Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Channel Description:

美しい影絵の世界をご紹介しています。 少々マニアックなブログではありますが、お楽しみいただければ幸いです。

older | 1 | .... | 56 | 57 | (Page 58) | 59 | 60 | .... | 79 | newer

    0 0




    9月と10月の、
    教文館展サイン会日程が発表されました!



    今月26日を含め、なんと、あと4回もあります!!(*^o^*)

    イメージ 1




    一方こちらは、藤城先生の最新制作模様です。
    イメージ 2




    見えやすいように画像を回転。
    あれ、けど文字が裏返し(汗)
    イメージ 3




    で、画像を反転させてみると、
    「家庭画報10月号」の文字が!
    ということは、
    これこそは10月号に載る「月光 紅葉(もみじ)」!!(♡_♡)
    イメージ 4




    ・・・9月には高知でも2日間のサイン会。
    しかも最新作「月光 紅葉」もおそらくすでに完成済み。
    先生、ものすごい勢いです!!!(@_@)

    なお末筆ながら、
    この情報は総小判さんからいただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m




    ◆光の散歩 清治 亜季 影のおしゃべり
    :教文館「光と影の楽園展」 サイン会

    ◆家庭画報
    :最新号・バックナンバー

    ◆関連記事
    :8/13・26 教文館展サイン会開催!
    :8月の教文館展サイン会詳細
    :<号外>9/16・17高知でサイン会!
    :家庭画報9月号は8/1発売です 











    0 0




    8月18日放送の「美の壺 なつかしの影絵」は、
    内容が3つのパートに分かれていました。
    そのうちの最後が藤城先生の制作風景の紹介。
    なんと番組の1/3、時間にしておよそ10分が先生のために割かれています!

    イメージ 1




    アトリエでの先生。
    イメージ 2




    下絵を描く場面から始まり、
    イメージ 3




    影絵原画の制作へ。
    イメージ 4




    けれどこびとの輪郭を切り出したあと、制作の手が止まり、
    イメージ 5




    先生はじっとラビを見つめています。
    イメージ 6




    でもそれは癒しのひと時ではなく、
    ラビの目の観察。
    シャープでミステリアスな猫の目こそが、こびとの目のモデルだったのです。
    イメージ 7




    つまり観察は、そんな目をこびとに描き込むための欠かせないステップ。
    イメージ 8




    さて、いよいよ完成作にファーストライトの当たるときがやって来ました。
    イメージ 9




    鮮やかな彩りが、暗闇の中から浮かび上がります。
    イメージ 10




    こちらはこびとの部分。
    イメージ 11

    イメージ 12




    あらためまして、「秋色 秋声」の全景です。
    (画像の右下をクリックすると、拡大できます)
    イメージ 13




    こちらが動画。
    先生の登場は18:54過ぎからです。
    けれど番組は影絵について様々な角度から鋭く迫る内容なので、
    ぜひ冒頭から通しでご覧になることをお薦めします。





    ・・・さすがはと唸らされる濃密な内容。
    いつもながら、藤城先生に対するNHKの洞察力と表現力には脱帽です。

    なお最後になりましたが、
    この動画は総小判さんからいただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m




    ◆関連記事
    :8/18 NHK「美の壺」!(1画像追加あり)
    :2017教文館展より 











    0 0




    教文館展での「サイン会」が、
    「サインと握手会」に変わりました。

    イメージ 1




    ・・・真意のほどは不明ですが、
    おそらくイベント内容に変更はなく、単に、
    「サインだけではなく、握手もします」
    という意味だろうと思われます。
    (握手だけの会もあるという意味ではないでしょう ^_^)

    以上、老婆心ながらのお知らせでした(^_^;)



    ◆藤城清治事務所ホームページ











    0 0




    1974年に制作された「こびとのプレゼント」。
    東京靴下というメーカーの広告用として作られたものでした♪

    イメージ 1




    靴下は、藤城先生のトレードマークである水玉ではなく、
    ほとんどがボーダーのシマシマ模様。
    でもこの水色のものだけはどこかで見たような・・・!?
    イメージ 2

    イメージ 3




    と探してみたら、ありました!(^o^)
    先生、お昼寝中(^_^)
    2011年8月の秋田でのショットです。
    イメージ 4




    同じとおぼしき靴下がここでも。
    2010年5月の高知での1枚です。
    靴下もシャツも、椅子までもお揃い(^_^)v
    イメージ 5




    同じ水色ボーダーのものは、
    実はこんなダンディないでたちのときもお召しでした(@_@)
    2011年6月、NHKスタジオパークにご出演の際の様子です。
    イメージ 6

