Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Channel Description:

美しい影絵の世界をご紹介しています。 少々マニアックなブログではありますが、お楽しみいただければ幸いです。

older | 1 | .... | 25 | 26 | (Page 27) | 28 | 29 | .... | 79 | newer

    0 0
  • 06/12/15--22:27: 美術館寸景
  • 夕べ閉館後の藤城清治美術館チャペルです。
    昼間のにぎわいが嘘のように静まりかえっていました。
    いつもとはちょっと違うアングル。
    実はカメラ小僧の次男の撮影です。
    僕よりいいカメラ持ってます(笑)

    イメージ 1




    ・・・美術館スタッフのお話によれば、
    このチャペルで結婚式を挙げた第1号のカップルが、
    すでにいらっしゃるそうです♪
    なんでも新婦の方の強いリクエストがあったそうで、
    きっと熱烈なファンの方だったんでしょうね。
    どうかいついつまでもお幸せに(^_^)

    0 0

     
     
    JR東日本の新幹線車内マガジン「トランヴェール」7月号で、
    山田五郎さんが藤城清治美術館を紹介しているそうです♪

     
    イメージ 1




    ・・・幸運にも明日は那須の帰りに新幹線に乗るので、
    さっそくチェックしてみます(^_^)v


    <追記(2015.6.15)>
    今、那須からの帰りの新幹線に乗ってますが、
    トランヴェールはまだ6月号でした。
    普通の月刊誌とは、パターンが違うんですね(T_T)



    <追記(2015.6.16)>
    7月号は、いずれこちらのサイトで読むことが出来ます。
    http://www.jreast.co.jp/railway/trainvert/index.html
    なおこの情報は、総小判さんから教えていただいたものです。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(__)m



    ◆藤城清治美術館ブログ
    :トランヴェール7月号 掲載
    http://www.fujishiro-seiji-museum.jp/smarts/index/1/detail=1/c_id=3/page3=1/type014_3_limit=10/#page1_3_20
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
     

    ケロヨングリーティングはきのう終わったばかりなのに、
    もう今後の発表!
    ケロヨン、燃えてますね
    (^o^)♪


    イメージ 1




    ・・・那須に来ていながら、きのうはケロヨンに会えなかったので、
    できれば次回はリベンジしたいな~(^^;)



    <追記(2015.6.15 9:40)>
    きのうの藤城清治美術館でのケロヨンです♪
    登場した途端に人だかりができたそうで、
    今回もすごく盛り上ったんですね(^o^)
    イメージ 2


    なおこの画像は、

    ファンクラブ友人のCassieさんブログから転載させていただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(__)m
    また、ちらっとだけでもお会いできてうれしかったです(^_^)



    ◆藤城清治美術館ブログ
    :藤城清治美術館でケロヨンに会おう!!
    http://www.fujishiro-seiji-museum.jp/smarts/index/1/detail=1/c_id=3/page3=1/type014_3_limit=10/#page1_3_10

    ◆Cassie's Diary
    :ケロヨングリーティング
    http://s.ameblo.jp/smanabe/entry-12038960301.html?frm=theme

     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
     
    奇遇にも、ちょうど2周年目に当たる6月15日、
    藤城清治美術館を訪れることができました。
    まだ2年、されども2年。
    いろんな感慨が心をよぎりました。
     
    とはいえ、今年は特段の記念イベントも無く、
    この日も普段どおりのたたずまい。
    そのままを撮っても、目の肥えたみなさんのお眼鏡には到底かなわないので、
    今回はパノラマワイドで捕らえてみました。
    (画像は全て右下をクリックすると拡大できますので、是非!)
     
