろんな絵札に登場していますが、
    特にこれらはミニミニサイズ!

    ブーツに入ってしまうこびとや、
    イメージ 13




    もっと小さくなってステッキの上、
    イメージ 14




    さらにはスプーンやフォークの上に乗るほど小さなこびとだっています。
    たぶん今までで最少かも!?
    イメージ 15




    ケロヨン→こびと、と続けば、
    もちろん猫だっています。
    特に珍しいのが、この絵柄!
    藤城先生にはたくさんの猫作品がありますが、
    「まねき猫」はこれが初めてでしょう♪
    今までいそうでいなかった(^o^)
    イメージ 16




    ご参考までに、
    先生は2008年末に、ジャンボ宝くじの絵柄を描いたことがありました。
    作品名は「ドリーム」。
    先生のテーマである"夢"と、宝くじの"ドリームジャンボ"を掛け合わせた、
    絶妙の作品名です(^_^)vイメージ 37




    絵札には、影絵で影絵を描いた前例のないものも(@_@)
    イメージ 17




    よく見ると地面の上にいるはずの犬が、馬車の上に。
    看板にはない「銀座の柳」もありますが、
    一番先生らしいタッチは馬の目。
    もちろんオリジナルの方に目は描かれていません。
    ちなみに土台が煉瓦なのは、「煉瓦亭」だから(^_^)
    イメージ 18




    「月光の響」の元になったのでは?と思われる「枯葉とこびと」は、
    イメージ 19




    かるたバージョンになると、
    こびとは木の上のままですが、今度は「銀座の柳」の上。
    こちらは枯葉ではなく、青々と繁っていますね(^_^)v
    イメージ 20




    「雪の日のこびとたち」は天気予報用ではなく、
    元は図書券PRのための作品だったのですが、
    イメージ 21




    銀座バージョンでは原点に返って、本屋さんである教文館の絵札になっています。
    「ナルニア国」の文字もばっちり(^_-)-☆
    イメージ 22




    藤城先生に大きな影響を与えた猪熊源一郎さんデザインの、三越の包装紙。
    イメージ 23




    ここでは、ほかのデパートはそのマークが描かれているのに、
    三越だけはあえて包装紙の絵柄にされていて、
    先生の恩師への敬意がにじみ出ています。
    まさに夢の共演!(*^_^*)
    イメージ 24




    藤城清治美術館エントランス裏表に描かれた、
    向かい合わせの猫やケロヨン。
    イメージ 25

    イメージ 26




    それに先駆けての"向かい合わせ"作品がこの2枚。

    1枚目は古風な和柄。
    先生は鳥をたくさん描いていらっしゃいますが、
    こんなにも和風なものはあまり見かけません。
    イメージ 36




    2枚目は向かい獅子。
    向かい獅子の持つ"守り神"の意味合いを、那須のエントランス作品も引き継いでいるのかもしれません。
    その守り神が左右に開き、来客は"受け入れられて"中に入るんですね♪
    イメージ 27




    藤城先生は毎年干支の作品を描いていらっしゃって、
    今年で22年目。
    まもなく丸々2巡りです(^_^)v
    イメージ 28




    そんな干支のメンバーが勢揃いしたのがこの1枚。
    そういえば干支オールスターキャスト作品って、
    これまでありませんでした(*^_^*)♪
    イメージ 29




    実は「いろはかるた」には46枚目の作品があり、
    それが「銀座と平和の鳥」。
    「かるた」の箱の絵になっていました。
    イメージ 30




    これとよく似た構図なのが「銀座の夢」。
    「銀座と平和の鳥」は、この作品がベースになったのかもしれません。
    イメージ 31




    上の2作品ともに描かれている和光ビルは、
    絵札にもなっているほか、
    イメージ 32




    2011年教文館展のために描かれた「天使の少女」にも登場し、
    イメージ 33




    またスケッチも公開されています。
    古くて新しい街 銀座の象徴は、
    幼い頃から銀座に慣れ親しんでいらっしゃる先生にとっても、
    さぞかし思い出深い建物なのでしょう。
    イメージ 34