    イメージ 7




    で、元の「こびとのプレゼント」をもう一度見てみると、
    そういえばチューバも水色ボーダー(^_-)-☆
    イメージ 8




    それとちょっぴりだけこの靴下も♪
    しかも傘の絵柄がなんとも愛らしい♡
    イメージ 9




    この絵柄は、最初の画集「影絵」に掲載の「こうもりがさ」の連作や、
    イメージ 10

    イメージ 11




    「虹と長ぐつ」などにも描かれていて、
    先生のお気に入りの構図の1つになっているようです(^_^)
    イメージ 12





    ・・・先生は、昔からなにかと靴下とご縁があったんですね(*^_^*)
    そのご縁つながりで、傘の絵柄の靴下がグッズになってくれないかな~(♡_♡)




    ◆関連記事
    :●○●水玉ソックス大特集●○●(追記あり)
    :教文館88展 人気投票ベスト10 その1
    :梅雨にちなんで その2
    :「傘」の作品あれこれ<1> 
    :ブランコの特集 -「恋人たちのブランコ」にちなんで- <後編>











    0 0




    ご飯茶碗に描かれているのは、ケロヨン号。
    なのに、赤?!
    なんとレアな!!(♡_♡)

    イメージ 1




    で、その反対側には、宇宙服姿のケロヨン。
    しかも宇宙船まで着地しています♪
    イメージ 2




    これは、上の絵のモデルになったとおぼしき月着陸船。
    ケロヨンの全盛時代、1969年にアポロ11号が初めて月にたどり着き、
    世の中はちょっとしたお祭り騒ぎ、宇宙ブームだったのです。
    イメージ 3




    飛び出す絵本でも、星の上に立ってケロヨンが手を振り、
    イメージ 4




    おもちゃにも「宇宙」の文字。
    イメージ 5




    でもこのおもちゃ、中身はほとんど宇宙っぽくありませんでした。
    鉄砲も全然レーザー銃じゃないし(^^;)
    当時はこんな文字通りの子供だましなものがたくさんあって、
    それでもけっこう嬉しかったりしたんです(笑)
    イメージ 6




    一方、ブリキ製のものでは、直球ど真ん中で子供心をくすぐる優れモノも!
    イメージ 7




    けど、箱には描いてあるガラスドーム(キャノピー)が無かったり、
    イメージ 8




    ロケットエンジンが単なる絵柄だったりもしてました。
    惜しいけど、これもよくあるパターンだったな~(^_^;)
    イメージ 15




    そして、極めつけの逸品がこちら♪♪♪
    イメージ 9




    非常に凝っていて、ちゃんとキャノピーもあり、
    その上、ムーンソーサーがフリクション(手押し)式だったのに対して、
    「宇宙基地」はモーター式!
    おそらく当時は、だれでも買ってもらえるような代物ではなかったでしょう。
    ま、今だって、だれでも買える値段ではないでしょうけど (^^;)(^^;)(^^;)
    イメージ 10




    宇宙基地が究極のグッズである最大の理由がこの動画。
    すごいです、凝りまくってます(♡_♡)
    今見ても新鮮!!!




    宇宙に行ってしまうくらいですから、
    当然のようにケロヨンは海外にも進出していました(^_^)v

    パリ!
    イメージ 16




    ロンドン!!
    イメージ 11




    スイス・アルプス!!!
    イメージ 12




    1969年のチラシです。
    一番下にヨーロッパツアーの広告が載っていて、
    その費用ナント45万円(@_@)
    約50年前のこのお値段って、今だと一体いくら???(汗)
    また左下には、ケロヨンがキャンプ場にも登場した記録もあって、
    驚くなかれ、そこは那須!
    写真には「ケロヨン村」の文字と、ご本人らしき姿も見えてます。
    まさか、こんなに昔から那須に出没していたとは(^o^)/
    イメージ 13




    山だけではありません。
    もちろん海にだってケロヨン(^_-)-☆
    どんな海の家だったんでしょう?
    やっぱり緑色??
    かき氷もメロン味がメインだったりとか!?(*^_^*)
    イメージ 14




    ・・・海に山に、さらには日本を飛び出し、
    ついには地球からも飛び出したケロヨン!
    これからも大活躍してほしいですね(^_-)-☆




    <追記(2017.8.27)>
    宇宙服を着たケロヨンってイラストだけだと思っていましたが、
    フィギュア、ありました!(^o^)/
    イメージ 17




    パッと見には、かつて銀行が配っていた人形タイプの貯金箱っぽいんですが、
    後ろにはおもちゃメーカー、ヨネザワの名前。
    ちゃんと玩具として作られたものだということが判ります♪
    イメージ 18




    さらに足の裏には、木馬座の名前!
    版権ものの証しです(^_^)v
    ちなみにもう一方の足の裏には使用感のある穴が開いていて、
    もしかしたらこのフィギュアは、なにか大きなおもちゃの一部だったのかも??
    イメージ 19