    まずはチャペル。
    入口から正面奥を見たところです。
    イメージ 1
     
     
     
    こちらは祭壇から入口方向。
    2枚とも、一度に3つのステンドグラスを味わえる、不思議な画像になりました。
    欲張りかも!?(笑)
    イメージ 2
     
     
     
    今度は側面の人魚姫と、
    イメージ 3
     
     
     
    ペガサスに乗った王子さま。
    側面のパノラマ画像は、ますますシュールな感じ。
    イメージ 4
     
     
     
    きわめつけは、天井!
    ここまですると、目が回りそう(@@)
    ちょっぴり調子に乗り過ぎました(^^;)
    イメージ 5
     
     
     
    庭園に出ました。
    広々とした場所ではパノラマも違和感無く、
    お庭全体の雰囲気が伝わりやすいのではないでしょうか。
    イメージ 6
     
     
     
    エントランス。
    モダンアートのような味わいです。
    イメージ 7
     
     
     
    喫茶室から望む庭園。
    新緑に包まれ、光までもがグリーン!!
    イメージ 8
     
     
     
    展示室への渡り廊下は、
    夢の世界への架け橋ですね♡
    イメージ 9
     
     
     
    「再生の炎の燃える魔女の森」。
    鏡の中へと、メルヘンがどこまでも続いてゆきます。
    イメージ 10
     
     
     
    ・・・そうこうしているうちに、
    なんとテレビ撮影に遭遇!
    イメージ 11
     
    イメージ 12
     
     
     
    藤城清治美術館が紹介されるのは、
    「とちぎ発! 旅好き!」。
    栃木だけでなく、いくつかの地方で放送されます。
    幸運な地方にお住まいの方、録画セットをお忘れなく(^_-)-☆
    イメージ 13
     
     
     
    ニュースをもう1つ。
    以前ご紹介したスカーフの、ついに先行予約が始まりました♪
    7月末発送予定とのこと。
    イメージ 14
     
     
     
    オマケ。
    ランチを食べたステーキハウス、「Mr.Beef」の店内です。
    安くて、超ウマかった(♡_♡)
    ちなみにコワそうなオジサンがいますが、次男に好きなように加工された私です(爆)
    (どうせなら、髪の毛増やしてほしかったなぁ~)
    イメージ 15
     
     
     
     
    ◆とちぎテレビ
     
    ◆過去記事
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
     
    その名も、
    「藤城清治 生きるよろこび 美術館」!
     
    一体いつ、栃木のどこに、内容はどんなふう??
    ・・・興味は増すばかりです(*^o^*)/
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
    なお末筆ながら、
    この情報ははーちゃんから教えていただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(__)m


    ◆光の散歩 清治 亜季 影のおしゃべり
    :美術館 理事会
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
     
     
    向き合うケロヨンが、さらにパワーアップ!
    完成度もより高くなっています(^o^)/
     
     
    イメージ 1
     
     
     
    ちなみにこちらは、藤城清治美術館30万人達成のときに描かれたもの。
    イメージ 2
     
     
     
    藤城清治美術館のエントランス・ドアです。
    この向き合う猫の構図が、ケロヨンへと発展したのではないでしょうか。
    イメージ 3
     
     
     
    ・・・藤城先生はこのケロヨンの絵柄がお気に召された様子。
    もしかして2つ目の美術館のエントランス・ドアは、
    向き合うケロヨンになったりするのでしょうか!?(^_^)
     
     
     
    <追記(2015.6.19 12:45)>
    向かい合うケロヨンや猫を眺めているうちに、
    向かい獅子を連想したので調べてみました。
    例えばこれは、サントリーの「向かい獅子」のマーク。

    イメージ 4





    イギリスにはこんなふうなものも。

    イメージ 6





    てっきり西洋のものしかないと思っていましたが、
    そういえば日本にはこんな向かい獅子がありますね。

    イメージ 5


    ※取り込んだ画像は獅子がそっぽ向いてるので、あとで直します(^^;)


    ・・・藤城清治美術館のエントランスで向かい合う猫たちは、
    さしずめ美術館の守り神といった感じでしょうか?(^_^)


    ◆光の散歩 清治 亜季 影のおしゃべり
    :6月4日
     
    ◆過去記事
    :30万人突破!!(追加画像あり)
    :<号外!>2つ目の藤城清治美術館、建設!!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
    相変わらず悪徳業者が、
    ニセモノをヤフオクに出しています。
     
    ゆめゆめ入札しませんように!
    万が一落札してしまっても、絶対に取引きしませんように!!
    この油絵に1円の価値もありません。
     
     
     
     
     
