Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Channel Description:

美しい影絵の世界をご紹介しています。 少々マニアックなブログではありますが、お楽しみいただければ幸いです。

older | 1 | .... | 72 | 73 | (Page 74) | 75 | 76 | .... | 79 | newer

    0 0




    3連休最終日に開かれた、サイン会の様子です♪

    イメージ 1




    この日のお二人のコーディネートは、ちょっとヒネリの入ったもの。
    なんと、藤城先生の右袖&首回りと亜季さんのワンピースとが、
    おそろいの色なんです(^_^)v
    イメージ 6




    口元に笑みを浮かべ、リラックス・モードの先生。
    イメージ 7




    穏やかな表情から、
    ラ・ビーカフェならではのなごやかな雰囲気が伝わってきます(*^_^*)
    イメージ 8




    アイスコーヒーを飲むラビー(=^。^=)
    光線の関係で、一見オレンジジュースかなとも思ったりしますが、
    先生の持つペンの色が茶色です(^_-)-☆
    イメージ 9




    ちなみに店内にも、同じ仕草のラビー♪
    でもイラストは鈴が反対側で、
    いつもながら先生のアドリブが効いてます(^_^)v
    イメージ 2




    版画のフレームボードには、所狭しとばかりに先生の文字!
    元気いっぱいです(^o^)
    イメージ 10




    なお「秋色 秋声」は、この作品。
    去年の家庭画報シリーズのもので、これからの季節にぴったりの1枚(^_^)
    イメージ 3




    先生が見つめる先には、
    ちっちゃなあんよ♪
    イメージ 11




    最年少ファンの登場に、満面の笑みです(*^o^*)
    このアットホームな雰囲気も、やはりラ・ビーカフェならではですね♪♪♪
    イメージ 12

    イメージ 13




    ところでファンの方からは、こんな情報も!
    イメージ 4




    Cassieさんからは、さらに具体的なお話!!
    いったいどこの放送局なのでしょう!?
    今後の発表が待ち遠しいです(♡_♡)
    イメージ 5




    ・・・先生は、快調この上ないご様子♪
    このあともまだまだ続くサイン会が楽しみです♡♡♡

    9月22日:丸善日本橋店
    9月29日:教文館
    10月7日:教文館

    なお末筆ながら、
    サイン会の画像情報は総小判さんから、
    画像はCassieさんから、
    それぞれいただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m




    ◆Cassie's Diary
    :本日のサイン会

    ◆チョグさんTwitter

    ◆関連記事
    :ラビカフェその後
    :2017教文館展より 
    :9/22 丸善日本橋店でサイン会開催
    :9/22丸善サイン会、藤城清治美術館&事務所からも発表
    :9/29・10/7 教文館展サイン会開催











    0 0





    早々と発売日が発表されました!!
    (*^o^*)




    こちらは出版元の講談社ホームページです♪
    イメージ 1




    アマゾンには、すでに収載される物語のタイトルまで載ってます(^_-)-☆
    イメージ 2




    ・・・「影絵の絵本 グリム」のときは産みの苦しみがあって発売が遅れましたが、
    どうやら「アンデルセン」は、予定通りに発売されそうですね(♡_♡)

    なお末筆ながら、
    この情報は総小判さんからいただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m




    ◆講談社BOOK倶楽部
    :発売予定の書籍 11月 絵本

    ◆Amazon
    :藤城清治 影絵の絵本 アンデルセン

    ◆関連記事
    :教文館でのサプライズ情報3件(タイトル修正 & 1画像追加)
    :「藤城清治 影絵の絵本」は、全6冊!
    :「藤城清治 影絵の絵本」これからの5冊の作品は?
    :岩波少年文庫「アンデルセン童話集3」
    :コロポックル影絵美術館(5)











    0 0




    今回は、「光彩陸離」にまつわるお話あれこれです♪
    (それぞれの画像の右下をクリックすると、拡大できます)

    まずは最近何度かご紹介している「光彩陸離」全景。
    画像をリニューアルし、よりクリアなものに変更しました(^_^)v
    イメージ 1




    1998年カレンダーの付属エッセイ表紙に、コロポックルの単独作品を発見。
    イメージ 12




    冊子の中には、
    「藤城清治影絵美術館」(コロポックル影絵美術館)オープンの広告が載っていました!
    イメージ 2




    実物の建物はこちら。
    美術館はちゃちゃワールドの中にあります。
    イメージ 3




    広告の左下の画像は「光彩陸離」の展示室モデルで、
    イメージ 4




    このように湾曲しパノラマとして展示されています。
    真ん中に立つと視界全部が北海道の大自然!
    圧倒的な藤城ワールドです(^o^)v
    イメージ 13




    藤城先生の書いた制作エピソード♪
    完成にたどり着くまでの、
    気の遠くなるような格闘の日々の一端に触れることができます。
    もちろん必読(^_-)-☆
    イメージ 16

    イメージ 15

    イメージ 14




    これは、制作エピソードにも書かれていた下絵。
    イメージ 5




    原画のこの部分とほぼ同じ構図なのですが、
    詳しく見ると、下絵には中央の夕日を囲うように跳躍する鹿や、
    左下の木の中のコロポックルなどがまだいません。
    上の画像は、何度も繰り返されたであろう試行錯誤の、数少ない記録です。
    イメージ 6