    なお末筆ながら、
    この画像は総小判さんからいただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m





    ◆ヤフオク!
    :昭和40年代 ケロヨン 子供茶碗 月面着陸 スポーツカー
    :レトロ ブリキオモチャ ケロヨン NO.1 宇宙基地 動作可能 日本製

    ◆宇山あゆみさんツイッター

    ◆ケロヨンな空間
    :でじゃぶ~コレクション

    ◆ハリマオ先生の資料室
    :ケロヨンのムーンソーサー
    :ケロヨンの宇宙基地

    ◆まんだらけ通信販売
    :野村トーイ 電動ブリキ ケロヨン宇宙基地NO1

    ◆YouTube
    :野村トーイ【ケロヨン宇宙基地】ブリキ レトロ玩具

    ◆関連記事
    :教文館 訪問記<4>(木馬座・ケロヨン)
    :教文館展便乗♪ 「横丁」もどき <後半>











    0 0




    発売は今週末の金曜!

    イメージ 1





    今回の作品は、先日もご紹介した「月光 紅葉」。
    いよいよ完成作のお披露目です(*^_^*)
    イメージ 2




    ◆家庭画報
    :【全目次掲載】『家庭画報』2017年10月号、2つのサイズで9月1日発売です!
    http://www.kateigaho.com/sp/information/information/20170828_4031_1.html

    ◆関連記事
    :<号外>9月・10月の教文館展サイン会日程 と 「月光 紅葉」
    https://blogs.yahoo.co.jp/lightandshadow7111/35393157.html











    0 0




    先月の両陛下に続き、
    なんと、24日は皇太子御一家のご来訪がありました!(*^o^*)

    お出迎えのため、藤城先生はあらかじめ美術館内に待機していらっしゃったようです。
    この日訪れたファンの方は、この上なく幸運ですね♪
    イメージ 1




    今回も一般の方々の来場を受け入れながらの御来訪でしたので、
    やはり警備は万全の体制が整えられていたようです。
    イメージ 2




    「震えた」というそのご心中、察するに余りあります(^_^;)
    イメージ 3




    ・・・皇室の方々も先生の熱烈なファンでいらっしゃるであろうことは、
    まず間違いないようですね(*^_^*)

    なお末筆ながら、
    この情報は総小判さんからいただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m




    ◆なっちゃんツイッター


    ◆いとう ようこさんツイッター
     https://mobile.twitter.com/GG9_tete630/status/900629969218396160

    ◆関連記事
    :両陛下、藤城清治美術館をご訪問 
    :はーちゃん、大スクープ!! 
    :「はーちゃん、大スクープ!!」のそのあとに
    :二本の木 
    :「富士山」あれこれ集めてみました♪(2画像追加)
    :詳細!! 明治神宮の大作影絵
    :”明治神宮 夜の参拝”のための下絵
    :明治神宮の影絵、完成へ!











    0 0




    遅れ馳せながら、
    26日に行われたサイン会の様子です。

    藤城先生、エントランスにご到着♪
    イメージ 1




    カメラに向かって、かすかに微笑んでいらっしゃいます(^_^)
    イメージ 2




    先生がサイン会会場に昇ると、
    そこはすでに熱気の渦!
    でもみなさん、舞い上がりすぎて先生のご来場に気付かないままです(^^;)
    イメージ 3




    ようやく気が付いた方々の温かな拍手の中を、
    先生はややかき分けるようにしながら会場内へ。
    イメージ 18




    席に着くや、いつものようにストップウォッチをセットしていらっしゃいます。
    イメージ 17




    この日も凛とした姿勢で淀みなく、次々とサイン♪
    イメージ 4

    イメージ 19

    イメージ 15

    イメージ 5




    こちらがそのサイン。
    今回も安定した力強さを感じます(^_^)v
    イメージ 6




    猛暑だったので、合い間にはしっかり水分を補給しながら続行!
    イメージ 16




    握手の場面では、
    イメージ 7




    いつものように笑顔があふれ、
    イメージ 8

    イメージ 9




    ファンの方を見つめる眼差しには、生気がみなぎっています(*^_^*)
    イメージ 21




    サイン会は実になごやかに進んで行き、
    イメージ 10

    イメージ 11




    それは最後のお一人となったときのことでした。
    なんと、この日唯一のイラストが!!
    しかもケロヨン(♡_♡)
    イメージ 12




    160人余りの方へのサインが終了し、
    ストップウォッチに目をやる先生。
    このお顔から察するに、好タイムが出たようですね(^_^)v
    と言っても先生は、2時間近くもサインと握手をしていらっしゃいました(@_@)
    イメージ 13