    何度も申し上げていますが、
    戦後まもない頃以降、
    今日まで藤城先生は油絵を一切描いていらっしゃいません。
    このことは、先生のお嬢様であり藤城清治美術館館長である亜季さんが、
    はっきりと断言していらっしゃいます。
     
     
    なお前回のニセモノ・オークションは、
    値上がりはしたものの、以前のような10万円近くになることはなく、
    比較的低い落札額でした。
    ニセモノ撲滅キャンペーンに、多少なりと効果があったのかもしれませんが、
    でもまだ、入札0件ではありません。
    イメージ 2
     
     
     
    イメージ 3
     
     
     
    ・・・今回もどうかこれ以上高額にならないことを、
    そして落札者が取引きをキャンセルすることを、
    祈って止みません。
     
     
     
    ◆過去記事
    :<警告>このヤフオク出品物は、ニセモノです!(加筆補正しました)
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
     
    5月6日に長崎国際テレビで放送された、
    現在最新の藤城先生へのインタビューです。
    影絵展会場の様子を交えつつ、
    先生の”今”の思いが収録されています。
     
    イメージ 1
     
     
     
    番組終盤にはこんな色紙も。
    「出会い」という言葉が追加されているのが印象的です。
    イメージ 2
     
     
     
    約8分間の動画ですが、中身は濃厚♪
    ぜひご覧になってみてください(^_-)-☆
     
     
     
     
    なお末筆ながら、
    この動画はファンクラブの友人からいただきました。
    しかもこれは、旅先の長崎の宿でテレビ画面を撮った力作!(@@)
    友人の情熱と執念の賜物です!!
    本当にどうもありがとうございましたm(_ _)m
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
     
    「藤城清治の旅する影絵 日本」の、
    さらに詳しい内容が判ってきました!
     
     
     
    まずこちらは、藤城清治美術館のお知らせに載った文面。
    いわば今回の前口上です。
    イメージ 1
     
     
     
    肝心なのはこれから。
    リーフレットとおぼしきもののコピーです。
    1ページ目では、藤城先生の書いた「日本」の影絵文字が目を引きます。
    イメージ 2
     
     
     
    2ページ目は、作品のモチーフとなった場所が日本地図に示され、
    イメージ 3
     
     
     
    さらに最後のページでは、描かれた”都道府県別”に明確に作品を紹介。
    47のうち32の都道府県のものが収録されていることが明らかになりました。
    (画像の右下をクリックすると、拡大できます)
    イメージ 4
    なんと影絵展の開催されていない、
    栃木、群馬、静岡、長野、大分、沖縄などの作品までも収録されており、
    ぞれらにはずいぶん以前に描かれたものもありますが、
    つい最近のものも含まれています。
    影絵展のない地域でも、精力的に描き続ける先生の姿が浮かび上がってきますね。
     
     
     
    ちなみに以前の内容一覧では、”地方別”と”都道府県別”とが混在してたので、
    どこの作品なのかはっきりしないものもありました。
    きっと編集作業が着々と進んでいるんでしょうね(^_^)v
    イメージ 5
     
     
    もう1つ、うれしいニュース。
    初回特典があります!
    どんな特典かはまだ不明ですが、これは見逃せません(^_-)-☆
    イメージ 6
     
     
     
    ・・・どんどんいろんなことが具体的になって来ました♪
    僕たちの期待も、一緒にどんどん膨らんで行きますね(*^o^*)
     
     
     
    なお末筆ながら、
    この情報は総小判さんから教えていただきました。
    今回も本当にどうもありがとうございますm(_ _)m
     
     
     
    ◆藤城清治美術館 お知らせ
     
    ◆金山堂書店
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
     
    あまり知られていないかもしれませんが、
    条件付きで、
    どなたでも藤城清治美術館の展示室内が撮影できます。
     
    その”条件”がこちら。
    ちょっぴりなつかしい使い捨てカメラです。
    イメージ 1
     
     
    少々画質が粗いので主な文面を書き出しますと、
     
    こちらのカメラでのみ、展示室内での撮影が可能です。
    ※フラッシュ撮影は禁止とさせていただきます。
     
    ・・・海外のほとんどの有名美術館では、たとえばルーブル美術館でさえも、
    フラッシュなしであれば撮影はフリー。
     
    そんな状況をご存知の藤城先生は教文館では完全な撮影フリーとしていますが、
    美術館では作品の著作権を守ることも考えて、
    このアナログカメラが採用されたとのことです。
     