    余談ながら、
    そんな藤城先生が描いた最も古い銀座作品の1枚が、こちら。
    戦後間もない銀座の、サンドイッチマン。
    先生が東京興行(現在のテアトル東京)に入社した翌年、1948年の作です。
    同社の映画館名「銀座全線座」のうち、「座全線座」だけが見えています(^_^;)v
    イメージ 35




    ・・・この「かるた」は、この地を愛する先生の思いの丈が描かれた銀座大特集!
    大阪展では、初お披露目の新作ばかりについつい目が行ってしまいそうですが、
    「銀座いろはかるた」もどうかお忘れなく(^_-)-☆




    ◆関西テレビ
    :藤城清治 光の楽園展 作品紹介

    ◆過去記事
    :銀座いろはかるた
    :ミッフィーと影絵のうさぎたち
    :♪ある~日、森のなか・・・
    :こびと七変化 その2
    :第466回 年末ジャンボ宝くじ
    http://blogs.yahoo.co.jp/lightandshadow7111/5698118.html
    :チェロづくし その2
    :一本の木 その2
    :三越デパートの包装紙
    :向き合うケロヨン、新バージョン♪(再追加画像あり)
    :干支めぐり - 池田銀行にちなんで -
    :明けましておめでとうございます♪(2015未年)
    :明けましておめでとうございます!(2016申年)
    :酉年にちなんで 
    :教文館 12年分のダイレクトメール
    :「旅する影絵 日本」番外編(2)関東(6画像追加あり)











    0 0




    新潟展のチラシが公表されました(^o^)

    右下の三角部分で、観覧料が100円引きになります♪
    でもこの画像を印刷しても割引にはなりませんので、ご注意を(^^;)

    イメージ 1




    こちらは裏面。
    イメージ 2





    ポイントはこの部分!
    サイン会は、当初に発表されたとおりの日程で行われます(^_^)v
    但し、ホームページにはまだ「詳細」が載っておらず、内容は不明のままです。
    イメージ 3




    ・・・けれど往復ハガキでの事前申込みというのは、たぶん無くなったと思われます。
    それは、
    第1回目の事前申込み開始日である3月4日をすでに過ぎているのに、
    事前申込方法に関するお知らせが再掲載されないから。
    おそらく通常通り、当日に先着順で申込受付けとなるのではないでしょうか。
    もっとも「詳細」の発表があるまでは、油断はできませんが(^^;)

    末筆ながら、
    この情報は総小判さんからいただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m




    ◆藤城清治 光のメルヘン展
    :チラシ(PDF)

    ◆新潟テレビ
    :藤城清治 光のメルヘン展
    https://www.uxtv.jp/event/fujishiro-seiji/

    ◆過去記事
    :<速報>新潟展サイン会発表!!(重要な追記あり!)











    0 0




    大阪展の新作が、もう1つ明らかになりました(^o^)
    モチーフは天神祭!!

    その制作風景は、いつもにも増してカラフル♡
    イメージ 1




    ものすごい状態になっている手が、藤城先生の気合いを物語っています(@_@)
    イメージ 2




    なんてきれいな彩りなのでしょう♪
    やはり花火は、影絵との相性が抜群ですね(^_-)-☆
    イメージ 3

    イメージ 4




    これはたぶん大阪市内にかかる橋。
    影絵になるとアーチ部分のイルミネーションが映えそうです(*^_^*)
    でもどの橋なのかは、不明のまま(>_<)
    イメージ 8




    先生のはいているのは、とても珍しいホワイトソックス。
    そして向こう側の下絵も気になります!
    イメージ 5




    正面から見た下絵。
    イメージ 6




    さらにズームアップ!
    夜空を焦がす花火と川面を行く舟、そして異なる3つの優美な橋。
    色鮮やかな完成作を、早く見てみたい(♡_♡)
    イメージ 7




    こちらは去年の祭り。
    おそらくこのときの様子をご覧になって、
    先生はすっかり魅了されてしまったのでしょう(^_^)





    ・・・大阪展まで、いよいよあと3日。
    みなさん、ロケットスタートの準備はよろしいでしょうか?!