    1998年の夏、なんと「光彩陸離」を訪ねる影絵ツアーがありました(@_@)♪
    これは先生の書いた旅行記。
    イメージ 7




    で、ここからは、
    バーチャル影絵ツアーです!
    どうか先生と一緒に旅をしたつもりで、お楽しみになってみてください(^_-)-☆

    まずは1日目と2日目。
    1日目は、釧路空港→釧路湿原→屈斜路湖→美幌峠→摩周湖→阿寒湖。
    2日目は、阿寒湖→コロポックル影絵美術館(ちゃちゃワールド)。
    イメージ 8




    上の地図をズームアップ。
    イメージ 9




    3日目は、コロポックル影絵美術館→サロマ湖→網走刑務所→女満別空港。
    「光彩陸離」だけでなく、道東の主な観光地を網羅するかのような、
    超豪華コースですね(*^_^*)
    イメージ 10

    イメージ 11




    ・・・「光彩陸離」だけを見に行こうとすると大変ですが、
    道東めぐりの途中なら、コロポックル影絵美術館訪問も夢ではないのでは!?




    ◆マップファン
    :影絵ツアー1日目、2日目コース
    :影絵ツアー3日目コース




    ◆関連記事
    :「光彩陸離」<春>
    :「光彩陸離」<夏>
    :「光彩陸離」<秋>
    :「光彩陸離」<冬>(追記しました)
    :コロポックル影絵美術館(1)
    :コロポックル影絵美術館(2)
    :コロポックル影絵美術館(3)
    :コロポックル影絵美術館(4)
    :コロポックル影絵美術館(5)
    :コロポックル影絵美術館(6)
    :コロポックル影絵美術館 番外編
    :コロポックル影絵美術館の動画
    :北海道によせて<作品編>











    0 0
  • 09/24/18--12:00: イラスト in 2007 



  • ずらりと並ぶイラスト♪
    この豪華なシーンは、2007年影絵ツアーのときのもので、
    抽選で絵柄が選ばれ、参加者全員に配られました。
    (それぞれの画像の右下をクリックすると、拡大できます)

    イメージ 1




    イラストはそのほとんどが違うバージョンで、
    1枚1枚がとても丁寧に描かれています。
    イメージ 2

    イメージ 3




    お約束のポーズのこびと。
    今とは違って前髪は片側だけです。
    アーガイル模様の衣装が3色に色分けされている直筆ものは、かなり珍しい♡
    「こびとは ぼくの分身」のメッセージで、お宝度がさらにアップ!
    イメージ 4




    グラスの中のこびと。
    見どころは三角帽で、グラスの陰になった部分が黄色で色分けされています♪
    チェロの先端に付いている猫の飾りは、
    モンゴルの馬頭琴という楽器を参考にされたのかも?
    イメージ 5




    唯一2枚ある「僕の目は猫の目」。
    この頃の藤城先生の、お気に入りの絵柄だったからでしょうか。
    横に伸びる手の指1本1本にまで神経の行き届いたタッチが、印象に残ります。
    イメージ 6

    イメージ 7




    「幸せを呼ぶ猫」が元になったと思われる絵柄。
    猫が珍しくやんちゃではなく、なんだかとてもおだやか。
    こんな表情、滅多に見かけません(@_@)♪
    イメージ 8




    東西横綱でしょうか!?
    勝敗や如何に??
    化粧廻しが太陽と月に描き分けられています(^_^)v
    イメージ 9

    イメージ 10




    横綱に負けず劣らず、こちらも力自慢!
    この鈴は、猫バージョンの金メダルかな?
    イメージ 11




    チェロを弾く猫は、
    イメージ 12




    最近、急に大人びいて、
    イメージ 13




    こんなにもたくましくなりました!(^o^)v
    イメージ 14




    教文館展の影絵も、この通り!!
    クラシックというよりも、むしろジャズの雰囲気??
    なにせ粋でいなせでカッコイイです(=^o^=)♪
    イメージ 28




    ウィンクするケロヨンは、
    ありそうでなかなかないポーズ。
    イメージ 15




    こちらは現在ラ・ビーカフェに飾られている最新版。
    ウィンクこそしていないものの、動きのある姿でいっそう活き活きとしています♪
    イメージ 16




    モグちゃんは、今も昔も変わらずやさしそう(*^_^*)
    イメージ 17




    最近のものは灰色の肌があえて粗く塗ってあり、
    毛並みの質感が表現されています。
    風になびくマフラーが、さりげなくモグちゃんに動きを与えていますね(^_^)v
    イメージ 18




    二人のツーショット。
    お兄ちゃんと弟みたいな雰囲気です。
    イメージ 19




    でもこの頃は、ツーショットのときのケロヨンの年齢が低くなり、
    イメージ 20




    モグちゃんとの年の差は、ほとんど感じられなかったりします(^o^)
    イメージ 21




    ケロヨンのテーマソング歌詞が書かれ、
    レア物ぞろいの2007年イラストの中でも、特に人気が高かった1枚。
    イメージ 22




    こちらも同じ頃に描かれたドライブ・ケロヨン。
    いずれも、こっちに向かって手を振るお決まりのポーズです。
    イメージ 23




    ドライブ・ケロヨンのイラストはその後10年ほど描かれなかったのですが、
    2016年の名古屋版画展で復活!
    イメージ 24




    最近のラ・ビーカフェ・イラストにも登場するようになりました。
    イメージ 25




    脇目もふらず前を見つめて運転。
    2枚とも、目がすっごく真剣です(^^;)
    イメージ 26




    でも、その後モグちゃんも同乗するようになると、ケロヨンの表情は一変。
    レースモードではなく、のんびりドライブするようになったみたいです(^_^)
    イメージ 27