    ちなみに靴下は、ライトブルー一色でした(^_-)-☆
    イメージ 14




    ・・・このあと今週末も、来週末もサイン会!
    そして10月7日にも!!
    藤城先生の快進撃はまだまだ続きます!!!(^_-)-☆
    イメージ 20




    なお末筆ながら、
    これらの画像はCassieさんと熱烈なファンの方々からいただきました。
    みなさん、いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m




    ◆Cassie's Diary
    :本日のサイン会

    ◆関連記事
    :7/6教文館展 前夜祭模様<動画あり>
    :<動画>2017教文館展コマーシャル(1動画・2画像追加)
    :7/16教文館展 サイン会模様 
    :8/13教文館展サイン会模様(10画像追加&大幅改訂済み)
    :<号外>9月・10月の教文館展サイン会日程 と 「月光 紅葉」
    :2017教文館展より 











    0 0

    イメージ 1





    発売がさらに延期されました。

    イメージ 2




    ・・・産みの苦しみは相当なもののようで、
    これはもはや難産。
    年内の発売を願うばかりです(汗)

    なお末筆ながら、
    この情報は総小判さんからいただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(__)m




    ◆Amazon
    :藤城清治 影絵の絵本 グリム
    https://www.amazon.co.jp/%E8%97%A4%E5%9F%8E%E6%B8%85%E6%B2%BB%E3%81%AE%E5%BD%B1%E7%B5%B5%E3%81%AE%E7%B5%B5%E6%9C%AC-%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%A0-%E8%97%A4%E5%9F%8E-%E6%B8%85%E6%B2%BB/dp/4062205602/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1504145085&sr=1-1











    0 0




    なんと、10月1日にも教文館展サイン会です!!

    イメージ 1





    ・・・藤城先生の勢いが、止まりません(*^O^*)♪
    空前絶後!!!(@_@)

    なお末筆ながら、
    この情報は熱烈なファンの方のブログに掲載されているもので、
    それを総小判さんからお知らせいただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(__)m











    0 0




    なんと、今度は地上波のEテレで放送されます!

    イメージ 1




    ・・・この週末、土曜はサイン会で、日曜は「美の壺」!!
    充実したウィークエンドになりますね(*^o^*)

    なお末筆ながら、
    この情報は熱烈なファンの方からいただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m




    ◆NHK 美の壺
    :美の壺・選











    0 0




    先週土曜日のサイン会模様です。

    藤城先生、銀座に到着!
    イメージ 33




    エントランスホールから会場へ。
    イメージ 34




    着座されると、
    イメージ 35




    椅子をサインのしやすい"いつもの高さ"に調整し、
    イメージ 36




    ストップウォッチのスイッチを入れ、
    いよいよサイン会、スタートです♪
    イメージ 1




    いつものようにきりりと、
    イメージ 2

    イメージ 3




    ときには笑顔を交えながら(^_^)
    イメージ 4




    お母さんといっしょに訪れた少女は、最初からカチコチ。
    イメージ 5




    先生が握手の手を差し伸べると後ずさりし、
    イメージ 6




    ついにはお母さんの陰へ。
    ファインダーの中から消えてしまいました(^_^;)
    イメージ 7




    とあるファンの方から、なにやらプレゼント。
    イメージ 8




    先生、とてもうれしそうにしていらっしゃいます。
    イメージ 9




    その品は、ケロヨン・パチンコ!
    イメージ 10




    ご参考までに、これはネットで見つけた共箱ですが、
    よく見るととても不思議。
    ケロヨンやモグちゃんはイラストで描かれ平面的なのですが、
    ブーヨンとケロヨン号は立体なのです(@_@)
    パッと見には気付かないほどの、巧みに合成された絵柄ですね。
    イメージ 11




    一方、この方が持参されたのは、お箸箱。
    幼稚園生の頃に使っていた思い出深いものだそうで、
    先生も当時に思いを馳せ、なつかしそうに眺めていらっしゃいます(^o^)
    イメージ 12