    なお末筆ながら、
    新作情報、動画ともに総小判さんからいただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m



    ◆藤城清治美術館ブログ
    :新作の制作風景

    ◆大阪天満宮
    :天神祭

    ◆過去記事
    :第2回 納涼花火大会 by 影絵 
    :納涼 花火大会 by 影絵











    0 0




    3月13日付けの朝日新聞 関西版 夕刊に、
    大阪展の特集記事が載りました!(^o^)
    (それぞれの画像の右下をクリックすると、拡大できます)

    イメージ 3




    あまりにも大きな記事なので、
    ポイント部分をズームアップしてみました。

    ハイライトは、藤城先生への最新インタビュー♪
    イメージ 4




    展示内容の案内もあります。
    作品数は230点。
    「動く影絵」は、「こわれ橋」のプロジェクションマッピングや、
    「スカンク・プー」のひもを引っ張って動かす作品でしょうか!?
    イメージ 1




    先日ご紹介した「銀座いろはかるた」46枚目の作品も、
    見ることができるんですね(^_^)v
    イメージ 2




    ・・・すさまじい勢いで情報があふれ始めました!
    まさにこの勢いこそは、先生の勢い!!
    大阪展、大いに期待できます(♡_♡)

    なお末筆ながら、
    今回の新聞画像は総小判さんからいただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m



    ◆関西テレビ
    :藤城清治 光の楽園展
    http://www.ktv.jp/event/fujishiro/gallery.html

    ◆過去記事
    :大阪展の最新作は、天神祭! 
    :2017大阪展新作名は「空とぶ楽園」♪
    :2017大阪展CMキャプチャ
    :「家庭画報」作品、大阪展で展示!(3画像追加)
    :「銀座いろはかるた」あれこれ(8画像追加)
    :3/17大阪展でサイン会!











    0 0





    なんと、まだ2つの新作があります!
    (*^o^*)



    イメージ 1



    「会場入ってすぐの作品」に描かれている観覧車は、
    まちがいなく天保山大観覧車でしょう!
    けどすでに「空とぶ楽園」に登場済み。
    ということは、今度は夜の観覧車だったりして!?
    もしそうなら、これもさぞかし幻想的な世界♡
    ・・・とまあ、相変わらず妄想が膨らみます(笑)
    一方、「回り舞台のシアター」はノーヒントなので、妄想もゼロ(×_×)
    でもそれもまた楽し(♡_♡)♪

    ・・・ともあれ、ナゾがナゾなのは明日のオープンまで。
    正解は、ご自分の目でたしかめてくださいね(^_-)-☆



    <追記(2017.3.16  21:58)>
    「観覧車が回っています」という新作は、
    回っているように見える影絵作品だとばかり思い込んでいましたが、
    本当に「回っている観覧車」の"立体作品"なのかも??
    あるいは立体の観覧車+影絵の背景とか???
    「大きな月」のように、これまでもよく似た前例はありました。
    う~ん、ますます興味津々♡♡♡
    ちなみにこれが「大きな月」。
    1999年のNHK「みんなのうた」で流れていた映像のキャプチャです。
    残念ながら動画はアップできませんが、観覧車は立体です。
    イメージ 2




    こちらの画像の方が、立体感が分かりやすいかもしれません。
    イメージ 7
    ◆NHKみんなのうた その1 「HANA」
    ※「HANA」のDVDに「大きな月」も収録されています。




    考えてみれば「大きな月」だけでなく、
    「セロ弾きのゴーシュ」も「魔女の森に燃える再生の炎」も、立体+影絵。
    イメージ 3

    イメージ 4
    ◆影絵と立体のコラボを探して




    さらに極めつけは、高さ×幅が9m×4.5mという、
    かつて銀座スエヒロにあった巨大オブジェ。
    イメージ 5
    ◆銀座スエヒロ 牛づくし?




    なおスエヒロのオブジェは、背景の影絵は失われたものの、
    今でもみちてる保育園で見ることができます。
    イメージ 6
    ◆みちてる保育園



    ・・・今回の「回る観覧車」は、はたして如何に?????(^_^;)




    ◆関西テレビ 城清治 光の楽園展
    :いよいよ!明日から始まります!!