    ・・・こびとも猫もケロヨンもモグちゃんも、
    2007年どころかもっと前から描かれているのにちっとも古びなくて、
    それどころかますます活き活きとしてキュート♪♪♪
    これからどんなふうに変化し、どんなバリエーションが登場するのか、
    本当に楽しみです(♡_♡)

    なお末筆ながら、
    最近のケロヨン・イラストの画像情報は、総小判さんからいただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m




    ◆BlueさんTwitter

    ◆関連記事
    :ラビー&ケロヨン・イラストNOW!
    :<動画付>2018教文館展の新作(前編)(2動画+2画像追加)
    :7/7 ラ・ビーカフェ サイン会寸景 2(ケロヨン!) 
    :<動画付>4/15 ラ・ビーカフェ サイン会模様
    :8/12 ラ・ビーカフェ サイン会模様(2)(2画像追加) 
    :ラ・ビーカフェ夏休み前のサプライズ!
    :名古屋サイン会、7つのサプライズ!!(7画像追加)
    :ラビー&ケロヨン・イラストNOW 2(3画像追加)
    :イラスト in 2004












    0 0




    教文館展オープニングパーティのときに予告されていた新作が、展示されました。
    タイトルは「天国へ行ったサルーキー」。
    あたかも水彩画のような淡い色調から、
    藤城先生のはかなむ思いが伝わってきます。
    イメージ 2




    作品に添えられた、先生の文章です。
    イメージ 3




    こちらは若かりし頃のセイジ。
    2008年の日付があります。
    イメージ 1




    またエッセイでは、
    セイジを飼うことになった経緯が、もう少し詳しく書かれていたりもします。
    イメージ 4




    ・・・このエッセイでもお分かりのように、
    先生はたくさんの動物たちとの出会いと別れを繰り返して来られたんですね。
    彼らへの惜別の念を抱きながらも、それでも前へと進んで行く姿から、
    先生の作品が持つ説得力の所以(ゆえん)を垣間見たような気がします。




    ◆RieQuiltさんTwitter

    ◆関連記事
    :<動画付>2018教文館展の新作(前編)(2動画+2画像追加)
    :<動画付>2018教文館展の新作(後編・宮崎空港作品紹介)(3画像追加)











    0 0




    今年の教文館展にカフェの看板とともに飾られている、
    「ラ・ビーコーヒー 人生のルーツ」。

    イメージ 1




    この作品のルーツとおぼしきイラストを、発見しました♪
    イメージ 2




    それがこちら♪
    樽が左隅にあること以外、「ラ・ビーコーヒー~」と同じ部分はないのですが、
    でもまぎれもなくこの作品もコーヒーがテーマ!
    全体の雰囲気もそれとなくとても似ています(^_^)v
    (画像の右下をクリックすると、拡大できます)
    イメージ 13




    ちなみに上の作品は、
    1980年台頃まであった西麻布・オーミ茶房というお店の壁画で、
    残念ながら閉店後は行方知れずになっています(涙)
    イメージ 14




    一方、こちらは1980年カレンダー付属の冊子。
    コーヒーをテーマにした作品が、さりげなく載っています(♡_♡)
    イメージ 3




    で、よ~く見てみると、
    先ほどの西麻布・オーミ茶房の壁画の左部分そっくり!!
    イメージ 15




    こびと達も、
    イメージ 4

    イメージ 11




    猫も、
    細かな部分は違ってもポーズはまったく同じです♪
    おそらく冊子に載ったイラストは、壁画の下絵。
    つまりこのイラストは、
    「ラ・ビーコーヒー 人生のルーツ」のルーツの、そのまたルーツ!?(*^_^*)
    イメージ 10




    ところで、豆を入れる樽には「ブルーマウンテン」の名前があり、
    これは壁画とは異なるところ。
    「ラ・ビーコーヒー 人生のルーツ」にも登場する銘柄なので、
    藤城先生のお好きなコーヒーなのかもしれませんね(^_^)
    イメージ 12

    イメージ 5




    気になったのは、こっちの樽。
    ちょっと見えづらいですが、「HARAR」と書いてあるようです。
    読みは「ハラール」または「ハラー」。
    イメージ 6




    コーヒーにはうといの調べてみると、
    なんと、やはりこれもコーヒーの名前!(^_^)v
    イメージ 7




    別名は「モカハラー」だそうで、
    世界遺産にもなっている、美しい町で作られています(*^_^*)
    イメージ 8




    で、お味の方はといえば、こんなふう(^_-)-☆
    イメージ 9

    う~ん、さすがは先生♪
    本当にコーヒーがお好きで、だからとてもお詳しいんですね!!
    しかもルーツになったイラストは、38年も前のもの(@_@)
    まさに筋金入りでいらっしゃいます(*^o^*)



    話は戻って、
    西麻布・オーミ茶房にはもう1枚壁画がありました。
    一見、コーヒーとは無関係な絵柄のように思えますが、
    実はコーヒーミルやカップがしっかり描かれています(^_^)v
    イメージ 16




    コーヒーカップは、
    古いところでは1956年8月号の「よいこのくに」にも登場していますし、
    イメージ 17




    1979年から1980年にかけては、
    ネッスルのブライトの広告にも描かれています。
    イメージ 18




    動画では、さらにいっぱいのカップ!(^o^)