    そのファンの方ご自身のアップされた画像。
    絵に剥がれた部分が一切なくて、とてもン十年前のものは思えません!
    イメージ 13




    ちなみにお箸箱には、別バージョンもあったようです。
    イメージ 39




    もしこんなケロヨンセットを持っていたら、
    さぞかしお昼御飯が待ち遠しいことでしょうね(^_^)
    イメージ 37




    さらに別のファンの方が先生にお見せしているのは、
    モグちゃんの指人形♪
    イメージ 14




    またもや先生、ニコニコです(*^_^*)
    イメージ 15




    亜季さんがモグちゃんをテーブルに飾ると、
    イメージ 16




    先生とのなんともレアなツーショット!(^_-)-☆
    イメージ 17




    ズームアップ!
    これもネットで見つけた画像ですが、
    なんともいえずキュートです♡
    イメージ 18




    なお指人形にはケロヨンはもちろん、ギロバチなど全部で5種類がありました。
    片手を全部、指人形で埋め尽くしてみたい(♡_♡)
    イメージ 19




    さてこちらの方のプレゼントはグッズではなく、
    なんと手作り!!
    イメージ 20




    興味津々の先生♪
    イメージ 21




    そして満面の笑み→しっかと握手(*^o^*)
    イメージ 22

    イメージ 23




    その力作がこちらです。
    イメージ 24




    ものすごい出来映え(@_@)(@_@)(@_@)
    あふれんばかりの先生への想いが詰まっていますね。
    このままグッズになってほしい(♡_♡)♪
    イメージ 25




    元になったのは、「モグちゃんの涙」。
    50年ぶりにケロヨンと再会できた瞬間です。
    イメージ 26




    130名ほどの方へのサインを終え、タイムをチェックする先生。
    イメージ 27




    その後お疲れの様子もなく、余裕の笑顔で会場をあとにされました。
    イメージ 28

    イメージ 38




    これが9月2日のサイン。
    いつもより筆圧の高そうな、力のみなぎる筆致です(^_^)v
    イメージ 29




    最後に先生のお足元。
    イメージ 30




    これは8月26日。
    イメージ 31




    またこれは、8月13日。
    どうやらライトブルーが、先生のマイブームになっているようですね(^_-)-☆
    イメージ 32





    ・・・今週末も、教文館でサイン会。
    その勢いのまま、高知へ!
    そして再び教文館!!
    藤城先生のパワーは、僕たちの想像をはるかに超えていますね!!!(@_@)

    なお末筆ながら、
    これらの画像ははーちゃん、Cassieさん、熱烈なファンの方から、
    それぞれいただきました。
    みなさん、いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m





    ◆はーちゃん日記
    :藤城清治・光と影の楽園展・サイン会(9/2土)先生入場
    :藤城清治・光と影の楽園展・サイン会(9/2土)サイン中①
    :藤城清治・光と影の楽園展・サイン会(9/2土)サイン中②
    :藤城清治・光と影の楽園展・サイン会(9/2土)エピローグ

    ◆Cassie's Diary
    :本日のサイン会

    ◆Kazukoさんツイッター

    ◆関連記事
    :7/6教文館展 前夜祭模様<動画あり>
    :<動画>2017教文館展コマーシャル(1動画・2画像追加)
    :7/16教文館展 サイン会模様 
    :8/13教文館展サイン会模様(10画像追加&大幅改訂済み)
    :8/26教文館展サイン会模様 
    :<号外>9月・10月の教文館展サイン会日程 と 「月光 紅葉」
    :10/1教文館展サイン会、追加! 
    :2017教文館展より 
    :<号外>9/16・17高知でサイン会!











    0 0




    8月24日、藤城清治美術館に皇太子御一家がご来場になった際のことが、
    一部あきらかになりました♪

    イメージ 1





    「つり橋はぼくのハープ」は、色彩を抑えた珍しい絵柄。
    爽やかなまばゆさがいつまでも心に残ります。
    色彩が無くても、光はこんなにも美しいんですね。
    イメージ 3




    また「ねむの木の子守唄」は、
    やさしさ溢れる情感に魅せられてしまいます。
    背景は、この子の見ている夢の世界でしょうか。
    イメージ 2




    ・・・館内をご案内する先生、いったいどんなご様子だったのでしょう?
    この折りの画像は確認できていませんが、
    緊張した面持ちの藤城先生が、目に浮かぶようです(*^_^*)

    なお末筆ながら、
    この情報は総小判さんからいただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m




    ◆週刊女性
    :愛子さま「体調不良」克服で体重が元どおりに! 夏休みを思い切りエンジョイ

    ◆関連記事
    :皇太子御一家、藤城清治美術館をご訪問 
    :両陛下、藤城清治美術館をご訪問 
    :はーちゃん、大スクープ!! 
    :「はーちゃん、大スクープ!!」のそのあとに











    0 0




    木馬座の時代、ケロヨンとともに一世を風靡したモグちゃん。

    イメージ 1




    その姿は影絵の中や、
    イメージ 2

    イメージ 3

    イメージ 4




    那須のお庭で、今も見ることができます。
    イメージ 5




    50年あまり前、そのモグちゃんを木馬座で演じていたのが、
    サッカー解説者の松木安太郎さん!
    なんて意表を突く組み合わせなのでしょう(@_@)
    イメージ 6