    27枚撮りで2,100円ということは、1枚約78円。
    少しお財布のヒモをゆるめるだけで”夢の世界”での思い出を残せるなら、
    決して高いお買い物ではないのでは?!(^_-)-☆
     
    なおこのカメラは、藤城清治美術館入口の受付カウンターで販売されています。
     
     
     
    ◆過去記事
    :藤城清治美術館に到着しました
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
     
    いよいよ”Face to Face”の、
    放送日が迫って来ました(^o^)
     
     
    ホームページには、
    藤城先生へのインタビューに関する追加記事が載りました。
    イメージ 1
     
     
     
    ン十年ぶりに辞書と首っ引きになって訳してみました。
    英語は苦手なので誤訳があるかもしれませんが、なにとぞご勘弁を(^^;)
    イメージ 4
     
     
    藤城清治事務所ホームページによれば、
    対談のほかに、美術館のテラスでスケッチをする先生も見られるとのこと♪
    また放送日時も書かれています。
    イメージ 5
     
     
     
    詳しい視聴方法は以前にもお知らせしましたが、
    あとから<追記>したものだったので、念のため再度ご案内します。
    ↓↓↓
     
    海外向け番組なので一般のテレビでは見られませんが、
    でも視聴方法は2通りあります。
    1つは、このサイトの右上にあるNOW ON AIR”をクリック。
    ウェブサイト上で視聴できます。
    イメージ 2
     
     
     
    もう1つは、アプリをダウンロードして、スマートホンやタブレットで視聴。
    イメージ 3
     
     
     
    ・・・テレビで見られないということは、録画もできないということ(>_<)
    もうパソコンやタブレットの画面を、
    直接ビデオカメラで撮るしかありませんね(^_^;)
    みなさん、30分間無言で頑張りましょう!!
    (ゆめゆめ、「キャーッ先生♡」などと叫びませんように^m^)
     
     
     
    なお末筆ながら、
    ”Face to Face”ホームページの新しい記事については、
    Cassieさんのブログで教えていただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m
     
     
     
    ◆Cassie's Diary
    :Face to Face
     
    ◆NHK World
    :Face to Face 6月29日(月)の放送内容案内(英語)
     
    ◆過去記事
    :NHK World "Face to Face"
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
     
    教文館展の告知が
    藤城清治事務所ホームページに
    掲載されました(^o^)/
     
     
     
    サブタイトルは「幸せをよぶ光」!
    藤城先生の影絵に、まさしくぴったりですね♪
    イメージ 6
     
     
     
    告知には、いつもは教文館展のために作られたオリジナル作品が載るのですが、
    今回は「クララ」。
    イメージ 7
     
     
     
    ということは、
    今年の教文館展は「聖フランシスコの生涯」作品群がメインなのでしょうか?
    イメージ 1
     
     
     
    王様の夢を描いたというこのシュールな1枚も、
    ついに影絵で見ることができるのかもしれません(♡_♡)
    イメージ 2
     
     
     
    そしてこちらの作品群も、もしかしたら一部が見られるかも!?
    「藤城清治の旅する影絵 日本」。
    どちらも今年の出版が予定されているはずなので、
    教文館で展示の可能性は高いように思います。
    イメージ 3
     
     
     
    150点あまり収録される中でも、
    ハイライトは「三田病院から見た東京タワーから富士山の風景」。
    闘病中だった先生が、深い思いを込めて描いたものです。
    イメージ 4
     
     
     
    福岡展に引き続き、色付けされた形で僕たちの前に現れるのでは!?
    (画像の右下をクリックすると、拡大できます)
    イメージ 5
     
     
     
     
    ・・・教文館展開催まで、あと1ヶ月足らず。
    わくわく感で胸がいっぱいです♡
    オープニングパーティの有無やサイン会日程なども、
    いずれはっきりしてくることでしょう(^_-)-☆
     