    もちろん景品のプランターにだって(^_-)-☆
    イメージ 19




    そして極めつけは、やはりこちら。
    先生が絵付けされた力作コーヒーカップです♡
    イメージ 20

    イメージ 21




    こうやってさかのぼって見てみると、
    藤城先生がいかにコーヒーをお好きなのかが、よく分かります♪
    つまりラ・ビーカフェは、
    オープンするべくしてオープンしたお店。
    ここが先生の超・お気に入りの場所になっているのもうなづけます(*^o^*)♪
    イメージ 22





    ◆ウィキペディア
    :エチオピアにおけるコーヒー生産

    ◆Hack Coffee Beans
    :モカハラーとは?エチオピア産のコーヒー豆

    ◆KAHVE KANES
    :ハラール

    ◆関連記事
    :<動画付>2018教文館展の新作(前編)(2動画+2画像追加)
    :新バージョン・イラスト & ラ・ビーカフェ新作
    :ラ・ビーカフェ最新作!!(5画像追加)
    :ラ・ビーカフェ最新作の謎、解けました!
    :ラ・ビーカフェ最新作、詳細!(9画像追加)
    :燕尾服あれこれ<1> 
    :西麻布・オーミ茶房
    :朝日新聞日曜版<2>
    :<動画>ネッスル ブライト広告
    :<動画付>ラ・ビーカフェ最新テーブルウェア2
    :ラ・ビーカフェ原画のオンとオフ 












    0 0




    おとといの教文館展サイン会の様子です♪

    イメージ 1

    イメージ 2




    お待ちかねのみなさんのところへ、藤城先生登場!
    イメージ 18

    イメージ 17




    いよいよサイン会が始まりました(^_^)
    イメージ 3




    この日の「F」も、元気いっぱい(^o^)/
    イメージ 4




    ファンの方からのメッセージを聞かれてでしょうか、
    サインのたびに何度も笑みがこぼれています(*^_^*)
    イメージ 5

    イメージ 6

    イメージ 7




    先生に接近して、
    イメージ 8




    さらにズームアップ!
    この大胆なアングルからの写真撮影は、なかなか勇気が要るはず(^_^;)
    撮影された方の熱い思いが伝わってきます!
    イメージ 9




    1つ書き終えて、納得の笑顔♪
    イメージ 10




    合い間の水分補給は、オレンジジュースで(^_-)-☆
    イメージ 11




    実においしそうに召し上がっていらっしゃいました(^_^)
    イメージ 12




    握手のときは相手の方をみつめ、毎回しっかりと(^_^)v
    イメージ 13




    こちらは小さなファンとの握手です(*^_^*)
    イメージ 14




    なにやら楽しそうにお話しながらの場面。
    GIFアニメでどうぞ。
    イメージ 15




    サイン会が終わってのエレベーターホールでは、
    最後にさわやかな笑顔で手を振って、帰路に着かれました(*^o^*)
    イメージ 16




    この日に描かれたブーちゃんです。
    あまりに素敵な写真なので、イラスト部分のみの拡大などという野暮はせず、
    そのままアップします♪♪♪
    イメージ 19




    ・・・今回も余裕あふれるサイン会。
    もう「お元気そう」という言い回しでは物足りません。
    まさに絶好調!!(^o^)/
    そして次は10月7日。
    あっと言う間にファイナル・サイン会です。

    なお末筆ながら、
    総小判さんからは画像情報を、
    Cassieさんそのほかのファンの方からは画像を、
    それぞれいただきました。
    みなさん、いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m




    ◆Cassie's Diary
    :本日のサイン会

    ◆haluさんTwitter

    ◆関連記事
    :9/29・10/7 教文館展サイン会開催
    :9/8 教文館展サイン会寸景(1画像追加)
    :9/17 ラ・ビーカフェ サイン会寸景(1画像追加)











    0 0





    m(_ _)m


    お陰様で昨日、2,000本目の記事をアップすることができました。
    これも藤城先生の精力的な創作活動と素晴らしい作品の数々、
    そして先生に対するみなさんの熱い思いがあってこそのこと。
    本当にどうもありがとうございます。




    イメージ 1





    ちなみに項目別の記事の内訳は、こんなふうです。
    イメージ 2


    「イベント」がダントツで多くなっているのは、
    先生がたくさんの影絵展やサイン会を開き、テレビにも多数出演して、
    精力的に活動していらっしゃることの証し!
    オープンして5年の「藤城清治美術館」や、まだ1年の「ラ・ビーカフェ」の数が多いのも、
    いかにも先生の活動拠点らしい結果だと思います(^o^)v
    実は「作品紹介」をもっと充実させたいのですが、
    先生の勢いに完全に圧倒されてしまっていて、到底かないません(^^;)




    ・・・1,000本目の「影絵文字」の記事を書くまでに6年半。
    そこから今回の本数にたどり着くまでは3年半でした。
    ちょっとハイペース過ぎるかも!?(^_^;)
    これからは少しだけペースを落としてのんびりと、
    量よりも質で続けて行けたらな~と思うこの頃です。
    もちろん引き続き頑張って、
    先生のお人柄と作品をご紹介していきたいと思いますので、
    どうかよろしくお願いしますm(_ _)m