    去年、インタビューに応え、
    松木さんはこんなふうに木馬座を振り返っています。
    イメージ 7




    その頃の松木さんはどんな男の子だったんだろう?と探してみたら、
    こんな写真が見つかりました。
    でもこれは、おそらく小学校高学年。
    この写真をさらに幼くしたのが、モグちゃんの中の松木少年だったんですね♪
    すごく活発そう!(^_^)
    イメージ 8




    こちらは現在の松木さんとのショット。
    面影、ありますね~(^o^)
    イメージ 9




    幼稚園から小学校2~3年まで"モグちゃん"だったとのことなので、
    背丈としてはこれくらいでしょうか?
    (もっともっと背の大きなモグちゃんの写真も存在しています)
    イメージ 10




    今回のハイライトは松木さんと藤城先生の写る、貴重な1枚。
    イメージ 11




    1997年に番組の企画がきっかけで実現した、
    木馬座メンバーの夢の再会です(*^o^*)
    松木さんについて書かれた先生のエッセイ、必読!
    (画像の右下をクリックすると、拡大できます)
    イメージ 12




    またこちらは、松木さんが木馬座への思いを込めて2000年に書いたエッセイ。
    先のインタビュー以上に、熱い熱い内容です!!
    もちろん、必読(^_-)-☆
    イメージ 13




    松木さんは1957年生まれで5歳頃に木馬座入団とのことなので、
    たぶんそれは1962年頃。
    木馬座が等身大ぬいぐるみ(着ぐるみ)を使い始めて間もない時期に当たります。
    つまり、先生の快進撃が始まった直後!
    それからテレビ放送の直前まで在団されたわけですから、
    木馬座の超・右肩上がりの勢いを、
    松木さんは直接肌で感じながら幼少期を過ごしたことになります。
    なんともうらやましい、ものすごい経験ですね(@_@)(@_@)(@_@)
    イメージ 14




    なお余談かつ誠に唐突ながら、
    モグちゃんは男の子です(^_-)-☆
    ちなみにケロヨンのガールフレンドは、エルちゃんです(^_^)
    イメージ 15





    ・・・藤城先生と松木さんのインタビュー、どなたか企画してくれないかな~(♡_♡)




    ◆exciteニュース
    :語っていいとも! 第22回ゲスト・松木安太郎「代表も晩年に選ばれたので…何くそ!と上を目指してやってきました」

    ◆藤城清治美術館
    :藤城清治 略歴 profile

    ◆ウィキペディア
    :劇団木馬座
    :松木安太郎











    0 0
  • 09/10/17--11:59: 中央公論10月号 
  • イメージ 4





    中央公論のツイッターに、突如 藤城先生のお名前が!

    イメージ 1





    目次部分をズームアップ!!
    イメージ 2




    いったいどんな内容なんだろう??って思っていたら、
    藤城清治美術館から発表がありました(^o^)/
    イメージ 3




    ・・・10月号はすでに発売済み。
    僕はさっそく買って参りました(^_^)v
    非常に貴重な、これまで見たこともないショット。
    しかもそこには、様々な情報と謎がギュッと詰まっています!!(♡_♡)

    なお末筆ながら、
    この情報は総小判さんからいただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m



    ◆中央公論編集部ツイッター

    ◆藤城清治美術館からのお知らせ
    :雑誌「中央公論 10月号」に掲載されました。











    0 0
  • 09/10/17--12:00: ラビカフェその後 



  • きのう9月10日のラビカフェです!

    イメージ 1




    プレオープンの日に比べると、花壇に草花が植えられ、
    イメージ 2




    入口横には、
    イメージ 3




    「La Vie」の文字とシルクハットのラビ♪
    イメージ 4




    ということは藤城清治美術館のこの猫も、ラビだったんですね(^o^)
    イメージ 16




    また入口へのスロープでは、なんと藤城先生直筆のラビがお出迎え♡
    イメージ 5

    イメージ 6




    さらに一歩中へ入ると、
    またもやラビ(♡_♡)
    イメージ 7




    ジュース飲んでます(*^_^*)
    いずれもおととい描かれたばかりのホヤホヤ。
    つまり先生の最新作です(^o^)/
    イメージ 8




    店内には、今年の新作「93匹の猫と共に」の版画が、
    壁のくぼみにジャストサイズで納まっています(^_^)v
    この作品ほど、ラビカフェにふさわしい絵柄はありませんね(=^・^=)♪
    イメージ 9

    イメージ 10




    ここには以前「清明 都桜」がややはみ出し気味に飾られていて、
    しかもどうして8月に桜?という疑問も若干ありましたが、
    これでピッタリスッキリ(^_^)v
    イメージ 11




    そして椅子は、ついにこびとチェアが登場♪
    イメージ 12




    これは藤城清治美術館の喫茶室で使われているもので、
    イメージ 17




    白っぽい方はおそらくこの写真と同じメープル材。
    でも茶色のものは、初めて拝見しました(@_@)
    ちなみにお値段は、今もたぶん1脚27万円!
    イメージ 13