    なおここに書いたのはあくまでも僕個人の予想です。
    もしはずれましたら、どうかご容赦くださいませ。
     
    末筆ながら、
    教文館展サブテーマに関する情報は、はーちゃんから教えていただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m
     
     
     
    <追記(2015.6.28 11:20)>
    教文館の藤城清治影絵展情報ページでも、影絵展の発表がありました。
    イメージ 8
    ※教文館からの発表では7月25日(日曜日)から開催と記載されていますが、
     正しくは7月25日(土曜日)からです。
     なおこの誤りも、はーちゃんから教えていただきました。
     重ねて本当にどうもありがとうございますm(_ _)m
     
     
     
    ◆藤城清治 影絵の世界
    :教文館展
     
    ◆教文館 藤城清治影絵展情報ページ
    :藤城清治展影絵展「幸せをよぶ光」7/25~10/15
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0
  • 06/30/15--12:00: <動画> Face to Face 
  •  
     
    6月30日にNHK World NHK World で放送された"Face to Face"に、
    藤城先生が出演されました。
    対談のお相手はロバート・キャンベルさん、
    場所は新緑の藤城清治美術館という、
    最高のお膳立てでした(^_^)v
     
    イメージ 1
     
     
     
    先生は終始とても生き生きとした表情♪
    イメージ 2
     
     
     
    目が輝いていらっしゃいました(^_^)
    イメージ 3
     
     
     
    とても意欲的な番組で、
    対談にもかかわらず大胆な映像を交えてあり、
    会話の内容とともに非常に充実したものでした。
    イメージ 4
     
    イメージ 5
     
    このショットも、すごくいい表情をしていらっしゃいますね。
    イメージ 6
     
     
     
    番組は対談のみにとどまらず、
    美術館テラスでスケッチする先生も収録。
    そういえばご自分の美術館を描くのは、
    これが初めてかも?!
    イメージ 7
    イメージ 8
    イメージ 9
    残念ながら描かれたスケッチの全体像は映し出されませんでしたが、
    きっと館内に展示されるのではと、期待しています。
    「旅する影絵 日本」にも、追加されないかな~♡
     
     
     
    さらに番組後半では、 なんとガラスに文字を書く様子も。
    創作する先生を真正面から拝見するなんて、
    なんだかすごくドキドキしてしまいました(^_^;)
    イメージ 13
    イメージ 14
    イメージ 15
    イメージ 16
    イメージ 17
    イメージ 18
     
     
     
    書かれたのは「光」。
    力強く、勢いのある、素晴らしい一字です。
    イメージ 10
     
     
     
    しかもこの影絵文字と、そっくり!
    イメージ 11
     
     
     
    先生の手が「光」と重なる瞬間があったので、
    キャプチャしてみました。
    まさしくこの手から、光のアートが生まれているんです(^_^)
    イメージ 12
     
     
     
     
    動画はこちら。
    ほとんどが英語ですが、先生の真摯な思いと熱意は充分伝わってきます(^_-)-☆
    ↓↓↓
     
     
     
    ・・・今回の対談は、単に作品を「きれい」とだけ言って終わらせることなく、
    藤城先生の内面やバックボーンに迫る、深い内容でした。
    もちろん、ファン必見です!!
     
     
     
    ◆過去記事
    :"Face to Face" に藤城先生登場!(重要な追記あり)
    :NHK World NHK World "Face to Face"、放送間近♪ 
    :影絵文字 ~ 「風の又三郎」に至るまで ~
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
     
    2016年春からのNHKの朝の連続テレビ小説が、
    「とと姉ちゃん」に決まったそうです。
     
    で、その紹介文の中に「あなたの暮し」という雑誌名・・・
    はて?どこかで似た名前の雑誌があったような??
    イメージ 1
     
     
     
    実は今回のヒロインは、
    あの「暮しの手帖」を作った女性、大橋鎮子さんがモデル。
    ということは、
    藤城先生をモデルにした人物も登場するかも!?
    なにせ先生は、創刊号から長期間この雑誌に関わっていらっしゃいましたから(^_^)
    イメージ 2
     
     
     