    ◆過去記事
    :大阪展特集 on 朝日新聞 
    :大阪展の最新作は、天神祭! 
    :2017大阪展新作名は「空とぶ楽園」♪
    :2017大阪展CMキャプチャ
    :「家庭画報」作品、大阪展で展示!(3画像追加)
    :「銀座いろはかるた」あれこれ(8画像追加)
    :3/17大阪展でサイン会!











    0 0
  • 03/17/17--12:00: 大阪展、初日! 



  • ついに、大阪展オープンです!!
    (*^o^*)



    大阪文化館への道のりで、すでにわくわく状態♡
    イメージ 1




    美術館の垂れ幕が、いっそう気分を盛り上げます♪
    イメージ 18




    入口には、よく見ると「こわれ橋」のカメ、カニ、ワニ!(^_^)
    イメージ 2




    中へ入ると、生演奏。
    曲名は、なんと「空とぶ楽園」♫
    この日のために作られたオリジナルだそうです。
    イメージ 3




    いよいよサイン会。
    平日のため比較的空いていたようで、
    開始直前に到着したファンの方も間に合ったとか。
    めちゃくちゃラッキーですね(^_^)v
    イメージ 4




    藤城先生の姿が見えました!
    後ろのスクリーンには、サインとこの日の日付も。
    イメージ 5




    ジャケットはグレイに薄いグリーンの水玉模様。
    セーターの色が水玉にぴったり(^_^)
    イメージ 12




    口元が、かすかに微笑んでいらっしゃいます。
    亜季さんの読み上げる、ファンの方からのコメントを聞いてのことでしょうか(^_^)
    イメージ 13




    今回も「F」の曲線が、なんとも言えず伸びやかです(^_^)v
    イメージ 22

    イメージ 19




    握手も、しっかりとしていらっしゃいました(*^_^*)
    イメージ 20




    ファンの方からのお手紙に見入る先生。
    きっと熱いメッセージが書かれていたんでしょうね♪
    イメージ 14




    先生はこの日もお顔の色がよく、
    イメージ 15




    さり気ない笑顔も、いつもどおりチャーミング♪♪♪
    イメージ 16




    こちらがこの日のサイン!!
    う~ん、うらやましい限り(♡_♡)
    イメージ 10

    イメージ 21




    これはサイン会開始直前に、先生がメモ帳に書かれたもの。
    サインの練習?
    珍しいかもです。
    イメージ 17




    大阪展図録は、「空とぶ楽園」の表紙。
    水玉が、作品からあふれ出ています
    イメージ 6




    先生の「ごあいさつ」の文面は真摯な思いと気概に満ちて、
    今すぐにでも大阪展へ馳せ参じたいほど。
    イメージ 11




    そんな先生の思いを形にした会場。
    この見取り図からだけでも、今回の影絵展の素晴らしさがひしひしと伝わって来ます。
    イメージ 7

    イメージ 8




    先生のあいさつ文と重なったりもしますが、
    2017大阪展のハイライトをかいつまんでみると・・・

    ①新作の観覧車は立体で、背景には影絵が、下には水鏡があしらわれています。
     タイトルは「夢がまわる観覧車」。
     ケロヨンやモグちゃん、こびとなどが乗っていてゆっくりと"まわって"います。
     大きさは、おおよそで縦1m×横1mあまり。
    天神祭作品のタイトルは「天神祭今昔」。
     影絵展オープンの前日までかかって作成されたものだそうで、
     こちらも手前に水鏡が広がっています。
    ③家庭画報作品の中には、来月5月号に載る予定のものも展示されています。
     タイトルは「鯉空 皐月」。
     手前に水鏡があるだけでなく、作品の上には鏡が設けられ、
     上下に無限に鯉のぼりが広がっています。
    ④プロジェクションマッピング新作は、ケロヨン。
     「ケロヨンとモグちゃんのデート」の作品が動いて、
     二人を乗せたケロヨン号が走り去って行きます
    ⑤機械仕掛けで自動上演される影絵劇は新作で、「海に落ちたピアノ」。
     那須の美術館や前回の大阪展と同じく、
     表の影絵劇スクリーンとともに、舞台裏の"からくり"部分も見ることができます。
    ⑥去年の奈良展で水彩デッサンだった「阿修羅像」が、影絵になって展示されています。
    ⑦ほかでは展示不可能かと思われた、富山展の(平和の)"塔"が再び展示され、
     会場内にそそり立つ姿を見ることができます。