    当初はこんな感じのナチュラル系の椅子だったのですが、
    やはりこびとチェアがお似合いですよね(^_-)-☆
    イメージ 14




    なおグランドオープンは「9月予定」のまま(^_^)v
    イメージ 15





    ・・・だんだん形が整ってきました♪♪♪
    グランドオープンの日程発表も、間もなくでしょうか?!(♡_♡)(♡_♡)(♡_♡)

    末筆ながら、
    この情報は総小判さんとはーちゃんからいただきました。
    お二方共に、いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m




    ◆hnamekawaさんツイッター

    ◆関連記事
    :ラビカフェ、プレオープン当日(訂正あり)
    :ラビカフェ、プレオープン! 
    :ラビカフェ新築中!(2画像追加)
    :「ラビカフェ」(仮)の場所が明らかに!!(1画像追加)
    :「ニューフェイスの猫たち!」藤城清治美術館一周年記念トークショー<5>
    :2017教文館展より 
    :藤城清治美術館グランドオープン出席日記<2>(パーティー)
    :こびとチェア発売!(1画像追加あり)












    0 0




    高知大丸版画展のサイン会について、
    詳しい内容が発表されました♪

    イメージ 1




    ・・・高知にまつわる影絵やデッサンも展示されるとのことなので、
    ダブルで楽しみですね(*^_^*)

    なお末筆ながら、
    この情報は総小判さんからいただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(__)m




    ◆高知大丸
    :催しのご案内
    http://www.kochi-daimaru.co.jp/event/index.html#170913

    ◆関連記事
    :<号外>9/16・17高知でサイン会!
    https://blogs.yahoo.co.jp/lightandshadow7111/35373550.html











    0 0




    9日もファンの方の列が1階にまで伸び、満員御礼状態!

    イメージ 1




    そんな熱気を帯びた教文館に、藤城先生到着♪
    しばしエントランスホールの作品を眺められ、サイン会場へ。
    イメージ 2




    いつものように、ビシッと背筋の伸びた姿勢でサインをお始めになりました(^_^)
    イメージ 3




    今回も、笑顔の絶えない先生♪
    イメージ 4

    イメージ 5

    イメージ 7

    イメージ 6




    素敵な笑顔をGIFアニメでもどうぞ(^_-)-☆
    イメージ 8




    版画のボードに、漢字のサインでしょうか。
    でも、「藤」の字の"くさかんむり"を飛ばして、いきなり「月」の部分??
    イメージ 9




    おおっ、もしやこれは?!
    イメージ 10




    「月光の響」のタイトルを書かれていたんですね!
    こんなこと、滅多にありません(@_@)
    イメージ 11




    合い間には、おいしそ~に水分補給(^_^)v
    イメージ 24




    思い出の詰まったレコードをファンの方がお見せすると、
    なつかしそうに眺められたあとに、なんとサイン♡
    イメージ 12




    中には英語で!
    イメージ 13





    さらにジャケット裏には漢字!!
    しかも日付入りです(@_@)♪
    イメージ 29




    ちなみにこれが表です。
    真っ赤な車体に黄色い木馬座マークは、
    明らかにフェラーリの跳ね馬のイメージ。
    いかにもクルマ好きな先生らしいひらめきです(*^_^*)♪イメージ 14




    余談になってしまいますが、
    これがフェラーリの"跳ね馬"。
    イメージ 28




    さて閑話休題ということで、
    このサイン、いつもとなんだか違ってます。
    太字!?
    イメージ 15




    そのサインがこちら。
    ものすごくダイナミックで、大迫力!!!
    実はサインペンがかすれるので、急遽クレパスペンでサインされたのでした。
    災い転じて福と為す、ですね(*^o^*)
    (画像の右下をクリックすると、拡大できます)
    イメージ 27




    そのあとのサインも、この通り。
    なんともうらやましいハプニングの連続です(♡_♡)
    イメージ 26




    約130名の方へのサインを終えたあと、おもむろに手を伸ばす先生。
    イメージ 16




    これはいらっしゃるたびにダルマをプレゼントしていらっしゃる方からの、
    この日の贈り物だとか。
    あらためて手に取るほどお気に召していらっしゃるんですね(*^_^*)
    イメージ 17




    お次はなにやらチラシのようなもの。
    イメージ 18




    コンサートの案内のようで、
    イメージ 19




    それがこの画像です。
    イメージ 20

    イメージ 21




    先生、もしかして聴きにいらっしゃるのでしょうか!?
    ということは、ここでもお会いすることができる??
    イメージ 25




    この日、サイン会場にはプロのイイラストレーターの方もお見えだったようで、
    こんなに素敵なイラストが描かれています。
    作品から、先生への思いがあふれていますね♡♡♡
    イメージ 22