    こちらは番組制作発表の画像。
    脚本を書く西田征史氏お一人の登壇で、
    キャストはまだ決まっていないそうです。
    つまり、藤城先生役がいらっしゃるかどうかは、まだ不明(^_^;)
    イメージ 3
     
     
     
    ちなみに「暮しの手帖」は1948(昭和23年)に創刊され、
    今も毎月発売されています。
    (今月25日発売の8月号には、先生へのインタビューが載ります^o^v)
    イメージ 12
     
     
    その社長・社主をお勤めになっていた大橋鎮子さんの、晩年のお姿。
    イメージ 4
     
     
     
    やはり、とてもおしゃれな方だったようです。
    イメージ 5
     
     
     
    お若い頃は、モデルを雇わないというポリシーのこの雑誌に、
    みずからモデルとなって紙面を飾っていらっしゃいました。
    イメージ 6
     
     
     
    もう一人の創設者、花森安治さんとのツーショット。
    花森さんこそが、いち早く藤城先生の才能を見出し、世に送り出した方です。
    イメージ 7
     
     
     
    偶然ですが、大橋さんのサインが手元にあります。
    復刻版「浦島太郎」に書かれたもので、
    イメージ 14
     
     
     
    サインというよりも、記名。
    字体から、とても誠実なお人柄がにじみ出ていますね。
    イメージ 13
     
     
     
    ところで、
    実は以前にも、先生をモデルとした人物がテレビに出たことがあります。
    それが「太陽のあいつ」。
    イメージ 8
     
     
     
    「ケロヨン今晩ハ」というお話の中で、
    イメージ 9
     
     
     
    こんな人物が木馬座のトップとして登場!
    全然似ていないのはご愛嬌です(^^;)
    イメージ 10
     
    イメージ 11
     
     
     
     
    ・・・208冊もの「暮しの手帖」に作品を載せ続けた先生が、
    「とと姉ちゃん」に登場しないはずはないでしょう。
    いったい誰がどんなふうに演じるのか、そして影絵も登場するのか、
    興味は尽きません。
    来年春がとても楽しみですね(^_-)-♡
     
    なお末筆ながら、
    この情報は総小判さんからいただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m
     
     
    ◆NHK ONLINE
    :NHKドラマ トピックス 平成28年度前期 連続テレビ小説 とと姉ちゃん
     
    ◆YAHOO!ニュース
    :NHK来春朝ドラ『とと姉ちゃん』に決定 “中身はオヤジ”のヒロイン
     
    ◆ウィキペディア
    :大橋鎮子
     
    ◆過去記事
    :「ケロヨン今晩ハ」
    :暮しの手帖 第一号 「ピータァ・パン」
    :「暮しの手帖」8月号
    (今月25日発売で、先生へのインタビュー掲載!)
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0
  • 07/04/15--15:48: もうすぐ七夕 
  •  
     
    うっとうしい雨の日が続きますが、
    みなさん、いかがお過ごしでしょうか?
     
    イメージ 1
     
    イメージ 6
     
    イメージ 7
     
    イメージ 5
     
     
     
    ところで、もうすぐ七夕。
    でも小さかった頃から、七夕の日に晴れていた思い出はありません。
    いつもうらめしい顔をして、空を見上げていましたっけ。
    どうか今年こそは、日本中で星空が見えますように(^_-)-☆
    イメージ 2
     
    イメージ 3
     
    イメージ 4
     
     
     
     
    ◆過去記事
    :「あじさいと踏切」に至るまで
    :梅雨にちなんで その2
    :七夕にちなんで
    :子どもの遊び12カ月
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
     
    シルクスカーフ「こびとのシンフォニー」の、詳細が発表されました(^o^)/
    左上で、外の猫も大喜び!?(笑)
     
    イメージ 1
     
     
     
    こちらが全景。
    素敵です!
    使わずに額装してしまいたいくらい(♡_♡)
    イメージ 2
     
     
     
    お値段は税込9,180円と少々張りますが、
    でも海外ブランドのン万円に比べれば、その質の高さにもかかわらず格安♪
    藤城ブランドは良心的です(^_^)v
    イメージ 3
     
     
     
     
    ・・・僕は、ネクタイ・バージョンも出ないかな~と、密かに期待中(^m^)
     
     
     
    なお末筆ながら、
    この情報はファンクラブ友人からいただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m
     
     
     
    ◆藤城清治美術館フェイスブック
     
    ◆過去記事
    :2周年目の藤城清治美術館に行ってまいりました(*^o^*)
    (美術館で直接さわってみました。素晴らしい質感と染め上げです)
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
     
    なんと、那須町に「ふるさと納税」すると、
    藤城先生の版画がもらえます!
    直筆サイン入り!!
     