    ◆関連記事
    :影絵文字 ~ 「風の又三郎」に至るまで ~











    0 0




    教文館で行われているオークションの、

    イメージ 1




    最低落札額が変更されました。
    イメージ 2




    こちらは元の金額。
    イメージ 3




    詳しく見てみると・・・

    ③ぼくの名はラビ と
    イメージ 4




    ④キュートキャット は、
    2万円→3万円に。
    イメージ 5




    ①ケロヨン と、
    イメージ 6




    ⑤ハローキャット と、
    イメージ 7




    ⑥ラビと朝顔 は、
    5万円のままで据え置き。
    イメージ 8




    そして
    ②サーカススタイリッシュキャット と、
    イメージ 9




    ⑦ケロヨン モグちゃん ドライブ は、
    10万円→7万円に。
    イメージ 10





    ・・・ということで、
    比較的お安い額のものが1万円値上がりし、
    高額のものが3万円値下がりしたわけですが、
    もしやお安いものに入札が多く、高額ものへの入札が少なめだから、
    このような修正が行われたのでしょうか??
    いずれにしても、
    これをチャンスと見るか、ピンチと思うのかは、考え方次第(^_-)-☆
    教文館展もいよいよ終盤なので、入札の期間もあとわずかです。
    購入ご希望のみなさん、どうか夢がかないますように(^_^)v




    ◆関連記事
    :<動画付>2018教文館展の新作(前編)(2動画+2画像追加)











    0 0

    イメージ 1




    藤城清治美術館やラ・ビーカフェで演奏を行っている吉田さんが、
    「天国へ行ったサルーキー」制作時のエピソードを伝えていらっしゃいます。
    イメージ 2




    「淋しくなり過ぎず、メルヘンになり過ぎないバランス」という部分に、
    とても興味を引かれました。

    本当は抽象画であり心象風景を描いた作品でもある影絵なのに、
    少しも分かりづらいと思わせず見る人を自分の世界に引き込んでしまう手法と、
    まったく同じものを感じます。
    そしてそこに欠かせないのがメルヘン。

    「天国へ行ったサルーキー」は悲しみを表現した作品なわけですが、
    その悲しみを伝えるためにはむしろ感情を抑え、
    メルヘンの要素を加えることでかえって自分の思いを伝えることができると、
    藤城先生は熟知していらっしゃるんだと思います。
    だから悲しみを描いたこの作品からでさえ、
    ほのかな華やかさを感じるのでしょう。

    分かりやすくて奥深いという、
    ご自分の心象世界に見る人をすーっと引き込んでしまう藤城マジックは、
    そんなメルヘンとのバランス感覚の賜物。

    今回のエピソードで、作品の制作にあたってこの"さじ加減"を先生が意図的に、
    しかも力を尽くして行なっていらっしゃることが、
    初めて分かりました。

    先生にとってメルヘンは、
    ご自分の世界を伝えるためのかけがえのない手段であり、
    心をつなぐ架け橋のような存在なのかもしれませんね。




    そんな絶妙なバランス感覚で描かれた「天国へ行ったサルーキー」の、詳細部分です。
    (画像の右下をクリックすると、拡大できます)
    イメージ 3

    イメージ 4

    イメージ 5

    イメージ 6




    ・・・今回のエピソードに触れて、
    ますますこの新作を拝見してみたくなりました。
    いつかどこかでお目にかかれるかな!?(^_^)

    なお末筆ながら、
    エピソードの情報は総小判さんからいただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m




    ◆吉田 充里さんTwitter

    ◆関連記事
    :2018教文館展に新作追加(2画像更新、1画像追加)
    :2017ラ・ビークリスマス模様(12画像追加)
    :ゲリラライブ at ラ・ビーカフェ(1画像追加)












    0 0




    「トンチキプー」が、1年ぶりでヤフオクに出品されました!
    藤城先生の絵本の中でも、レア度では初期の「ぶどう酒びんのふしぎな旅」を上回る、
    これは非常に貴重な1冊。
    わずか1年でまたもや出品とは、本当にビックリです(@_@)

    でもスタート価格は、なんと4万円(@_@)!
    イメージ 2





    この価格は1年前の落札額51,000円よりお安いとはいえ、
    初めからかなりの高額。
    また前回の画像と比べると、
    どうやら表紙カバーは失われてしまっているようです。
    イメージ 1





    ・・・なかなか微妙なお値段からの今回のオークション。
    はたしていくらで落札されるのでしょう?(^_^;)




    ◆ヤフオク
    :トンチキプー 藤城 清治・北畠八穂 影絵の絵本 福音館

    ◆関連記事
    :「トンチキプー」のオークション(3画像追加)
    :絵本「トンチキプー」 その1
    :絵本「トンチキプー」 その2












    0 0




    教文館展にいらっしゃった方の写真に、
    見慣れぬ作品が!

    イメージ 1




    この絵皿は全く知りませんでした!!
    力作です(♡_♡)
    イメージ 2




    もう1枚、ほぼ真上からの画像も(^_-)-☆
    それにしても、いったいいつから展示されていたのでしょう??
    イメージ 6




    その絵柄からはラ・ビーカフェ看板を思い出しますが、
    でも並べてみると、体は縞模様なのでずいぶん違った印象で、
    イメージ 3





    むしろ、これらのラ・ビーカフェ絵皿に似て見えます。
    イメージ 4

    イメージ 5

    ともあれ絵柄から判断して、
    あの新作絵皿がいずれラ・ビーカフェに飾られることは、
    ほぼ間違いないのでは!?(♡_♡)(♡_♡)(♡_♡)




    ・・・次々とあふれ出るように生まれる新作の数々。
    まさか終盤になってさらに新作が展示されるとは思ってもみませんでした(@_@)♪
    藤城先生の勢いが止まりません!!(*^o^*)

    なお末筆ながら、
    この画像情報は総小判さんからいただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m