    ・・・あれもこれもと、見どころが満載ですね(♡_♡)



    ちなみに、ここにも新作が♪
    どうぞお見逃しなく(^_-)-☆
    (開催前夜にお描きになったとのことです)
    イメージ 9





    ・・・待ちに待った大阪展。
    大いに期待していたその期待をはるかに超える内容です♡♡♡

    末筆ながらこれらの画像と情報は、
    お二方の関西の熱烈なファンの方々、Cassieさん、総小判さんからいただきました。
    みなさん、いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m



    ◆関西テレビ 城清治 光の楽園展
    :本日のサイン会の様子

    ◆過去記事
    :大阪展に、さらにナゾの新作!!(重要な追記あり)
    :大阪展特集 on 朝日新聞 
    :大阪展の最新作は、天神祭! 
    :2017大阪展新作名は「空とぶ楽園」♪
    :2017大阪展CMキャプチャ
    :「家庭画報」作品、大阪展で展示!(3画像追加)
    :「銀座いろはかるた」あれこれ(8画像追加)
    :3/17大阪展でサイン会!











    0 0
  • 03/18/17--21:19: 「天神祭今昔」!!
  • 新作「天神祭今昔」の影絵全容です(*^O^*)
    なんと素晴らしい出来映え!!!
    (画像の右下をクリックすると拡大できます)

    イメージ 1




    ◆藤城清治 光の楽園展 ツイッター
    https://mobile.twitter.com/fujishiro2017_/status/843308112534634496

    0 0




    大阪展の様子が、ニュースで紹介されました(*^_^*)
    残念ながら動画をブログにアップできないので、キャプチャ画像でお見せします。

    まずは今回の影絵展のシンボル、「空とぶ楽園」から。
    イメージ 1

    イメージ 2




    その彼女の部分が生まれた瞬間♪
    イメージ 3




    こちらは影絵展会場の様子。
    富山展で初展示された(平和の)塔を中心に、
    後ろの方には去年奈良にちなんで作られた作品群が見えています。
    イメージ 4




    このアングルでは塔や奈良作品のほかに、
    右側に並ぶのは家庭画報の連作。
    右端から4月号の「清明、都桜」、
    そしてなんと、未発売の5月号作品「鯉空、皐月」(@_@)!
    イメージ 6




    家庭画報作品の部分をズームアップ。
    「鯉空、皐月」は、一面の満開のツツジの上を泳ぐ鯉のぼりの群れ。
    手前にあるはずの水鏡は見えませんが、
    よく見ると作品の上に設けられた鏡には、鯉のぼりが映り込んでいます。
    実物は、さぞかし壮観な眺めでしょうね♡
    イメージ 7




    もちろん、もう1つの新作「天神祭り 今昔」も紹介されていました。
    GIFアニメでご覧ください(^_-)-☆
    イメージ 5




    場面は変わって、藤城先生へのショートインタビュー。
    「平和な時代に生きてる楽しさ喜び幸せをわかってもらいたいし、90(歳台)でもまだ楽しいんだよってのをこの展覧会で分かってもらいたい」
    イメージ 8

    イメージ 9




    ・・・短い断片的な映像からも、
    大阪展の素晴らしさと先生の思いが伝わってきます。
    去年の奈良展にも並ぶほどの渾身の影絵展。
    これはやはり、必見です(♡_♡)

    なお末筆ながら、
    この情報は関西の熱血ファンの方から教えていただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m



    ニュース動画はこちら。
    いつ視聴不能になるか分からないので、どうかお早めに!!
    ↓↓↓
    ◆YAHOO!JAPANニュース
    :92歳・藤城清治 光の楽園展

    ◆過去記事
    :「天神祭 今昔」!! 
    :大阪展、初日!
    :大阪展に、さらにナゾの新作!!(重要な追記あり)
    :大阪展特集 on 朝日新聞 
    :大阪展の最新作は、天神祭! 
    :2017大阪展新作名は「空とぶ楽園」♪
    :2017大阪展CMキャプチャ
    :「家庭画報」作品、大阪展で展示!(3画像追加)
    :「銀座いろはかるた」あれこれ(8画像追加)
    :3/17大阪展でサイン会!