     
     
    イメージ 1
     
     
     
    ・・・春夏秋冬、それぞれどんな絵柄なのか、知りたいです(♡_♡)
    で、もしレアなものなら、「納税」4回しちゃうかも?!(笑)
     
     
     
    なお末筆ながら、
    この情報は総小判さんからいただきました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m
     
     
     
    ◆ふるさと納税ポータルサイト ふるさとチョイス
    :【特産G-4】藤城清治美術館 藤城清治サイン入り版画「四季の作品〜夏〜」限定30枚
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
     
    7月25日(土)18:30から、
    教文館展オープニングパーティ
    開催です(*^o^*)♪
     
     
     
    この一番下に、
    いつの間にかさりげなく追記されていました(@@)
    完全に灯台元暗し(>_<)
    イメージ 1
     
     
     
     
    ・・・実は僕は、教文館展のパーティに参加できたことがありません。
    今年こそは何が何でも絶対に馳せ参じて、
    7ヵ月ぶりに藤城先生にお会いしたいと思います(^_^)v
     
     
     
    なお末筆ながら、
    このビッグニュースは、emiponさんから教えていただきました。
    本当にどうもありがとうございますm(_ _)m
     
     
     
    ◆藤城清治 影絵の世界
    :メインフレーム
    :告知文
     
    ◆過去記事
    :大胆予想、2015教文館展!(追記あり) 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0
  • 07/10/15--04:41: <続報>教文館展 
  •  
     
    7月8日付の読売新聞朝刊(関東版?)に、教文館展の広告が載りました。
    右下に小さく、
     
    オープニングパーティー
    7月25日(土) 18:30より
    みなさまお誘い合わせの上
    おいでください。
     
     
    と書いてあります♪
     
     
    イメージ 1
     
     
     
    しかも「幸せをよぶ光」の「光」の字は、Face to Face で藤城先生が書かれたもの!
    さりげなく凝ってます(^_^)
    イメージ 2
     
    イメージ 3
     
     
     
     
    ・・・藤城清治事務所に確認したところ、
    先生はパーティに出席の予定ですが、当日まではっきり決定はしないとのこと。
    またサイン会開催は、
    事前の案内は行わず、先生の体調を見たうえで当日に発表するとのことでした。
    何事も、先生の健康第一ですよね(^_-)-☆
     
     
     
    なお末筆ながら、
    読売新聞画像は、ファンクラブ友人のCassieさんブログから転載させて頂きました。
    いつも本当にどうもありがとうございますm(_ _)m
     
     
     
    ◆Cassie's Diary
    :昨日の新聞
     
    ◆過去記事
    :<動画> Face to Face 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    0 0

     
     
    教文館のホームページが、
    どんどん影絵色に染まってきました(*^o^*)
     
     
    これらの作品は新作とおぼしきもの。
    今回の教文館展で展示されるのでは?!
    イメージ 1
     
     
     
    フロア案内では、
    例によって9階の展示会場と4階のグッズ売り場のコンビネーション♪
    ゆめゆめ4階に寄り道することを、お忘れになりませんように(^_-)-☆
    イメージ 2
     
     
     
     
    ・・・誠に残念ながら、僕は行けなくなってしまいましたが、
    みなさんは、どうかじっくりたっぷり楽しんできてくださいね!!
    (でも、図録は絶対買うぞ~!)
     
     
     
    ◆教文館
     
    ◆過去記事
    :<号外>7/25、教文館展オープニングパーティ!! 
    :<続報>教文館展 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

older | 1 | .... | 25 | 26 | (Page 27) | 28 | 29 | .... | 79 | newer