    ◆maimyさんTwitter

    ◆関連記事
    :ラ・ビーカフェ原画のオンとオフ 
    :<続報>ラ・ビーカフェ角皿
    :<動画付>2018教文館展の新作(前編)(2動画+2画像追加)
    :<動画付>2018教文館展の新作(後編・宮崎空港作品紹介)(3画像追加)
    :2018教文館展に新作追加(2画像更新、1画像追加)
    :「天国へ行ったサルーキー」制作エピソード
    :ラ・ビーカフェ5番目のコースター(=^・^=)
    :2018教文館オークションに変化あり











    0 0




    来週も再来週も、立て続けにサイン会です(*^O^*)

    イメージ 1





    ・・・先生、ますます絶好調♪
    本当にものすごい勢いです!!(*^_^*)

    なお末筆ながら、
    この情報は総小判さんからいただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(__)m




    ◆藤城清治美術館からのお知らせ
    :10月 サイン会開催のお知らせ
    http://fujishiro-seiji-museum.jp/publics/index/1/detail=1/c_id=3/page3=1/type014_3_limit=10/#page1_3_308











    0 0





    間もなくサイン会が始まります!!!


    イメージ 1




    ・・・藤城先生の勢い、凄すぎます(@_@)(@_@)(@_@)
    善は超・急げです!!!(^^;)

    なお末筆ながら、
    この情報はCassieさんからいただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m




    ◆ラ・ビーカフェInstagram












    0 0




    藤城先生、サイン会フロアに到着!

    イメージ 14




    長蛇の列の横をすり抜け、会場へ♪
    イメージ 15




    いつものように亜季さんのスピーチのあと、
    イメージ 1




    いよいよサイン会スタートです(*^o^*)
    イメージ 2




    この日もとてもなごやかな雰囲気。
    イメージ 3




    ビシッと背筋を伸ばした先生の手からは、
    イメージ 4




    これまたビシッとした文字が次々とつむぎ出され、
    イメージ 5




    「F」のカールや、
    イメージ 6




    こびとのイラストからも、
    イメージ 7




    あふれんばかりの気合いが伝わってきます(^_^)v
    イメージ 8




    この日は親子でいらっしゃった方も多く、
    イメージ 9




    先生はずっと笑顔の連続♪
    イメージ 10




    とてもご満悦な様子でした(*^_^*)
    イメージ 11




    そんな先生の笑顔の、GIFアニメ特集です(^_-)-☆
    イメージ 12




    サインもズームアップ!
    力強く伸びやかで、みなぎる気力を感じます♪♪♪
    イメージ 13




    ・・・今年の教文館展サイン会はこれが最後でしたが、
    サイン会は翌8日の昨日はラ・ビーカフェで急遽開かれましたし、
    今週末も来週末も開催されます!
    そして11月1日の「影絵の絵本 アンデルセン」出版を記念したあとも、
    きっとサイン会はあるのではないでしょうか(♡_♡)

    なお末筆ながら、
    画像情報は総小判さんから、
    画像はCassieさんやファンの方から、
    それぞれいただきました。
    みなさん、いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m



    ◆Cassie's Diary
    :本日のサイン会

    ◆Hotsta
    :yumiさんInstagram
    :seikoさんInstagram

    ◆関連記事
    :9/29 教文館展サイン会模様
    :9/8 教文館展サイン会寸景(1画像追加)
    :<詳細版>藤城先生 in 教文館展オープニングパーティ 
    :<緊急>本日15:00からラ・ビーカフェでサイン会開催!!
    :10/13ラ・ビーカフェ & 10/20藤城清治美術館でサイン会開催
    :<特報>「影絵の絵本 アンデルセン」11/1発売!











    0 0




    教文館展に突如現れたこの絵皿の、ナゾが判明しました!

    イメージ 1




    これは総小判さんとCassieさんの間での、いわばQ&A。
    イメージ 2

    なんと贅沢で、ビックリな真実!!
    まさかショップカードのためのお皿だったとは(@_@)
    てっきり飾り皿だとばかり思っていたんですが、実用品だったんですね。
    カードがいっぱい入っていた間は見ることができなかったなんて、
    もったいなさ過ぎます(^^;)




    ちなみにショップカードというのは、この右下のものと思われます。
    イメージ 3




    ・・・こんな縁の下の力持ちのようなところにまで直筆画って、
    それは取りも直さず先生の創作意欲があふれ返っている証し。
    藤城先生の勢いは、想像をはるかに超えています!!

    なお末筆ながら、
    今回はご覧のように、Cassieさんからもたらされた情報を、
    総小判さんからいただきました。
    また3枚目の画像情報も、総小判さんからいただいたものです。
    お二方共に、いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m




    ◆Cassie's Diary
    :本日のサイン会

    ◆Hotsta
    :貴家 恭和さんInstagram

    ◆関連記事
    :2018教文館展ナゾの最新作!?(2画像追加)











    0 0




    7日に教文館展サイン会があったばかりなのに、
    その日のうちに、突然発表された8日のサイン会。
    店内の急ごしらえの案内板が、
    カフェ側もあわただしく準備に追われたことを物語っていました(^^;)

    イメージ 1




    前日の疲れも見せない、いつも通りの藤城先生。
    本当にごくごく普通のご様子で、あらためて驚いてしまいます。
    急な発表だっただけに、さすがにこの日の来場者は少なめ。
    そのためいつもにも増してアットホームな雰囲気の、
    非常に贅沢なサイン会になりました(^_^)
    イメージ 2