    なおこの日の靴下も、ライトブルー!
    これで4回連続(@_@)
    やはり、マイブームなんですね♪
    イメージ 23





    ・・・今回も、いくつものドラマがありました。
    それは先生のサイン会が単なる「サイン会」にとどまらず、
    ファンのみなさんとのかけがえのない交流の場になっているからにほかなりません。
    それを一番意識し望んでいらっしゃるのは、おそらく先生ご自身でしょう。
    次回はいよいよ高知。
    今度はいったいどんなドラマが待っているのでしょうか?!(^_-)-☆

    末筆ながら、
    これらの画像ははーちゃん、Cassieさん、そのほかのファンの方から頂きました。
    みなさん、いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m




    ◆YAMAHA コンサート・イベントのご案内
    :Music Party in Daikanyama

    ◆近藤こうじさんツイッター

    ◆関連記事
    :7/6教文館展 前夜祭模様<動画あり>
    :<動画>2017教文館展コマーシャル(1動画・2画像追加)
    :7/16教文館展 サイン会模様 
    :8/13教文館展サイン会模様(10画像追加&大幅改訂済み)
    :8/26教文館展サイン会模様 
    :9/2教文館展サイン会模様 
    :<号外>9/16・17高知でサイン会!
    :9/16・17高知サイン会の詳細











    0 0




    40年近く前の家庭画報。

    イメージ 8




    その中に藤城先生の作品を使った広告が載っています。
    商品は、あの影絵のバスタブ!
    イメージ 1




    小さめながら、その写真も(^_^)v
    イメージ 9




    写っているのは、
    おそらくこのタイプのバスタブでしょう。
    イメージ 2




    ほかにはもう1つ、湯船の深いものもありました。
    イメージ 3



    でも実は、それらの製品は原画を反転させて裏返しとなった絵柄。
    原画に忠実に作られていれば、このようになっていたはずでした。
    ちなみに裏返しになってしまった理由は全くもって不明で、想像も付きません(>_<)
    単に間違えただけ??(@_@)

    イメージ 4

    イメージ 5




    で、これがその原画。
    1961年作の「こびとの園遊会」です。
    イメージ 6




    今回の広告で一番驚き、感激したのは、
    「こびとの園遊会」のカラーバージョンが存在していたこと!(*^o^*)
    イメージ 7

    最初、画集にはモノクロで載っていても、実物はカラーだったんだ!って思いました。
    でもよく見ると、2つは別物。

    ①モノクロ版には描かれているブランコに乗るこびとと弦楽器を弾くこびとが、
     カラー版にはいません。
    ②逆に、カラー版には描かれている風船をくわえた小鳥が、モノクロ版にはいません。

    というわけで、カラー版はリメイクバージョンと思われます。

    けれど話はもう少し込み入っていて、
    実は広告に載っているのは、リメイクされたカラー版のごく一部分でしょう。
    実際には、バスタブの側面に絵巻物のように横長に広がる絵柄全体こそが、
    カラー版の全景!
    そこには、いないと思っていたブランコや弦楽器のこびとが描かれ、
    しかも、モノクロ版にはなかったコントラバスや2代目のピアノも追加されています♡

    ではこのカラー版の原画は、どこへ行ってしまったのでしょう?
    おそらくそれは、クリナップ。
    広告用作品なので、版権と共に原画も同社が所有しているのではないでしょうか?
    果たして今も残っているのか、非常に気になります(♡_♡)



    なお末筆ながら、
    この情報は総小判さんからいただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m




    ◆ウェルズの日記
    :ズワイガニの和風オムライス

    ◆関連記事
    :バスタブのバリエーション(追記3件あり)











    0 0




    高知での版画展についての記事です。
    かなり大きな影絵原画が飾られていて、驚き!(@_@)

    イメージ 1





    ・・・来場された方の年齢層が幅広いですね~♪
    上は87歳の方から、下は写真に写る小学校低学年と思われる方まで。
    藤城先生のファン層の厚みを感じさせます(*^_^*)
    サイン会はいよいよ明日!
    台風の動きが気になりますが、みなさん無事にお楽しみになれますように(^_-)-☆

    なお末筆ながら、
    この情報は総小判さんからいただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m




    ◆毎日新聞
    :光と影、調和する空想世界 影絵作家・藤城清治さん、19日まで高知大丸

    ◆高知大丸
    :催しのご案内
    http://www.kochi-daimaru.co.jp/event/index.html#170913

    ◆関連記事
    :9/16・17高知サイン会の詳細











older | 1 | .... | 56 | 57 | (Page 58) | 59 | 60 | .... | 79 | newer