    0 0




    先生は今、新潟にいらっしゃるそうです♪
    新潟展に向けての、新作の準備が始まったのでは?!

    イメージ 1




    ・・・大阪の次は新潟!
    先生、とても精力的です(*^_^*)
    次は、いったいどんな作品が生まれるのでしょう?!



    ◆ケロヨンツイッター
    https://mobile.twitter.com/KeroyonOfficial

    ◆過去記事
    :2017新潟展続報 と 新潟作品集 
    :<速報>新潟展サイン会発表!!(重要な追記あり!)
    :<続報>新潟展サイン会











    0 0




    目の前に広がるのは、先日3月19日に撮影された第二美術館の敷地です。

    一面の草野原。
    シーンと静まり返っています。
    まだ、着工されていないのでしょうか??(汗)

    イメージ 1




    ・・・ともあれ、
    これは更なる「生きるよろこび」の世界が生まれるまでの、ほんのひととき。
    近い将来のオープンを、心から楽しみにしています(^_^)

    なお末筆ながら、この画像ははーちゃんからいただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(__)m



    ◆はーちゃん・スピマス光臨
    :那須・藤城清治第二美術館
    http://speedm2998.exblog.jp/25622960/

    ◆過去記事
    :<号外!>2つ目の藤城清治美術館、建設!!
    http://blogs.yahoo.co.jp/lightandshadow7111/34031429.html
    :<号外>新美術館、この秋着工!
    http://blogs.yahoo.co.jp/lightandshadow7111/34640097.html
    :桜の植樹は新美術館敷地で実施されました!
    http://blogs.yahoo.co.jp/lightandshadow7111/34640577.html
    :4/17 那須バースデーイベント模様♪(動画付き)(1画像追加)
    http://blogs.yahoo.co.jp/lightandshadow7111/34642313.html
    :第2美術館は2017年末に完成?! 
    http://blogs.yahoo.co.jp/lightandshadow7111/35074777.html
    :藤城清治第二美術館のロケーション!?<追記あり>
    http://blogs.yahoo.co.jp/lightandshadow7111/35179459.html











    0 0




    大阪展のツイッターには、思いがけない素敵な画像が載っています(^_^)♪

    1枚目は、機械仕掛けの影絵劇「海に落ちたピアノ」。
    藤城先生が好んで何度も上演していらっしゃる物語です。
    イメージ 1




    正面のスクリーンも、裏のからくりも、じっくり見てみたいですね♡
    イメージ 9





    2枚目は、美術館の窓際。
    イメージ 2




    これも新作です♪
    しかも、たぶん今回の大阪展限定(*^_^*)
    イメージ 8




    こっちでは、水玉の中のこびとや猫も!
    (もちろん新作!!)
    イメージ 3




    一方、藤城先生の制作風景も紹介されています。
    なんとご本人の直筆コメント付き(^_^)v
    イメージ 4




    「風花、時折」。
    イメージ 7




    「空とぶ楽園」の、観覧車と文化館を切り抜く先生。
    手前のシルエットはラビですね(=^・^=)
    イメージ 5




    同じく「空とぶ楽園」の、少女と猫(これもラビかな?)
    イメージ 6





    ・・・会場では、細やかなところまでどうかお見逃しなく(^_-)-☆



    ◆藤城清治 光の楽園展 ツイッター

    ◆過去記事
    :「天神祭 今昔」!! 











older | 1 | .... | 48 | 49 | (Page 50) | 51 | 52 | .... | 79 | newer