    1つ描き上げ、
    イメージ 3




    とても満足そうなご様子(*^_^*)
    おだやかで、余裕しゃくしゃくでいらっしゃいます♪
    イメージ 4




    こちらはこびと。
    イメージ 5




    なんと彩りも!(♡_♡)
    彩色画のこびとを拝見したのは久々。
    もしかしたら2016年の富山展以来かも!?
    イメージ 6

    イメージ 7




    ご参考までに、
    こちらが富山展でのこびと達(^_-)-☆
    イメージ 9

    イメージ 10




    すべてのサインとイラストを仕上げ、
    こぼれるような笑み♪♪♪
    なんて素敵な表情なのでしょう(*^o^*)
    イメージ 8




    ・・・2日連続のサイン会のあと、13日も20日もサイン会!
    おだやかなご様子のいったいどこに、
    これほどまでのパワーを秘めていらっしゃるのでしょうか!?!?

    なお末筆ながら、
    画像情報は総小判さんから、
    画像はCassieさんから、
    それぞれいただきました。
    お二方共に、いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m




    ◆Cassie's Diary
    :本日のサイン会

    ◆関連記事
    :10/13ラ・ビーカフェ & 10/20藤城清治美術館でサイン会開催
    :<緊急>本日15:00からラ・ビーカフェでサイン会開催!!
    :10/7 教文館展サイン会模様
    :9/17 ラ・ビーカフェ サイン会寸景(1画像追加)
    :8/19 ラ・ビーカフェ サイン会模様(8画像追加) 
    :<動画付>8/12 ラ・ビーカフェ サイン会模様(1)
    :8/12 ラ・ビーカフェ サイン会模様(2)(2画像追加)
    :11/13 富山展サイン会模様











    0 0




    藤城先生の影絵が描かれたネイルアート。
    気まぐれに探してみたら予想をはるかに超える数がありましたので、
    今回はそのディープな世界をご紹介してみます(^_^)

    イメージ 1




    まずは以前に特集したときのおさらいから。
    「白樺湖の四季」がたったの5本の指先に、
    ギュ~っと凝縮されていました!
    イメージ 2




    タテ3mヨコ30mの大作なのに、ものすごい圧縮率です(^o^)
    イメージ 3




    このネイルのモチーフは、「生きるよろこび」のホルンを吹くこびと。
    イメージ 21




    一方こちらは、同じ作品の横笛を吹くこびとです。
    レインボーカラーは、鳥の彩りをピックアップしたのでしょうか。
    イメージ 22




    虹色の鳥は、3羽。
    同じ色彩の魚たちとともに、ユートピアの象徴なのかもしれません♪
    イメージ 4




    幻想的なこのネイルは、
    イメージ 23




    「こびとの楽園」と、
    イメージ 5




    「線香花火」のイメージをミックスしたもの。
    彩りは「こびとの楽園」から、木の葉と蛍とは「線香花火」からの引用と思われますが、
    すごく巧みにアレンジされていて、
    まるで1つの影絵から切り出したかのような完成度です。
    イメージ 6




    一転して、なんともポップ!
    イメージ 7




    元になったのは、「本当の雨がやんだら音楽の雨を降らせよう」。
    メインのチェロ弾きや猫を外してモチーフを選んであるところに、
    作者のひとひねりが入っています(^^)v
    イメージ 25




    この作品、なんて細密なのでしょう!(@_@)
    いくつもの色が細かく塗り分けられ、すごい力作です。
    イメージ 8




    オリジナルは「銀座と平和の鳥」。
    ネイルの絵柄は、あたかも影絵からそのまま切り取られたかのようですね。
    イメージ 9




    このカップルは、もう一目でお分かりですよね♪
    イメージ 10




    もちろん「小さな恋」の、仲睦まじいお二人です♡
    イメージ 11




    このネイルは左右別々の影絵。
    イメージ 12




    右はみなさんご存知の、このトレードマーク(^_^)v
    イメージ 24




    左はちょっぴり意表を突いて、
    ビデオ「シルエットストーリー」の「ダンシング・キャット」です(=^・^=)
    イメージ 13




    でもネイルと影絵を見比べてみると、左右が反対(^_^;)
    きっと実際はこんなふうだったのでは!?
    イメージ 20




    ちなみに「ダンシング・キャット」の別作品では、
    ちゃんと左右が合っています(^_^)v
    しかもケロヨンまでいますね(♡_♡)
    イメージ 14




    ケロヨンはここにも♪
    その上こびとも猫もいて、
    つまり3大キャラクター勢揃い(^_-)-☆
    けれど一番のビックリは、
    なんとこれは足の爪(@_@)♪
    足先にまで先生の影絵って、すごい藤城愛です♡♡♡
    イメージ 15




    オリジナルは、2014年教文館展のポスター用影絵。
    なるほど、だから3大キャラクター(^_-)-☆
    イメージ 16




    ほかにも足のネイルがあるのですが、
    さらに超・驚き!
    イメージ 17




    な、なんと「チブサン古墳」!!
    よもやまさかのひねりワザに、ひっくり返りそうになりました(^o^;)
    イメージ 19




    しかも手先用まであります!(@_@)(@_@)(@_@)
    手足セットでネイルアートしたら最強かも!?!?
    イメージ 18




    ・・・いやぁ~、みなさんの熱意本当にすごい!!!(*^o^*)
    僕もこっそり足にアートしてみようかな??(笑)

    なお末筆ながら、
    一部の画像情報は総小判さんからいただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m




    ◆余部 直子さんIngrum

    ◆tredina
    :藤城清治『四季』

    ◆稲城 ネイルサロン キュア 上品なデザインがお好きな方専門店
    :藤城清治の世界観を指先に。色々なアングルで画像いっぱい(笑)
    :藤城清治ネイル パート2 笛を吹く小人と一緒にレインボーネイル

    ◆Itnail
    :黒が映えてカッコ可愛い♡お洒落な影絵ネイル集めました♪

    ◆さおりさんIngrum
    :本当の雨がやんだら音楽の雨を降らせよう っぽく

    ◆fairyeye_chayanailさんInstagram

    ◆sankaku△omusubi さんPictadesk.com

    ◆たさわ堂スタッフブログ
    :おでかけネイル

    ◆エリナさんTwitter

    ◆Browse Instagram content with Picbear
    :KNEさん
    :nail studio Love Letterさん

    ◆関連記事
    :ネイルの上の影絵アート
    :白樺湖影絵美術館 その1(全体のイメージ)
    :白樺湖影絵美術館 その2(春)
    :白樺湖影絵美術館 その3(夏)
    :白樺湖影絵美術館 その4(秋)
    :白樺湖影絵美術館 その5(冬)
    :ヤマハ銀座スタジオ 影絵展の様子2(「生きるよろこび」速報!)
    :第2回 納涼花火大会 by 影絵(6画像追加)
    :チェロづくし その1
    :「銀座いろはかるた」あれこれ(8画像追加) 
    :「小さな恋」をたどって(4画像追加)
    :シルエットストーリー
    :教文館「藤城清治 卆寿記念90展」
    :<動画付>2018教文館展の新作(前編)(2動画+2画像追加) 
    :「チブサン古墳」についてお聞かせいただきました 











    0 0




    今回のサイン会は、超・異例づくし!!

    その1。
    なんと「銀河鉄道の夜」のサインに、突如ブーちゃん(@_@)
    イメージ 1




    これまでは、こんな感じ。
    イメージ 2




    もちろんブーちゃんのイラストは、「ブーちゃん」の絵本限定でした。
    イメージ 3




    その2。
    なにやら見かけないイラスト登場。
    イメージ 4




    はてこれは??
    イメージ 5




    な、なんと、来場したファンの方のお嬢様の似顔絵だったんです(@_@)(@_@)
    あり得ないサプライズ!!
    イメージ 6




    その3。
    先日までの教文館展に展示されていた絵皿が、
    イメージ 7




    早くもラ・ビーカフェに出現。
    しかも台座部分に「LaVie」が追記されていて、
    イメージ 8




    なんとなんと、オークションで即売されました(@_@)(@_@)(@_@)
    ちなみに落札されたのは、お嬢様の似顔絵を描いていただいた方!
    なんて幸運なのでしょう(*^o^*)
    お皿のエピソードも気になります(^^;)
    イメージ 9




    ・・・前代未聞の出来事がいきなり3つも重なったサイン会。
    このサイン会そのものが、超・前代未聞です!!!
    藤城先生の大盤振舞い、凄すぎる(♡_♡)(♡_♡)(♡_♡)

    なお末筆ながら、
    これらの情報はすべて総小判さんからいただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m




    ◆なんなん新刊通販やってますさんTwitter

    ◆チョグさんTwitter

    ◆関連記事
    :11/4札幌サイン会2日目の模様
    :8/19 ラ・ビーカフェ サイン会模様(8画像追加)
    :2018教文館展ナゾの最新作!?(2画像追加)
    :2018教文館展の最新作絵皿、ナゾが解けました♪(3画像追加)











    0 0




    カップ&ソーサーの新作です♪

    まず1脚目。
    カップもソーサーも、そしてサインまでもダイナミックなタッチ(^o^)
    イメージ 1





    しかもカップのラビーのしっぽが、
    持ち手のリングを超えて向こう側まで!
    イメージ 2




    2脚目。
    イメージ 3




    こちらでは胴体が持ち手をくぐっています(*^o^*)
    イメージ 9




    さらにしっぽの向こう側には、
    大きく「LaVie」の文字!!
    イメージ 10




    そのうえソーサーでは、
    なんと3匹の猫がぐるぐる回転中(=^.^=)(=^。^=)(=^o^=)♪
    イメージ 11




    ちなみにこちらは、今年春ごろのもの。
    最新版はグンと進化して、いっそう遊び心が加速しています(^o^)v
    イメージ 5

    イメージ 4




    余談ながら、
    こちらは現在の店内に飾られている直筆画。
    もしかしたら次回のカフェ・サイン会では、
    これらの作品がオークションにかけられるのかも!?(♡_♡)
    イメージ 6

    イメージ 7

    イメージ 8




    ・・・しばらくラ・ビーカフェの話題がないな~と思っていたのですが、
    いつの間にかしっかり進化していました(^o^)v
    考えてみれば、
    絶好調の藤城先生が、カフェでなにも描かないはずありませんよね(^_-)-☆

    なお末筆ながら、
    この情報は総小判さんからいただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m




    ◆kaorin361さんinstahu

    ◆関連記事
    :<動画付>ラ・ビーカフェ最新テーブルウェア 2
    :<続報>ラ・ビーカフェ角皿
    :ラ・ビーカフェ最新テーブルウェア(訂正と2画像追加あり)
    :ラ・ビーカフェに食器のアート!(4画像追加)
    :<動画>ラ・ビーカフェ食器アート(1画像追加)











older | 1 | .... | 72 | 73 | (Page 74) | 75 | 76 | .... | 79 | newer